ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

入試の季節

28, 29日はワタシの通う大学の第一期入学試験。
もしかしたら、受験生の方が漫画部HPのリンクからこの日記を見ている人がいるかもしれないので、陰ながら応援したいと思います。


人並みに受験勉強をしていれさえすれば合格するはず。

獣医学科は人並み以上の勉強と運が必要だけど、諦めさえしなければ合格は夢じゃない。



縁起でもないかもしれませんが、受験は最悪の場合を想定して行動した方がいいかもしれません。つまり、2月の入試ピークが終わっても最善の結果がでるまで勉強の手は休めないということ。

ほら、うちの大学って3月の二期入試があるから!




偉そうに言ってますが、ワタシも5年前はチキンハートな受験生だったわけで。
まわり全てが自分より賢そうに見えたもの。

合格したあかつきには、ぜひ漫画部に一度見学にいらして下さい。
うちはそんなに濃い人の集まりじゃないですから。
一応ささやかに宣伝ということで。

(絵画研究会にも籍を置いているけど。社会的防衛のための隠れ蓑ってやつですね。)



そういえば、獣医を再受験すると言って部をやめた後輩はどうしてるかな。
明日、うまくいってるといいなぁ.....




道外出身者が多いうちの大学は、本校受験よりも地方受験会場(東京、大阪、福岡、盛岡)で受験する人数の方が多いという不思議な大学。
なので、入試があるということをほとんどの学生は意識なんかしてません。
校舎1棟しか使わないから、大学内立ち入り禁止になるわけでもないし(周囲を広大な牧草地に囲まれているので、見張りがそもそも無理)。
下見に来る受験生だって、付属の高校生かと勘違いされるだろうし。
それに試験中だから、そんなことに気を使うわけがないというのが正直な所かも。

受験生を歓迎するという雰囲気が盛り上がらないのは、そんな理由もあるかもなぁ。

ワタシなんか、今日は試験疲れのため部屋でごろごろしていたよ....
[PR]
by taba-aki | 2006-01-28 23:53 | 日常 | Comments(0)