ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

藤崎竜版の銀英伝 YJ2016年43号

今週のフジリュー銀英伝、お待ちかねの「双璧の出会い」編ですよ、もう!
ミッターマイヤー大好きっ子な自分としては、楽しみだったり心配だったりで待っていた1週間でした。
原作だとミッターマイヤーとロイエンタールの出会いの場はイゼルローン要塞の酒場での乱闘だけど、絶対絶命の戦場での出会いもなかなかいい感じ。
惑星カプチェランカでの戦闘の焼き直しっぽいけど、背中合わせに銃を構えるシーンなんて、カッコよくてドキドキしちゃいます。
一方で野宿とか、「ファイト、一発!」的なシーンにはちょっと笑っちゃいました。
そんな感じで物語的にはあちこち微妙に改変加えているので、ミッターマイヤーの「軍規をただす」一連の話はやっぱり欲しかったし、
ロイエンタールの「彼は気持ちのいい男です」のセリフもほしかったな。


それより何より、ミッターマイヤーのキャラデザがOVAをほぼ踏襲してくれて良かった。
牙ついたりして狼っぽくてちょっと可愛いかもと思ったカットもあるけど、全体的にワイルドさがアップした感じ。
シルエットにだまされて、全然違う感じだったらどうしよう、読むのしんどくなるのは嫌だなとか余計な心配をしていたのですが(私の中の銀英伝は双璧5割なので)、とりあえずは安心して読めそうです。

一方ロイですが、まさか後ろ髪が腰まで長いとは思いませんでした。
沼地の戦闘じゃ髪は邪魔じゃないのか?結べよ!と突っ込みを入れたくなるところですが、ホント女性向け恋愛ゲームに出て来そうな風貌なので、フジリューロイは女性受けするだろうて。
いや、絶対このキャラで同人描く人いると思うわ。
私は今までどおり七三分けなロイで描くけど。


来週はいよいよ、ミッちー拷問を受ける!のところかな。
食事を拒否して「太ると女房に嫌われる」ってのが入っているといいなぁ。
[PR]
by taba-aki | 2016-09-22 18:26 | 銀英伝 | Comments(0)