ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

今更ですがGW旅行の話でも

ゴールデンウィークの連休ボケで仕事のつらい1週間だったけれど、なんとか週末にたどり着いた…
今週は飲み会が2回あって、旅行続きで財布が厳しいのにさらにピンチになりましたが、まぁこの辺は付き合いの意味もあるので外せませんからねぇ。



今更ですが、4月末に行った2泊3日京都旅行のことでも載せておこうかと。
特に理由はないんだけど、友人と春の京都もいいかもねーってことで。

実は各々行きたい所が別。
友達A:銀閣寺(修学旅行のリベンジ)、嵐山の竹林
友達B:清水寺(+門前のおみやげ店めぐり)、一澤三郎帆布店(バッグの買い物。友達Aも行きたがった)
自分:天使の里(スーパードルフィー店)、壬生狂言(壬生寺・開演時間4時間)

頑張って全部盛しましたよ!
修学旅行のグループ行動さながらでしたが。


c0014117_10142229.jpg

嵐山で嵯峨野トロッコ列車に乗りました。保津峡に沿って30分の旅です。
全席指定だけど、さすが連休だけあって立ち席客もいて車内は一杯!

c0014117_10143993.jpg

眼下に歩津峡が見えてなかなかの絶景。時折川下りの船が見えてお互いに手を振ってみたりとか。
写真は川上りの船。そりゃ上りはエンジン動力使うわな。

c0014117_1051566.jpg

嵯峨野嵐山駅近くの天使の里。
さすがスーパードルフィーのお里というだけあって、庭が見事でした。
館内も過去の限定ドールをたくさんみられてかなり満足。

荷物に余裕があれば、うちのクリスくんを連れて庭で写真撮りたかったよ。
友達いわく、ドールを連れていている人に男性が多くてびっくりしたとか。
こういう人目を気にする必要がない場所だから男性が多いのかもね。
折角なので、うちの子のおみやげに精霊の衣を買ってみました。

c0014117_10511710.jpg

天竜寺付近の竹林の道。
春なのでぼんやりした緑色の林でした。

c0014117_10145776.jpg

嵐山ということで渡月橋にも行ってみました。
最近GyaOで「るろうに剣心」を見てるいるせいか、京都編OP映像のイメージが強いのなんの。
ちなみに渡月橋は赤いものだと思っていて実際みたら地味な色で逆に驚いた。
後日栃木在住の親に話したら「日光の神橋と混同してるんじゃないの?」
うーん、渡月橋の方が10倍くらい長いんだけどな。

c0014117_10153371.jpg

夜の京都タワーに登ってみた。写真は京都駅方面。
このメンツで旅行すると、必ず夜は「○○タワー」とか「△△山」に登って夜景を見るのが恒例なので、当然京都タワーも外せません。
いやぁ、3月に買ったデジカメの映りが優秀で別の意味で感動したわ。

c0014117_10151366.jpg

銀閣寺。
裏手山見下ろすのもいいですが、なにげにここからの風景がナイスビュー。
銀閣寺限定清酒には心を引かれたけれど、そこは我慢。抹茶だけ飲んでいきました。

c0014117_1017365.jpg

清水寺の舞台から下をのぞいたところ。結構な高さがあります。
ちなみに清水寺で一番面白かったのは、随求堂。
菩薩様の胎内をめぐるというシチェーションの拝観方法なんだけど、これが胎内なだけに室内真っ暗。前に差し出した自分の手すら見えず、手すりの数珠を頼りに進むしかない。
出口付近で、梵字が刻まれた石がライトで照らされているのが見えて、思わず感動してしまうというアトラクションです。

c0014117_10175011.jpg

今回見かけた一番の大手サークル、じゃなくて行列が出来ていた「音羽の滝」。
あまりに大手過ぎたので(100mくらい行列ができていた)、水を飲んで願いをかけるのは諦めたよ…

c0014117_10181212.jpg

新撰組が屯所としていた八木邸。
1000円で部屋の見学(芹澤鴨ら暗殺事件の部屋とか)がボランティアのおばちゃん(またはおじちゃん)の説明付きで見られます。
見学のあとは隣接する和菓子屋で抹茶を一服。屯所餅はなかなかおしいかったです。
すぐ近くに新撰組ゆかりの壬生寺がありますが、やっぱりあった「痛絵馬」。
最近は新撰組物といえば「薄桜鬼」なんだなって一発でわかったわ。
まぁ、ワタシも八木邸で話を聞いている間、脳内であのイケメンキャラで再現してたんですが。

c0014117_10182247.jpg

新撰組つながりで行った西本願寺。
ちょうど結婚式があるらしく、花嫁行列に出くわしました。そして、花嫁花婿ご一行は観光客の注目を浴びながら各所をお参り。すごいな。
[PR]
by taba-aki | 2012-05-12 11:39 | お出かけ | Comments(0)