ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

ポンペイ展に行ってみた

c0014117_2146408.jpg

3連休の中日、仙台市博物館で10日から開催中のポンペイ展に行ってみた。
去年横浜からスタートして、ようやく仙台までやってきたという感じ。
今日は今朝から雪が降って寒いせいか、連休中なのにお客さんの少なさにびっくりした。
おかげで人ごみに邪魔されずにゆっくり1時間半かけて鑑賞できて最高だったよ。

展示の中心はヴェスビオ火山の噴火で火山灰に埋もれたポンペイから発掘した彫像やフレスコ画、家具や食器類。あと逃げ遅れた人の型取り像は1体だけ展示があった。
とある裕福層の個人所有の入浴施設復元がなかなかおもしろかった。ちゃんとボイラーと貯湯槽を備えてあって追い炊きまでできるとは、なんという優れもの!

個人的には、昔から神話とか好きなんでローマ神話の神々の彫像やフレスコ画がよかったかな。
大理石の彫像なんか2mくらいあるので、色んな方向から眺めまくったわ。どこかイラストに使えそうなカッコイイポーズはないかなって(笑



ところで仙台市博物館の近くにこんな慰霊碑があった。

『軍馬軍用動物彰忠塔』
c0014117_22563382.jpg

『満州事変軍馬戦没之碑』
c0014117_2331458.jpg

日本の獣医科学は軍用馬医療から発展してきた歴史があるので、獣医のはしくれとしてはちょっと気になって写真を撮ってみた。
と畜場にはどこにも家畜の鎮魂碑があるけれど、戦争関連の記念碑で動物関係のは実は初めて見た。
考えてみれば、人間だけでなく多くの家畜も徴用されて戦地で死んだり放置されてたりしているんだよな。
[PR]
by taba-aki | 2011-02-12 23:17 | お出かけ | Comments(0)