ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

センター試験の遠い思い出

c0014117_19562052.jpg21,22日は大学入試センター試験ですね。

関東地方では雪になったそうですが、こちら北海道江別市は数日前まで大雪だったせいか、今日は雪は降りませんでした。
もっとも、うちの大学は構内に入ってから校舎にたどり着くまでの距離がハンパじゃなく遠いので、その点ここで受験する方々には気の毒なんですけど。


今回はかれこれ5、6年前に普通の受験生より数回多くセンターを受験した(泣)ワタシの思い出話を聞いて頂きましょう。
そう、もう思い出となったんだよなぁ、あの激動の受験生時代のことが。



○雪の思い出○
2001年にも関東でセンター当日に雪が降ったとありますが、正確には1日目の夕方から降雪。半分終わってやれやれと外に出たら雪が降っていてしかも積もっていた!と驚愕した記憶があります。

だって傘なんて持ってなかったし!

当時は東京で浪人生をしていたので、会場までの交通は地下鉄1本(しかも会場までは最寄り駅から徒歩10分くらい)。なので交通機関に心配はなかったものの、大学構内が非常に滑りやすくて焦った。
翌日は雪こそ降っていなかったけど、構内は一部しか除雪されていなくて、転ばないように歩くので疲れてしまったんだよねぇ...


受験会場は受験者の居住地で決定されて、高校生は学校単位で決定、浪人生は個人申し込みなので自宅に近い会場となるわけですが、当時のワタシの住まいは池袋。
ならば当然立教大学だろう、あそこまでならアパートから徒歩15分だぜ、と期待していたのに2001年にセンターからきた通知には『お茶の水女子大』
そしてその大学は友達の第一志望。

センターを受けにいくだけなのに、友達にはひどく羨ましがれました。
どうせ電車に乗る羽目になるなら、東大にしてもらってテレビや新聞のインタビュー受けたかったな。



○トイレの話○
ところで女子大なので、当然受験生も「女子」しかいない。
女子大のいいところは、女子用トイレが豊富なところ。共学のところなんざ、女子トイレに長蛇の列ができて本当困ったもの。

でもまてよ、トイレが多くても全員女子だから変わらなくね?

というわけで、誰も来なさそうな隠れた場所にあるトイレを事前に確認しておいて、そこで用を足していました。
いやまじめな話、受験の時はトイレの確保は重要なんですよ。下手すると大切な時間をロスしますからね。

...実は、受験当日になんと「女の子の生理現象」にぶつかってしまったので、トイレ確保は普段以上に大切だったわけですが(汗)。
ところが驚いたことに、センター入試のストレスは本人が思っている以上に大きかったらしく、センター入試期間中はなんと出血なし(もちろん腹痛もなし)。そして終了翌日からまた復活してきたという不思議な現象が起こりました。
自分の身体万歳!



んで、その時の結果。
国語で古文の所をうっかりずらしてマークしてしまったので、漢文丸々失点という痛い出来事があったせいで、散々。総得点が8割(医学系志望者にとってほぼ最低ライン)に届きませんでした。
結局国立大には受からずに、酪大に拾ってもらいましたよ。
...私大だけなら、英数理だけでいいので、せっかく勉強した国語と社会が結果的に入試に役にたたなかったという。




○時間割の話○
今回から英語にリスニングが導入されて、そのせいで時間割が変更になったようです。
ワタシが受験の頃は
<1日目>
英語 80分
地理歴史(日本史、世界史、地理から1科目選択)60分
数学1 (lA) 60分
数学2 (llB) 60分

<2日目>
国語 80分
理科1(理科総合、化学、地学から1科目選択)60分
理科2(物理、生物から1科目選択)60分
公民(政治経済、倫理、現代社会から1科目選択) 60分



だったのに(実業系高校受験者向け科目はのぞく)、今回は1日目は文系科目、2日目は理系科目と完全分離。
従来最初だった英語が1日目の最後にきて、一番最初の科目が公民に。
数学が2日目に移動し、国語が地歴の後に。
2日目の理科は3コマに増え、「生物、理科総合」「化学」「物理、地学」から最大それぞれ1科目選択ということになったらしい。

一部の医学部が理科3教科を要求しだしたから、こういうことになったわけですか。
理系入試は物理・化学が有利なので、生物をやらないで医学部に来るのは問題だと言っているんですよね。
ワタシも一応「獣」医学部にいるので少しは分かるのですが、ハッキリ言って入学して一番必要なのは「生物」です。
次が化学で、物理は医療機器関連で知識があると強いなというくらい。

正直、受験生にはすごい負担だと思います。理科2科目でも入試用に仕上げるのはしんどいのに、センター用でもう1科目なんて。
物理が壊滅的に駄目で、化学は有機でギブアップしたワタシは、生物1科目で勝負しかなかったし、3科目なんて絶対無理。
今受験生じゃなくて、本当に良かったと思ってる。
英語でリスニングもあるのに、理科3科目なんて...超人じゃん!

