ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

あどりぶ銀英伝

昨日から帰省して実家にいます。
近所のリサイクルショップ「鑑定団」で珍しいものを見つけました。

絶版になって久しく、手に入れにくいであろう銀英伝のアンソロジー本
「天下無敵 あどりぶ銀英伝」

c0014117_215272.jpg徳間書店から平成6年発行発行と今から10年以上も前の本で、ワタシもヤフオクでしかその存在を知らず、実物なんて見たこともなく。
当時の定価は1200円で、オークションだと結構な値(500-1000円)がつくのでなかなか手をだせずじまい。それが、少女漫画コーナーの徳間書店エリアにさりげなくおいてあるじゃないですか!しかも付録CD付で。

一部破損ページがあるけど、CDついていて100円だし、今度いつお目にかかれるかわかないし、その時は絶対100円なんかで買えないだろうと思ってゲット。



中身はギャグオンリーのパロディですが、いやなんていうか、確かに面白かったんだけど...
なんだか、どのキャラもあまりにも馬鹿すぎる。
ギャグなんだからそういう性格設定は当然だがな、と分かっているものの、敬愛する双璧にそんなアホなことやらせないで~と思っちゃう。


付録CDなんてさらに怖くてまだ聞けてません。
アニメの帝国側メインキャラのオリジナル声優さんが出演してギャグをやってくれるらしいんだけど、ワタシの中じゃ帝国の人がギャグやるって受け入れがたいんですよねぇ。
二次創作のギャグを否定するわけじゃなくて、個人的に微妙な気持ちになるっているか。


やっぱりワタシの脳内のキャライメージが一番素敵だよなぁ。
5年ファンやっていたら、すっかり脳内で理想化してるもんなぁ。

結局イメージが狂わされるから、いつまでたっても怖くてイベントに行って同人誌が買えない小心者なワタシなのでした。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-09 21:20 | 銀英伝 | Comments(0)