ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

ピクサーがディズニーに...

ディズニーがピクサーを買収、ジョブズCEOはディズニー取締役に

3DCGアニメスタジオのピクサーがあの巨人・ディズニーに買収されるそうで、びっくり!!
だって、ディズニーと契約打ち切って離れるとばかり思っていたから。
っていうか、ジョブズってアップルだけじゃなかったんだ。



もっともディスニー・アニメを好んでみる方ではないので、ピクサー作品は妹が友達から借りてきたDVDで見た「ファインディング・ニモ」、「トイ・ストーリー1、2」、海外旅行の機内映画で見た「Mr. インクレディブル」しかないんですが、あの3D表現は結構好き。


ピクサーの何がすごいって、人間以外のものを自然に動かせるとこ。
その気になれば実写のような3D映画を作れる実力があるのに、親しみやすいキャラクターを誰にでも分かりやすい物語で自然に動かしている。
そのくせにストーリーにちょっぴり大人の事情みたいなところも入れていたりして、ただの子供向けで終わっていない。


ニモは、キャラはデフォルメされているのに動きは魚として自然。DVDのメイキングによれば、かなり魚の動きを研究したとか。それだけに特徴あるキャラクターデザインもそれほど気にならなかった。

トイ・ストーリーは、キャラはおもちゃなのに動いている。だけど、それは生き物の動きのようであくまでおもちゃという点をしっかり外さないから、デフォルメした人間キャラのようには見えない。そしておもちゃとして人間と同じ画面にいる時は、無機物らしくかくかくした動きを、それこそ自然に表現している。

Mr.インクレディブルは物語的にはちょっとアレなんですが、まさに3Dのいいところを生かしたような、超人家族の人間離れした動きを見事に表現しています。
まぁなんですか、ワンピースっぽい「ありえねえ」的ハチャメチャな動きなんだけど、「いかに3Dで実写のように表現するか」という命題とは全く逆の試みで面白かったです。



以前ディズニーとの契約更新をしないというニュースを聞いたときは、ピクサーも映画を独自配給する実力をつけるつもりなのかしら、ここ数年のディズニーアニメはピクサー作品に負うところ大なのに、ピクサーが離れたらディスニーどうなちゃうんだろうと興味しんしんでした。

それがピクサーは契約更新どころか吸収されちゃいましたからねえ。
さらなる大資本で自由な製作ができるのか、はたまたディズニーの歴史の重みに枷をつけられてしまうのか、どうなんでしょう。

ただ、ピクサーは「普通の人間」の表現が若干弱い気がするので、人間キャラでディズニーお家芸のミュージカルができるかどうか期待したいところかな。





そういえばCGそのものの技術なら、日本のスタジオも負けていないハズなのに、どうも長編アニメーション作品となるとこれと言ったものがないような気がする。
アニメ製作はほとんどCG化されているのに、2Dのさらなる表現としてのCGばかり進化して、相変わらず3Dがメインなのはゲームばかりと。

日本の3Dはリアルを追求するみたいなところがあるけど(だから、2Dアニメで3Dを部分的に出されるとどうも画面から浮いたような感が拭えない。種シリーズの戦艦航行シーンなんか最たるもので)、どうもその技術に物語や設定がうまく組み合わない。

劇場版ファイナルファンタジーなんか結構昔にも関わらずALL3Dで動きもすごいんですが、どうにも物語がイマイチで。
せっかくの3Dが生かされていないような気がして、つまんなくてTV放映の時は30分で挫折....

最後まで見なかったアニメって、後にも先にもこれだけかも。
[PR]
Commented by ムッシュ俺様 at 2006-01-27 20:41 x
ピクサーはデズニーと違いオリジナル作品を作る気概があったのでデズニーの傘下に入ることでダメにならないかと私も心配しております。トイ・ストーリーは昔から好きですので
Commented by taba-aki at 2006-01-28 15:33
ムッシュさんコメントありがとう。
そういえば昔話や伝説からアイディアを取ることの多いディズニーに比べると、ピクサーは明らかにオリジナルで勝負!なスタジオでしたね。
実はピクサーと組みはじめた頃、ディズニーはもう昔話路線やらないのかな〜変わったな〜とちょっぴり残念に思ったものです。
今後旧ピクサー陣営が古き良きディズニーを意識して妙に縮こまってしまわずに、新しいディズニーの映像を見せて欲しいものです。
by taba-aki | 2006-01-25 19:29 | 漫画・アニメ | Comments(2)