ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

英伝新アニメ、ようやく始まりました。
この間、GyaOで見たんですが、「まぁ、今風の銀英伝もありか」って感じでした。
ここで、簡単に感想をば。

(よかったところ)
デジタルアニメの利点をフルに活かした、透明感のある画面がキレイでした。
モニター表現とか、未来感満載。

(うーんと思ったところ)
銀河帝国と自由惑星同盟とフェザーン自治領の3すくみ…え!?
フェザーンは両国家と交易が許されているだけで、別に覇権を争っているわけではないんじゃ?
っていうか、アスターテ会戦の前に、なぜ戦争状態になっているのかもう少し説明してあげてよ。

(そりゃねーわ)
同盟軍3艦隊が横に直線で、間の距離が近すぎて、ラインハルトの艦隊を囲めるようには見えないです。
あ、もしかして平面上は直線に見えても、三次元なら三角形になっているとか?

(艦隊戦)
艦船デザインは凝っているし、数で画面を圧倒するんですが、CG感がすごくて実写みたい。
もう少しアニメ感が欲しいな。

(OP、ED)
OP曲、雰囲気出てステキなんだけど、「ガンダムUC?」って思っちゃいました。
あぁ、でも双璧出てればなんでもいいです。信者なので(笑
ED曲は、旧アニメみたいに同盟色強くしてほしかったな。

(キャラデザ)
ラインハルトとキルヒアイスの「黒バス」感は慣れたら薄れるかなぁ…
おっさん勢はなかなか渋くていいんですが、ファーレンハイトはなぁ…
むしろシェーンコップにした方がいいんじゃないかと思うくらい、野性味溢れてます。

あ、シュナイダーとかラップが無駄にかっこいいと思う!



GyaOの銀英伝特集にあるルーレットコーナー。
3日連続でひいたら、双璧壁紙がゲットできたので、もう満足です。
どうせ景品は当たらないしなー


[PR]
# by taba-aki | 2018-04-06 22:40 | 銀英伝 | Comments(0)



銀英伝新アニメも9月にメインキャラ3人が発表になってからちっとも音沙汰がありませんでしたが、ようやく待ちに待った人たちが発表!

待望の双璧!
とりあえず、二人ともOVA版に比べてかなり若い印象ですが、イメージが大きく変わらなくてよかった。
キルヒアイスなんか、ほんと「黒子のバスケ」っぽいから、
双璧も「イマドキのイケメン風」だったらガッカリだなーと心配してたくらいで。

ミッターマイヤーは、髪がやや短くスッキリして、原作にある「納まりの悪い」髪っぽくないです。
前髪が特徴的になったのですが、JOJO4部の広瀬康一くんみたいでまぁ…
ちょっと地味かな。もう少し覇気感だしてもいいのよ。

ロエインタールはちょっとびっくりです。
前髪片側を長く垂らし、後ろ髪先を遊ばせて、どこのカリスマ美容師かと。
あまりのお洒落ヘアに、最初メックリンガーかと思いましたよ、もう。
でも、個々の顔のパーツはOVA版とほとんど変わらない感じ。フジリュー版みたいな長髪じゃなくてよかった。
この容姿で、黒執事のセバスチャン声だったら、女性ウケはかなりするんじゃないでしょうか。
(あ、セバスチャンの人はミッターマイヤーの方だった)




他のキャラの印象をざっと。
オーベルシュタイン:「進撃の巨人」リヴァイみたいです。ぱっと見、こっちがロイエンタールかと思ったわ。
ユリアン:真面目で優等生でまさにユリアンなんだけど…すごく黒子っぽいです。
キャゼルヌ:かなり「パパ」要素が抑えられて、官僚風です。ムライだと言われても信じる。
シェーンコップ:いやいや、これだとアッテンボローだろ!ロイエンタールに負けそうと思うくらい細身です。


