ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

塩竈みなと祭に行ってきた(その2)

平成25年度第66回塩竈みなと祭に行ってきたの続きです。
(「その1」はこちら

海上保安庁の巡視船くりこま見学のあと、鹽竈(しおがま)神社と志波彦(しわひこ)神社の御神輿が港に着くのをしばし待ちます。
c0014117_229507.jpg
巡視船から見た御座船の様子です。
船の上からって意外といいビューポイントかもしれない。


11時半頃に御神輿が到着、御座船に安置され神事が行われます。
c0014117_2212940.jpg
奉納の踊りや太鼓やらが続き、なかなかのにぎわい。


そして正午、浦戸諸島方面へ巡幸の航海に出発。
みなと祭のクライマックスです。
c0014117_2218129.jpg
この時、雨が降り出して来て大変。
船上の神職さんやその他関係者は冷たかったろうなと思います。



夕方17時頃、御座船が港に戻る頃を見計らって鹽竈神社へ向かう。
自宅からはちょっと距離があるけれど、市内をねりあるく御神輿がみたいので徒歩で行きました。
c0014117_22205349.jpg
ちょうどいい感じに御神輿の通過に間に合いました。


御神輿が神社に到着したのは18時頃。202段の階段を本殿に向かって登ります。
c0014117_22284893.jpg
担いでいるお兄ちゃんやおじちゃん、かなりつらそうでした。
そりゃ普通に登るのも急な階段なのに、1tの重量の神輿を担ぐのは厳しいわ。


c0014117_22304252.jpg
落ちないように、後ろにも多くの人が支え合っていました。
思わずワタシも頑張れと声援を送ってしまったよ。

ちなみに石段の幅は結構狭くて、御神輿がギリギリ通れるくらいです。


石段を登りきったところで祭は終了。その後、神輿から御霊を抜く儀式(幕に囲まれて見る事は出来ない)を行い、神輿は神社の博物館にしまわれます。
c0014117_22332024.jpg


最後まで見届けたのは初めてだった。
朝、御神輿が石段を降りるところも見たい気持ちもあったけど、まぁ巡視船見学が優先だったので(笑
[PR]
by taba-aki | 2013-07-16 22:43 | お出かけ | Comments(0)