ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

職場もちょっとずつ復旧

月曜日に職場にもようやく電気が通りました。
これでパソコンもネットも使えるし、ようやくまともな業務ができるわ。
といっても津波被害のなかった2階部分のみの通電で、1階は相変わらず停電中。
だけど、1階部分に暖房用ボイラーと電話回線基盤があったので、相変わらず暖房は付かないし電話も不通。ただ電話に関してはNTTが仮設電話をひいてくれたので、少しは外部と対応出来るようにはなってます。

それにしても、灯りがつくのは素晴らしい。
今まで午後3時過ぎになると部屋が薄暗くなって寂しさを醸し出していたからなぁ。
暗いと寒いのが余計寒く感じるしね。


昨日は、所内に2台だけあるストーブの灯油があと1缶になったからというので、総務から灯油を調達してくれと頼まれた。
こっちはまだガソリン事情がちっとも改善されていないのに、被災で閉まっているスタンドも多いのに、灯油なんかどこで売っているんだよ…
散々探して結局10kmほど先の隣町のスタンドで買ってきた。18L1620円、結構するよな。
ちなみに、前回同じミッションを遂行したときは20km先のスタンドまで探しに行ったことを考えると、随分楽になったよ。

この時はミッションを無事完了することが出来て満足だったのだけど、携帯をなくすというアクシデントが!
もう目の前真っ暗、アドレスはバックアップサービスに入っているからなんとかなるものの、写真やメールはなくすと痛いなぁと途方にくれてしまった。
職場の人に電話をかけてもらったら、なんとラッキーなことに人が出て、しかも灯油かったスタンドで預かっているという。
翌朝、スタンドに引き取りに行きました。
お礼にガソリンを買って行きたいところだけど、そこのスタンドは既に500mくらいの長蛇の列なので意味なし…


職場から国道をまたいだ海側は地震と津波の被害が酷くて、軒並み倒された結果今まで見えなかった港が見えるようになりました…
眺めがよいのはいいけど、今度また同じような地震&津波が起こったら遮蔽物がないし、職場直撃だ…
[PR]
by taba-aki | 2011-03-30 21:19 | 日常 | Comments(0)