ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-

c0014117_22414486.jpg

22日にNARUTOの劇場版・THE LASTを仕事帰りに見てきました。
理由は、福利厚生でもらっている施設利用券の期限が切れそうだから映画でも見るかという消極的なものですが、先月幕張メッセで開催したジャンプフェスタで特設ブースとか見てたら、行ってもいいかなぁと興味がでてきていたので(ちなみに、今までNARUTOの映画はどれも観てません)。

でもなぁ、好きキャラはエロ仙人と初代火影様だしなぁ、二人とも故人だし出ねえよ。
しかもナルトとヒナタのラブロマンスだろーNARUTOに恋愛なんて求めていないんだけどなぁとあんまり期待しないで見に行ったんですが…


冒頭シーンで初代様出てるじゃん!柱間さま超かっこいー!!
とテンションあがってきました(そこかよ、みたいな)。


とりあえず面白かったですが、本当にヒナタ主人公映画です。
彼女がすごくキレイです。マフラーを編むシーンなんて背景の素晴らしさもあって息をのむ美しさです。
けれど、どうにも違和感なのが、ヒナタよりナルトが先に「ヒナタが好きだ」と言ってしまうあたり。
鈍感でど根性忍道のナルトが、ヒナタの想いに触れて、それで自分も好きだなんて展開にどうしてなるんじゃ!
幼い頃からナルトを一生懸命追いかけてきたヒナタを先に告白させてやれよって。

大人になっていくナルトくんを描いているんでしょうけど、恋愛を主軸に置いたせいかナルトがちょっと色々女々し過ぎ。
愛を覚えてなんか普通の男になっちゃったなーって感じで。
ドラゴンボールの孫悟空夫婦みたいな関係がナルトには似合うと思っていたのになぁ…


余談ですが、今回観客は自分と2,30歳代の兄ちゃんの2人。
20時開演だし、公開1ヶ月以上経過したアニメ映画だし、地方シネコンだし、当然といえば当然ですが、むしろ周囲に気を使わないで観たいのでわざわざ狙いました。
窓口でチケットを買う時に「席は全部空いています」と言われた時はさすがに驚いたけど。
[PR]
by taba-aki | 2015-01-22 23:58 | 漫画・アニメ | Comments(0)