ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

今更ながら、り災証明

総務からお得情報(住宅が一部損壊判定でも見舞金が出る)を聞いたので、震災から半年以上経つけれど市役所にり災証明(住宅被害の証明)をもらいに行った。
地震でうちの玄関が歪んで開かなくなったという話は職場の皆が知っているので(今も開けにくいし閉めにくい)、前から証明とったら?と言われてはいたけど、なんとなく面倒で放置していた。

り災証明は建物の所有・賃貸関係なく世帯ごとで申請できるので、ワタシみたいなアパートの住民でも申請可なのがミソ(なので同居でも親世帯と子供世帯が別世帯になっていればそれぞれが申請できる。全壊や大規模半壊など援助金が貰えるレベルであれば2世帯分貰える。まぁ、壊れないにこしたことはないので金の問題ではないけど)。


税務課の窓口に行ったら、新規申込みは確認まで2、3ヶ月かかると言われた。
が、「うちはアパートで大家が既に確認してもらってるはず」と主張して調べてもらうことに。
以前市町村応援で、り災証明調査応援に行った時に自分のアパートが調査済みなのは知っていたので、自信満々で待つ事10分。
無事建物に一部損壊の判定が出ていることが確認されたので、めでたく即日発行となりました。

あとは、部屋の破損箇所の写真を撮らないとね。
[PR]
by taba-aki | 2011-11-10 19:48 | 日常 | Comments(0)