あぁ、でもやっぱり、帝国軍の軍服はロングブーツじゃない方がいいなぁ
同盟軍のジャケットは、グリーン系統がいいなぁ


せっかくなんで、適当に新アニメ版双璧の落書き。
なんだか、ロイエンタールがすごい別人…
ミッターマイヤーは…色違いのアッシュビーっぽいわ
c0014117_00014403.jpg
[PR]
# by taba-aki | 2018-03-03 00:06 | 銀英伝 | Comments(0)

三連休なので、ようやく重い腰を上げて夏コミとスパコミのオンライン申し込みを完了させてきました。
サークルカットは1月中に描き終えていたので、すぐやれよって話なんですが、2パターン描いて夏コミとスパコミどちらに使おうかなと考えていたら、1ヶ月くらい経ってしまいました。

結果、こんな感じ。
左が夏コミ用サークルカット、右がスパコミ用サークルカットです。
c0014117_1658176.jpg
c0014117_16584871.jpg



最初は逆に考えていたのだけど、スパコミ新刊をゆるい日常物にしたいのに、アップの方は雰囲気険しすぎるだろうということで、変えました。
まぁ、正直どっちでもよかったんだけど、もし夏コミ落ちたらカット絵を見てもらえる機会あんまりないしなーということで、結構頑張って描いた半身絵の方を抽選落ちのないスパコミに使うことに。

そういえば、スパコミの頃なら銀英伝の新アニメ放映も始まって、双璧も新キャラデザが拝めるかもー
同人誌はしばらくOVA版で描いていくつもりですが、新キャラデザ気に入ったら、ペーパーとかで描こうかなー。



話は変わりますが、冬アニメの覇穹封神演義、あれはどうなんすかね。
あまりにも再構成しすぎて、総集編みている感覚というか、「ああ、原作にこういうエピソードあったよね」確認みたいな感じになってる。
黄飛虎好きなんだけど、新アニメだと軽い感じで残念。もう少し親父っぽくても良かったなー(聞仲も)。
OPEDの背景はすごく綺麗で、まさに「古き良き中国」て感じでいいのにな。
[PR]
# by taba-aki | 2018-02-12 17:31 | イベント | Comments(0)

ダイハツ初売り福引!

先月自家用車の点検時に、ファンベルトが劣化していると言われたので、年明けに宮城ダイハツのショップへ修理に行きました。
初売りイベント中ということで、残りの少ない福引を引いたら「中吉」
なんだよ、ここでも中吉か〜最近神社でもなんでも大吉が出ないんだよなと少々がっかりしていたら、2番目に大きい箱をもらいました。

よくできたムーヴ・キャンバスの箱だったー
c0014117_1429223.jpg

スライドドアを開けたら、カクカクシカジカがこんにちは!
c0014117_14295952.jpg

中身はグリコの菓子詰め合わせ。これはうれしい。
c0014117_1430191.jpg



ちなみに修理の方は、エンジンウォーターポンプから水漏れしている。ポンプ交換にファンベルトの交換もセットで入っているので、料金一緒にできますがという結末だった。
すでに14万km走っている車だけど、毎日通勤で100km走るし、あと2年くらい頑張って欲しいので、追加修理をすることにしました。
ベルト交換8,500円が、ポンプ交換35,000円に化けたよ…
[PR]
# by taba-aki | 2018-01-14 15:13 | 日常 | Comments(0)

2018年 今年もよろしく

c0014117_2243389.jpg

数日遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

上記は、リアル友人知人に出した年賀状イラストです。
毎年干支イメージの女の子を描いていますが、今回はマダム風です。
華やかにしたかったので、パピヨン擬人化にしてみました。

