ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

東日本大震災から5年

2011年3月11日の東日本大震災から5年が経過しました。
宮城県民として地味に被災した身としては、5年という節目そして同じ曜日ということで、なんとなく特別感を感じます。
自分自身は何も変わらず1日が過ぎてしまい、仕事でバタバタしていて黙祷の時間すら過ぎてしまったけど、この日の夜はあの時と同じ清々しいくらい満天の星空でした。
自分の行動範囲内的にはどんどん復興が進んでいて、ほぼ震災前と同じ生活をしていますが、まだ仮設住宅があちこちに残っていたり復興工事が全然終わらないのを見ると、まだまだなんだなという印象です。


震災当日は、午前中に仕事で亘理町の沿岸部に行っていて、この時に津波がきたらマジで帰って来られなかったかもしれなかった。
あとで確認したらお昼にホッキ飯を食べた店も、その周辺も津波被害でとんでもないことになっていた。
あの時は午後2時半頃に事務所に戻ってきたから、下手をしたら高速道路上で孤立していたかもしれなかった。
何が一番「運」を感じたかというと、同行した職場の先輩はいつも外に出るときは大概午後に約束を設定しているのに、今日に限って「午前中に済ませるか」と言ったことだった。
午後に行っていたら、本気でやばかったわ。


震災といえば、自分を含め周囲は津波被害と道路の陥没、そしてライフラインや物流の混乱が今でも話題になるんですが、全国的な関心はやはり福島の原子力発電所事故のようで、何だかなという気持ちが拭えません。
放射線量の値がまだ高めの原発周辺の地域は仕方がないとしても、その他の福島県内や宮城県・岩手県はもう原発事故の影響無しとしてもいいのではないかと思う。
自分だって普通に県内産の農産物や水産物を食べているし、それで調子が悪いということもないし。
何となくですが、首都圏の人たちが必要以上に警戒している印象なんですよね。
まぁ、狭い日本どこへ行っても駄目な時は駄目なので、無駄に警戒や心配をすることはないってことです。
[PR]
by taba-aki | 2016-03-12 20:29 | 日常 | Comments(0)