ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

CLIP PAINT for PC

セルシスがwebブラウザ上で描けるflashベースのペイントツールを出したので、使ってみました。
「絵を描く」とう点では、既存のお絵描き掲示板や絵描きブログ系がそれこそ多種多様にあるので、今ここで出す意義がいまいち分からないんですが。

例によって、環境は2.8GHz Intel Core 2 Duo が乗っているiMac、メモリ4GB、MacOSX10.6です。
ブラウザはsafari5.05を使ってみました。
c0014117_2135420.jpg

このツール、やたらMacに負荷をかけるのかいきなりファンがうなり始めた。
最初FireFox4で描き始めたら、線描写の遅延が酷すぎる(0.5秒くらい遅れて線が出る)。ゆっくり描けば遅延は出ないけれど、イライラすること甚だしいのでブラウザをsafariに変えてようやく遅延がなくなった。
ちなみに両方のブラウザでCLIP PAINTを立ち上げると、Fire Foxはもうお絵描き出来るレベルじゃなくなる。タブレットの動きに全くついて来れず描写不能が頻発だった。

機能的にはお絵描きをする必要最低限の機能がついているって感じ。
レイヤーがついているのは嬉しいけれど、実質使えるのは4枚まで(一番下のレイヤーは外部ファイル読み込み専用)。しかも、レイヤーの移動は不可能。
下から2番目のレイヤーに線画描いてしまってからレイヤーが動かせないことを知り、結局塗りは下のレイヤー1枚で塗る羽目に…この辺でかなりやる気低下。
ロイエンタール元帥を描いていたから、我慢して描いていたようなもんです。

ペンの太さや透明度、消しゴムの大きさ等がフレキシブルに変化出来ること、色に制限がないこと、ペンを最小にしてもジャギーが出ないことは嬉しいのだけど、こんなの他のwebツールでも実現してるしなぁ。
カラー関係はやたら充実してる。パレットにない色を追加出来るとか。
ただ、ぼかし機能が甘いので、水彩風に描くのは難しいかもしれない。
どちらかというと、アニメ塗りに強い感じなツールのような感じ。

しょせん、ブラウザでお気楽に落書きをするといった用途に使うツールなのかもしれない。
でもなぁ、せめてレイヤーの移動を出来るようにして欲しいわ。
[PR]
by taba-aki | 2011-06-10 21:31 | お絵描き | Comments(0)