ここ数年12月が忙しすぎて(仕事とか冬コミ準備とか)、年が明けてからイラストを描いていますが、やはりバタバタした進行でした。
 元旦、夜に実家から戻り、ラフ→線画を描いて就寝。
 2日、仕事の待機日。着色作業をしていたら仕事が入り出勤。夕方帰宅後に作業開始して完成。
 3日、文字等のレイアウトを修正し、コンビニでプリントして、宛先とコメントを書いて夕方投函。
多分、相手に届くのは5日頃になるのではないかと…

実は、年末に自宅のインクジェットプリンターが壊れてしまい、さて年賀状どうするべと。
新規購入など色々考えた結果、セブンイレブンのマルチコピー機ではがきプリントが出来るのを知り、それで印刷しました。
カラープリント1枚60円ですが、すごくキレイな仕上がりで驚いたのなんの。
どうせプリンターもカラーは年賀状くらいしかしないし(あと、同人イベントの時の値札)、枚数少ないしインク代考えたらコンビニコピー機の方がいいなと思いましたよ。

今回もう一つ勉強になったのは、コンビニプリントの為、購入済みインクジェット紙ハガキを普通紙無地に交換してもらおうと郵便局に行った時。
交換手数料1枚5円かかると思って財布をスタンバイさせていたんですが、結果はゼロ円。
どうやら、10枚入りパッケージを開封もせずに持ち込んだので、誤購入扱いになったようです。

問題は、年賀状印刷用に買ったばかりの新品未開封のインクが残ってしまった事ですが、まぁ本体購入と合わせておいおい考えようかなと思います(とはいえ、現在売っている機種はどれもインクタイプが合わないのが難点)。


大晦日・元旦は実家で寝てばかりでした。
テレビも特に興味が湧かないし、大晦日で23時前に寝たのって十数年振りだと思う。
面倒で、まだ初詣にも行っていません。近所の神社は県内では割と有名で結構混むので、落ち着いてから行こうと思います。
…そう言って、去年は結局行かなかったんだよな。
[PR]
# by taba-aki | 2018-01-03 23:58 | 日常 | Comments(0)

冬コミ二日目(30日)にサークル参加をしてきました。
自宅のある宮城がここ数日雪だったので、東京の寒さを心配していましたが、当日は思ったより寒くなく、過ごしやすい一日でした。
これは日頃の行いが…ま、たまたまですよね。


それでも寒いなか、スペースに来てくださった方、どうもありがとうございます。
午前中の人出が思ったより少なく、新刊だけパラパラと出る程度だったので(目の前の大手の行列は凄かったけれど)、今日人少ない?既刊が出ないのは辛いなと暇を持て余していました。
ところが、11時に入場制限が解除になってから、例年の賑わいが!既刊も動いて、ほぼ例年並みの売上でした。いやぁ、参加者様さま本当ありがたいです。
時に直接ファンです!とか言われてしまうと、褒められるの慣れていないので挙動不審っぽくなってしまって。

今回の新刊は、日光企画さんに印刷を依頼しました。表紙の発色が予想外に鮮やかに印刷されたので、割と気に入っています。
本文はやや薄目かな。でも全体的には満足です。
もう少しスケジュールに余裕持たせて、描き込みを増やせたらなぁ…毎回思うんですけどね。


買物は、友人に店番をお願いしてまわりましたが、サークルが東ホールに集中していたので、移動は楽でした。
けれど、自分が買い専しているNARUTOの縮小が著しくて、あんまり買えてません。
そろそろ他のジャンル開拓するかなぁ…と、友人にこぼしたら、「最近キラキラしたお兄ちゃんばかりで、銀英みたいなシリアスなのないよ」とズバリ言われて。
まぁ、そうなんですけど。年齢的にもストライクゾーンが狭くなってるしなー


帰りの搬出がまたくせ者でした。
周囲の撤退が早いので、自分も15時には片付け開始。前回夏でゆうぱっくが早かったのでそちらにいけば、予想外の長蛇の列。列の動きは早かったけど、それでも結局40分並びました。前は15分程度で順番が来たのにな。


