ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

そうか、windowsが動くようになるのか!

アップル、Boot Campを発表

今日実家から戻って参りました。
飛行機の中で、知り合いのカップル(lovelove旅行だったらしい)と同じ飛行機、近い座席になって非常にバツの悪い思いをしてきました(汗)。
もちろんちょっかいを出すなんて野暮なことはせず、その後単独で帰りましたよ。
このカップルには去年のクリスマスに小樽でも会ったのだけど、偶然って恐いなぁ。


さて今日の一番びっくりは上記の事ですが、2番目はやっぱりBootCamp!
IntelMacで再起動によりMacOSXとWindows XPが交互に利用できるソフトのβ版が発表されました。
IntelMac発売が発表されたときはwindows起動を期待されたのに、結局やっかいな手順を踏まないと出来ず、CPUが同じになったからといってそうおいしい話にはならないのかと思ってましたが、発売から約2ヶ月たってようやくアップル公式発表とは。
次期OS・X10.5には標準機能の一つになるらしいですから、これはもう期待大ですね。


何しろ今使っているPowerBookも今年の夏で5年目に突入し、HDをだましだまし使っている身としては買い替えたい気満々。だったら、10月頃に発売されるであろうOSX10.5搭載のiMac買おうかなぁ〜という気持ちになってきます。
理由はそこだけじゃなくて(だったらとっくにG5マシン買ってるし)、ネット関連も含めてMacじゃ足りないところが増えてきたので、Winマシンを買おう買おうと思ってこれも早1年以上経過。どうしてもスペックと値段とデザインを満たすマシンがなくてなかなか買えずじまいな状態なわけです。

新しいMacは欲しいはwinマシンは欲しいわ、身の程を考えずAdobe Creative Suiteは欲しいわ、ついでに地デジ対応テレビが欲しくなってきたわで、その中でMacもWinも両方使えるのなら、願ったりかなったりですもん。
この際、次期WInOSのvistaはどうでもよくなってきました。

ぶっちゃけ、Winが動くというよりもWin対応のソフトがMacで動けばOSがMacのままでもなんの不満はないのです。っていうか、むしろその方がありがたい。
Winのような無骨な印象のOSは、できれば使いたくないのが正直な所なんですよ。
ありがたいのは右クリックでメニューが出るくらいだし。


win環境が手に入ったらですねえ、
ゲームに手を出しそうで恐いんですけど。
[PR]
by taba-aki | 2006-04-06 21:57 | パソコン・ネット | Comments(0)