ちなみに、ワタシは一応生物のほかに化学も受験しましたが、意味なかったです。
....60点じゃ入試に使えないって(汗)。
受験校は理科1科目でOKなところを選ぶしかないですよ、もう〜


いやいやまったく、どこが「ゆとり教育」なんでしょう。
医学部入試に限って言えば、かえって厳しくなっているんですが。
これに耐えうる学力天才がますます増えて、医師としての資質教育が難しくなるんじゃないですかね。



そして公民がいきなりのトップですが、これはまた微妙な感じがします。
公民科目を入試に使う人以外(たぶんこれが大多数)は、朝ゆっくり来られていいんじゃないかと思いますが、公民という科目は実は「保険」として重宝する科目だったのです。

理系受験者は地歴史で地理を選択する人が多いのですが、従来時間割であれば、それに失敗した場合に備えて最終科目である公民を受けることがあります(もちろん、翌日の自己採点で点数がとれれば受けなくてもいい)。
公民の問題が配布されると、だいたい内容が似ている「現代社会」と「政治経済」を速攻で比較して、解きやすい方を選ぶ。もともと十分に準備している科目ではないので、社会事情に普段から関心を持っている人なら常識で知っていることばかりなので、うまくいけば高得点が狙えます。だいたい平均がいつも70前後ある科目だし(どちらが易しいかは年によって違う)。

ワタシも地理選択者のくせに、保険代わりに公民まで受けて帰ったのですが、2001年は地理がひどく難しくて保険の現社の方が点数がいいという皮肉な結果に終わりました。
合否は点数がいい方を自動的に採用するので、こんなのことでもいいのです。

でも今年は公民が最初だったら、いきなり最初に保険教科を受けるなんてやりにくいだろうなぁ。
逆に考えると、場慣れするために受けるという使い方もあるけど。


時間割りはともかく、センター入試で何が一番嫌かというと、解答時間が圧倒的に足りないということです。特に英語!
時間を増やすか、長文量を減らすか、どちらかやってほしい。

勉強内容はもちろんのこと、過去問を研究してどういった分野の問題にどれだけ時間をかけるべきかという時間配分の作戦がまた重要になってきます。
本番では条件反射的に解答する問題と、問題文をじっくり読み込まなければならない問題とを瞬時に見分け、配点の多い問題により時間を投入するのが必須。

試験なんてものはだいたいそんなものだけど、センター入試はその作戦の有無が顕著に結果に出てしまうので、恐いんですよね。
じっくり派には向かない受験システムがセンターです。

そのかわり、国立大の二次試験では1科目2時間とか平気であるので、その辺でバランスをとっているとも言えなくはないかも。




センターにはもっと思い出があるけれど、長くなるので(これでも十分長いけど)この辺にしておきます。
[PR]
Commented by AppleTeaKobo at 2006-01-22 10:47
こんにちは~。
センター試験の思い出話、とても興味深く読ませていただきました。
昨日テレビで見た映像で、席が随分空いてて欠席者が多いのかな~とか思ってましたが、「公民」が最初だったからなのですね。
センター試験もここ数年でシステムがいろいろ変わりましたが、うちの息子が受ける頃にはまた変わるんだろうなーとか思ってます。
お話の続きをまた楽しみにしていますね。それではまた。
Commented by taba-aki at 2006-01-22 21:43
実は、エキサイトのTBでAppleTeaKoboさんの記事を見かけて、それでこの記事を書く気になったワタシです。
大学入試は結構複雑なので、当事者や関係者以外にとっては謎な部分が多いかと思いますね。
ワタシはベテラン受験生(苦笑)だったので、受験システムについて語らせたらいくらでも話せますが、悲しいかな年々システムが変化するので培ったスキルも古くなるばかり...

そんな訳で役に立たないかもしれない思い出をちょこちょこ書いていこうかと思ったわけです。

もっとも、もう二度と大学受験はしたくありません。
流した涙とお金と時間のことを考えると....
Commented by H.O at 2006-01-28 23:53 x
ども6年のH.Oです。
読んでいたらウズウズしてヤフーでセンター試験のミニテスト受けてみました。
制限時間は各科目10分ですけど、実際にはセンターとはぜんぜん形式が違う一問一答でした。正味3分くらいで終わります。だってじっくり考えたってわかりません。
すっかり引退した身ですから。
すぐ終わるので気分転換にオススメ。
http://shingaku.edu.yahoo.co.jp/shingaku/center/ouen/test.html
で、とりあえず英語、古文、漢文、世界史、化学と受験してみました。
物理と日本史は怖くてまだやれずにいるヘタレです。
生物と地理があれば受けるのに・・・
現役の時よりも衰えを感じる点数。
それでもどの科目も国家試験模試よりはまだずいぶん解ける。
現実逃避は楽しいなぁ。楽しいなぁ。
世界史や漢文が国家試験にでないかなぁ・・・
だってさぁ、教科書電話帳みたいにあついしさ、それが20科目もあればさぁ、一度も講義受けたことのない日本史を一からやるほうが楽そうな気がする。
いや、受かりますよ。受かってみせる!
ではでは
Commented by taba-aki at 2006-01-30 12:40
この時期ミニテストさえする気のあるOさんなら、国語が国試範囲に入っていても受かるような気がしますよ。

受験生を卒業して何年もたっているので、さすがにワタシもセンターは当時のような得点をとるなんて無理。毎年新聞掲載の問題を見ては「へぇ、こんなの出たんだ」と感心するだけですよ。

世界史はワタシも好きなんですが、最近はもっぱら架空の国をでっち上げて、お国騒動の話を考えるのに使っていて。えぇ、そういう漫画もちょっと描きましたし。
Oさんのミニテストに比べると、ホントに実生活に役立たない現実逃避です。
by taba-aki | 2006-01-21 19:19 | 昔ばなし | Comments(4)