年末年始は実家でダラダラです。仕事と冬コミ原稿で怒涛の12月を過ごしたので、さすがに体力が…
毎年三日間連戦の友人は、本当すごいなと思いますわ。
[PR]
# by taba-aki | 2017-12-31 19:32 | イベント | Comments(0)

C93新刊表紙絵

c0014117_11261033.jpg
冬コミ(C93)新刊表紙絵が大体出来たのでUP。
「オフィーリア」っぽくしたかったのですが、うまく印刷にでるかな。
今回ロイエンタール中心の話にすることを決めていたので、彼をメインにして、その周辺に思い出シーンみたいなのをばらまいてみました。
一枚絵としてレイアウトが左寄りなのは、右側が裏表紙になるから。

それにしても、下書きを書いてからどうもやる気がイマイチで、ここまでたどり着くのに2週間もかかってしまいました。
この間冬コミの当落発表があったと思ったのに、もう11月終わっちゃうよ。早い、早すぎるわ。



この間、GyaOで配信していた「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」を数十年ぶりに見ました。
なんていうか、シャアってこんな劣化していたっけ?
アムロの行動がハキハキしているので、余計もやもやしちゃったよ。
初めて見たときは、そんなこと感じなかったのにな。
昔の日記引っ張り出して来たら、「チェーンさん好き」って書いてあった。
あと、クエスかわいいって…若かったよ、自分。
それにしても、ハサウェイの声がもろユリアンでもう草生えそうwww(ユリアンの方が後だけど)。



[PR]
# by taba-aki | 2017-11-23 12:00 | お絵描き | Comments(0)

冬コミ(C93)当落結果

今年の冬コミ当落発表は、11月2日でした。
3日が文化の日で祝日前なので、異例の木曜日発表ですが、気分は金曜日。
職場で飲み会があったからね。
夕方から忙しくて当落を確認する暇がなく、結局寝る直前に思い出す始末。
仕事中に無駄にそわそわせずにすんだのは良かったかな。


結果ですが、めでたく当選していました!
2日目(12/30)、東3ホール ク-12a です。
見覚えのあるスペース番号だなと思ったら、前回の夏コミ(C92)が「ク-09a」だったわー。
まぁ、横にずれただけ?の島ど真ん中あたりです。


新刊は、相変わらずぼんやりプロット状態ですが、冬なので切ない系が描きたいなってことで、
久々に第二次ランテマリオ星域会戦ネタの予定です。


[PR]
# by taba-aki | 2017-11-05 14:54 | イベント | Comments(0)


先週金曜日(10/27)、銀河英雄伝説展(東京会場:アキバCOギャラリー)に行って来ました。
これすごく行きたい!けど宮城から東京までそうそう気楽に行けないしな、そのうち仙台にくるこを祈っておくしかないかなと半分諦めていたんですが、先月下旬になんと、10月27日から28日にかけての東京出張が降ってきました。
出張のスケジュールを確認したら、どうやら夜には行けそうだということが判明し、思わず心の中でガッツポーズをしてしまった自分。


さて、出張先から地下鉄でサクッと30分くらいで会場最寄駅の末広町に到着。
「3番出口からすぐ」と案内にあったとおり、本当に出口のすぐ右隣って感じのところに会場はありました。
うわ、ラインハルトとヤンの等身大パネルとか表通りからめっちゃ見えるじゃんと、少々入るのに照れがあったのは秘密です。
c0014117_20125760.jpg

開場から10分ほど経過した早い時間帯の割には、思ったよりお客さんがいました。
秋葉原という場所柄のせいか、お兄ちゃんが多い印象でした。
展示物は、まずキャラクターとメカニックの紹介。原画やセル画、設定画およびラフスケッチ等が展示されていて、最初は当然ながらラインハルトとキルヒアイスのコーナーが相当数続きます。ヤンは思ったより多くなかった。
で、双璧信者な自分は、ミッターマイヤーとロイエンタールのセル画前でドキドキ感MAX!
ロイエンタールなんて、臨終シーンのセル画だよと思うと、勝手に切なくなってみたり。
ホント、写真撮らせて欲しいわと本気で思いました。

