人気ブログランキング |

ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

気の毒な豚の話

豚舎火災、5000匹焼死=北海道

北海道上富良野町の「かみふらの牧場」すべての豚舎が全焼し、豚約5000匹が焼死したそうな。
ワタシが仕事で出入りしている、と畜場の1日豚処理数が平均1000頭なので、約1週間分の豚が死んだことになる。
養豚業者は大規模経営の所が多いから、火事等おこればひとたまりもあるまい。
きっと出荷間近の肥育豚や、出産間近の繁殖豚もいただろうに。
いやはや、死んだ豚も1億円の利益+豚舎を灰に帰した牧場も気の毒としかいいようがない。


リンク先記事のコメントには、売ってしまえとか食べてしまえとか色々書き込まれているけれど、残念ながら屠殺前に死んだ豚はもはや商品にならない。

豚を食肉として流通させる過程には、色々と法律が絡んでおりまして。
まず、農家だろうが肉屋だろうが自分勝手に食肉目的で豚を殺して肉にするのは禁止。
必ずと畜場に運んで、お金を払って解体処理と食肉検査を受けなければなりません。
さらに、と畜場は健康で「生きた」豚だけしか処理しません。
どうせ殺してしまうんだから、その前に死んだ豚だって同じじゃないか。だったら死んだものも肉にして有効活用すべきと思う人がいるかもしれないけど、無理。
それを許してしまったら、市場に品質が劣悪な肉が出回る可能性が大きくなり、ひいてはワタシたちの健康問題にもつながってくる。


というわけでもったいないとは思うけれど、今回火事で焼死した豚は肉になれず産業廃棄物として処分するしかない。
処分するにも専門業者に莫大な料金を払わないといけないわけで、5000頭もの豚を廃棄する羽目になったこの牧場がますます気の毒になってくる。
ただでさえ、豚肉の市場価格が低迷しているというのに。



記事のコメントを読んで、色々思ったことをいくつか。
・豚は400kgも体重はない。出荷サイズは100kgだし繁殖豚でも200kg。それだと少し小さめの牛サイズだ。
・豚舎暖房用ヒーターのトラブルだろ、大雪が降っていようが関係ないと思う。
・極寒の北海道で養豚しなくても…ごもっとも。その証拠に北海道の豚生産量は意外と少ない。東京都でも養豚農家がいるのだから、食材王国北海道くらい大目にみてやってくれ。
・豚1頭の値段が20000円…1億円を5000頭で割った平均価格やな。実際は格付けにもよるけど、標準的なサイズなら1頭あたり5万円くらいの評価がもらえているはずだから、5000頭のうちたくさんいるであろう子豚なんかは相当評価額を低く算出しているのかも。


すいません。直接コメントに書き込む勇気がないので、自分のブログでつぶやきました(汗
Commented by 例のスレ住人 at 2010-02-07 21:06 x
自家屠殺って、自家消費用で流通しなくても違法なの?。
いまどき豚一頭食べきれるって、どんな大家族って問題とか、5000頭じゃどうにも多すぎるというのは脇に置いてですが。
10年以上前だけど、テレビのお料理対決で、杭に繋いだイノシシを銃殺する場面を見たのだけど。
自家屠殺が全て違法なら、狩猟もワナ猟しか成り立たない気がしますが。
そういえば、昔泊まった温泉で、鹿が獲れたよって出たけど、宿泊客に出すのは自家消費?流通?。
養豚場って火災保険は入るのだろうか。
金額が金額だけに入ってなかったら個人や中小企業にはリスク大きすぎますね。
Commented by taba-aki at 2010-02-07 22:47
疑問にお答えします!

>自家屠殺
流通させず100%自家消費の場合、都道府県知事に届けた上で屠殺は許可されます。ただし、1才以上の牛、馬は駄目。
ちなみに火事で焼死しなかった豚に限り、緊急屠殺で肉にすることができるはず。

>狩猟
と畜場で処理されるのは、「牛、馬、豚、山羊、めん羊」に限定です。イノシシや鹿など狩猟対象動物は規定外なので、検査を受けなくても肉にすることが出来るんですわ。
逆に言えば、イノシシを持ち込んでもと畜場では処理しないってことです。
旅館が宿泊客に出すのは「流通」です。客から金をとってるわけですし。自家消費はあくまで自分と同居家族に限定されちゃいます。まぁ、鹿の場合は問題になりませんけど。
ただ、野生動物肉はしっかり焼かないと寄生虫が怖いな。

詳しいことは、と畜場法に書いてあるので興味があればどうぞ。

>火災保険
畜産農家さんも一企業ですからねぇ、さすがに火災保険くらい入っているでしょう。ただでさえ畜産は感染症で家畜全滅等リスクが高い業種なんだし。
Commented by 例のスレ住人 at 2010-02-12 21:25 x
なるほど、5種限定&自家用・緊急は制度ありなのですね。
ところで、豚と猪は同じ種ですよね。
つまり、身分や家柄のような差です。
すると、天の邪鬼な奴が、ワナで生け捕りした猪を屠畜場に連れてきて、これは種豚だ、処理してくれと言い張ったら、どうなるのでしょう。
捕まえた猪を去勢して、しばらく柔らかいものを食べさせて飼えば豚に身分変更できるのでしょうか。
野犬は、誰かが拾って登録すれば、身分が飼い犬に変わります。
逃げれば逆に野犬に身分替えできます。
豚という身分は同様に移行できるのでしょうか、それとも皇族のように世襲の身分で、一度野に下ったら戻ることは出来ない不可逆な移行しか無い仕組みなのでしょうか。
Commented by taba-aki at 2010-02-14 20:04
実に面白い発想ですね!感心しました。
ところで、いくら頑張ってもさすがに豚は猪にはなれないし、猪は豚にはなれないですよ。なんせ豚は品種改良されてますから。

見れば一発で豚との違いはバレてしまいますが、仮に、雄の種豚として猪を搬入できたとしましょう(もちろん雄の猪限定。雌はおっぱいがあるから無理)。
種豚は解体料が高い上に、雄種豚は肉が固くて臭いので市場価格が非常に安いです。
捕獲や搬入の手間を考えると、種豚扱いではとても元がとれると思えません。
自分で解体できなければ、個人で解体してくれる人に頼んで肉にしてもらい、猪として肉を売った方が儲かるのではないでしょうか。

と、ついマジメに答えちゃったよ。
by taba-aki | 2010-01-30 01:06 | 主張 | Comments(4)