ちなみに、壁にはキャラのセリフが書かれていましたが、やっぱりビッテンフェルトは書かれていた「勝利の女神がおまえらに下着をちらつかせているぞ」よりは、「他人をほめるときは大きな声で、悪口を言う時はより大きな声で」が個人的に好きだな。

設定画は資料集などで目にすることもあったけど、発掘されたという初期ラフ画は、はじめて見るものも多くて興味深かったです。
ジオン軍の将校みたいな格好のミッターマイヤーにはちょっと笑ったけど、自分のまわりではガンダムと銀英伝がごっちゃにされていたのでさもありなん。


メカニックコーナーの一角には、艦隊模型の圧巻な展示がありました。
c0014117_20130625.jpg

照明が時間経過で色が変わるので、思いの外きれいです。
ああ、そういえばアルバクリエイツのフリートファイルコレクション、自分も買いました…


後半は、原作新書版の表紙絵や挿絵の原画や、原作者田中芳樹氏の手書き原稿コピーなどが展示してありました。
イラストレータの加藤直之氏の当時の思い出や裏話的コメントがとても面白いです。
9巻表紙に描かれていた人物がキルヒアイスだったなんて、初めて知りました。てっきりラインハルトかと…
加藤氏以外の方が描いた挿絵原稿も見て見たかったな。

新潟会場でのライブペイントの「ブリュンヒルトとバルバロッサ」、思った以上に大きくて、迫力満載です。
加藤氏のそのほか新作イラストもすごくて、ブリュンヒルトなんか惚れ惚れするくらい美肌な感じだし、ヒューベリオンの正面からのパースを大胆にとった構成は圧巻だしで。
装甲擲弾兵は迫力ありすぎて夢に出そう…


最後の展示は、キルヒアイスと双璧の等身大パネルに囲まれて、ラインハルト気分で写真がとれるというブース(イスはもう少し豪華なほうが良かった)。
c0014117_20131494.jpg

上からの照明が眩しくて、うまく写真撮れなかったわ〜残念。
正直、双璧しか見ていなかったので、キルヒアイスがいたのに気づいていませんでした(なぜかオーベルシュタインだと思っていたんだよな)。
キルヒアイスの代わりに、ヒルダを置いたら、「回廊の戦い」ブリュンヒルト艦橋が再現できるなとちょっと思いました。

会場スタッフのお姉さんに「写真撮りましょうか?」と声をかけてもらったのに、さすがに恥ずかしすぎて辞退してしまった。
でも、偉そうにイスに座るのではなくて、ミッターマイヤーとのツーショットなら撮りたかったかも。


だいたい展示を見終わるのに1時間くらいかかりました。
それほど大きな会場じゃないのだけど、自分の二次創作で参考になればと気合入れて見ていたから。

最後に物販コーナーですが、双璧セットでブロマイドを買う気満々でいたのに、なんとロイエンタール売り切れ!
ミッターマイヤーがラスト1枚だったので、これはすかさずゲット。
双璧にできなかったのは残念だけど、ミッターマイヤーの方が好きだし、神様、残してくれてありがとう!

ブロマイドだけ買うのもアレなので、クリアファイルと蒔絵シールを買いました。
なんていうか、ジャンプフェスタでキャラグッズを買う様な既視感でしたよ、ホント。
本命グッズを買うなんて、すごい久しぶりかもしれない。


いやあ、ホント楽しかったです。
欲をいえば、もう少し他のキャラのセル画もたくさん見たかったな。だって、元帥たち以外の帝国軍提督の扱いが少なすぎて個人的には物足りなかったんだよなー。
今度は仙台に来てくれないかな。会場はメディアテークとかいいと思うけどな。
そうしたら絶対また行くわ。



[PR]
# by taba-aki | 2017-10-29 22:55 | 銀英伝 | Comments(0)

c0014117_0116100.jpg

デアゴスティーニから「銀河英雄伝説コンプリート・ファイル」が創刊されたので買ってみました。

この手の物は、全部集めると相当な金額になるので悩みどころですが、創刊号は税込299円だし、とりあえずお試しで。
そもそも創刊を知ったのが10月11日で、「これ銀英伝ファンとして出遅れ?」と思いつつ、翌日仕事帰りにイオンの専門店街の書店で買ったもの。
半透明のレジ袋に入れられたので透ける透ける。食品売り場で買い物しているとバレバレみたいで相当恥ずかしい…

そういえば、これって宮城県限定販売と知ってビックリ。
なんで宮城なのかわかりませんが、住んでいて良かった!


というのはさておき、パラパラと読んでみました。
OVA版アニメの設定本って感じですね。新アニメシリーズが発表されたばかりなのに、旧アニメ本なんか出して大丈夫なんでしょうか(私は嬉しいけど)。
使っているキャラ絵の出所は、DVD(店頭販売版)のジャケット絵やCD(帝国side、同盟sideで再編集したBGM集)のジャケット絵あたりですね。
個人的には、ウイークリービデオ版のジャケット絵を使ってくれると嬉しかったな。


本誌はバラしてカテゴリーごとにファイリングするのが前提になっているので(そのためのインデックスがバインダーに付いてる)、表紙の紙が薄めだし、製本もすぐ外れる程度しかない。
内容は、エピソードガイド「わが征くは星の大海」「本伝1話」がそれぞれ4ページ。キャラクター紹介「ラインハルトとヒルダ」、メカニック紹介「ブリュンヒルトとワルキューレ」がそれぞれ2ページ。戦史解説でアスターテが4ページ、アムリッツァが2ページ(いやいや、アムリッツアは6ページくらい費やせよ)、その他キャラ相関図や年表、ゴールデンバウム王朝の家系図とか色々と全部で50ページ。


私も銀英伝ファン歴16年なんで、色々資料も揃えているし、だいたい「知ってる」内容ばかりで、正直資料集としては少々内容が薄い印象。
例えばキャラ紹介ページなら、ラインハルトの初陣から参加した戦闘と当時の階級一覧とか、歴代の幕僚一覧(これはアニメオリジナルが入るから無理か)とか欲しいよなぁ。

そういえば、表紙は「カイザー・ラインハルト」なのに、ラインハルトのページには将来皇帝になるなんて一言も書いていないぞ(アニメでいえば1期までの内容)。
そうか、ラインハルトは多分あと3回くらいは紹介されるんだろう(宰相になった時、皇帝になった時、まさかの新アニメ絵版)。

銀河帝国の提督紹介の時は、ぜひ幕僚たちも絵付きで紹介してくれると、同人誌描くのにいい資料になるんだけどなぁ。ホント部下とかは資料少ないんだよ。特に双璧以外の提督だと!

余談ですが、自分が同人誌描くのに使っている資料は以下のとおり。
⒈ 通販版DVD-BOXの付録:ガイドブックと設定資料集DVD(これが一番役に立つ)
⒉ 2009年出版のロマンアルバム銀河英雄伝説コンプリートガイド
⒊ フリート・ファイル・コレクションの取扱説明書
⒋ 上記で足りないときは、原作小説やアニメDVDから記憶を頼りに探す


不満は多々あれど、とりあえず興味はそそられるので、10巻くらいは買ってみようかなと思う。
新作の書き下ろしイラストが見られるなら、それだけでも良しとする。
でも次回から690円なんだよな…500円くらいなら良かったんだがな。
図書カードが余っているからそれ使うか。
[PR]
# by taba-aki | 2017-10-13 23:58 | 銀英伝 | Comments(0)