ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

宮城県職員採用2次試験(獣医師)顛末記

過日幸いにも宮城県の1次試験に通ったので、19日に2次試験で仙台に行ってきた。
1次試験の時は東京会場で受けたけど、今度はさすがに仙台まで赴かなくてはならない。でも、去年の夏に獣医師職場見学に仙台に行ったし、2週間前に福島県を受けた時にも仙台空港利用したし、土地カンに特に不安はなかった...はず。

それなのに、空港からバスで仙台駅についた時、地下鉄乗り場が分からなくて無駄に歩き回ってしまったワタシって。
結局、停留所からすぐ近くだったよ。



2次試験の概要は以下の通り。

会場は県庁裏手の自治会館2階で、福祉総合職の人と一緒の部屋。獣医は10人の受験者がいて欠席者なし、これで募集人数が3名だからここの県も結構厳しいものがある。一人くらい欠席してくれたらライバルが減ったのに〜ちえ。
試験内容は、適性検査、論文検査、人物考査(個別面接)。面接は2日間に渡って行われて、ワタシは当日に全部終わったけど翌日にまわされた人も4人くらいいた。たぶん地元の人がそうじゃないかと。だってワタシと同じ学校の人はみんな当日面接だったし。


午前中はまず、9時から面接カード記入が30分ほど。学歴、家族構成、志望動機、最近関心のあること、趣味といった当たり障りのない項目ばかりで、それほど記入量を要求されるものじゃなかったけど、30分はちょっと厳しかったな。

休憩を挟んで適性試験。最初にクレペリン検査で、これってもうワタシ2週続けてやっているから今回で3回目。さすがにコツなんかも分かってきちゃったし、正しい結果が出るのかね?と思いながらやっていた。地道な整数計算は疲れることには変わりはないけど。
その次に性格検査。質問に自分があてはまるのを選ぶってやつでこの手も3回目なんだけど、受けた自治体どこも使用している検査用紙が違うのには驚いたな。この試験っていったい何種類あるんだろう。ただ、質問数としてはダントツで宮城が多かった。300問以上あったような気がする。かぶった質問がいくつかあったけど、あれって意味あるのかね?


午後12時55分から2時間、獣医だけ会場を移して論文検査。正確な課題文は忘れちゃったけど、「食肉や卵、乳製品などの畜産物に対する消費者の食の不安が高まっているなか、獣医師の果たす役割を考察し、あわせて県の獣医師になるにあたっての抱負を書け」という感じのものだった。食の安全が出るのは毎年のことなので、一応勉強はしてきたんだけど、結局一通り論文を書いて他人にみてもらうってことはできなかったんだよね。
解答用紙はB4サイズで罫線が27行ひかれているものが3枚。ええ?3枚も書くの?思わず字数にして何文字書けばいいんだよって計算してみたら、1枚あたりだいたい1000文字。2時間で手書き3000文字は無理だっつーの!昔予備校で論文問題は指定文字数の8割以上書けって言われたけど、文字指定じゃないから今回はどこまで書けば大丈夫なんだろうと不安になりつつ、無理矢理3枚目にちょこっと突入するところまで書いた。


最後は面接。時間は一人あたり約20分ほど。控え室に係の人がいて、順番が来たら教えてくれる。
でも、ワタシはトップバッターだったからもう論文試験が終わった直後から緊張しまくり。

面接は面接官3人が順番に質問していく形式。このパターンはこないだ受験した福島と愛知と全く同じ。もしかしてこれがスタンダードな形なの?
ゼミの院生Rさんが宮城を受けた時に「趣味で辛かったことは?」という答えにくい質問をされたというのを聞いていたので、趣味についてはどんとこい!と準備をしていったのに、趣味のことなんか何ひとつ聞いてくれない。ついでにいえば、最近関心のある出来事ということで、またもや躁鬱病のゼミの先生(さすがに「知り合い」とぼかしたけど)と面接カードに書いたのに、これも全く触れてくれない。っていうか、今まで3か所で面接受けてどこも聞いてくれなかった。あとでゼミ生にこのことを話したら「チャレンジャーだ」と言われたけど、聞かれなかったんだから何も話してないし、チャレンジャーになり損ねた。
結局聞かれたことといえば、家族のこと、実家でどんな話をしているのか、獣医を志した理由、宮城県の志望理由、志望する勤務内容、併願先、親は宮城県を受験することを何と言っているか、赴任できない地域はあるかというやっぱりありきたりなこと。
去年の夏に宮城県獣医師の職場見学に行ったので、そのことを話したら見学先を聞かれたっけ。
そういえば、大学のある江別市について教えて下さいってのがあった。一通り話した最後に、風が強いので学生は「風のまち江別」って言われてますとユーモアかましたつもりだったのに、いまいち受けが悪かった。笑いのセンスはないんだな、ワタシ。


全て終了したあと、何故だか急に恐怖感に襲われて恐くてたまらなかった。
失敗したというのではなく、あぁ、また余計なことを言ったんじゃないかという後悔からの不安のせいだと思う。



とりあえず、公務員試験受験の旅はこれでひとまず終了。
せっかく宮城まで来たし、もしかしたらもう来ないかもしれないということで、仙台空港で名物の牛タン定食とずんだ餅を食べてみた。
あぁ、去年地下鉄の「スキップカード」を買っていたから今回使おうかなと思ったんだけど、やっぱり使いずらかった。
だって、ハガレンのカードだったんだもん(汗)



<参考記事>
宮城県職員採用1次試験(獣医師)顛末記
「鋼の錬金術師」スキップカード
[PR]
Commented by はじめてくん at 2006-07-23 20:37 x
はじめまして。
実は僕も宮城県の県職員を受けています。
それで、面接カードの中身が知りたくて探していたらここにたどり着きました。めちゃめちゃ助かりました。同じことを祈って明日がんばってきたいと思います。
勝手に書いてすいません!お互いがんばりましょう!
Commented by taba-aki at 2006-07-24 22:30
面接はいかがでしたか?こんなおもしろおかしく書いた文章でも、少しはお役に立てるものなんですね、ちょっと嬉しいです。

Commented by はじめてくん at 2006-07-25 10:09 x
県職員のほうは面接は別の日なんですよ。
愛知県残念でしたね。でもまだ、福島と宮城が残ってますね。
お互いがんばりましょう!!
Commented by taba-aki at 2006-07-26 00:31
面接が別の日とは、他の職種の試験は複雑なんですね。失礼しました。改めて、頑張ってくださいね。
訪問者の方にまで励まされたからには、いつまでもくじけてないで頑張らないと!
Commented by 初めましてさん at 2016-01-17 02:41 x
元地方公務員獣医師です、前から読ませていただいてますが、結局どこに就職されたのですか?
よかったら教えてください
Commented by taba-aki at 2016-01-18 22:39
宮城県です。
4月から10年目に突入です。
震災も乗り越えました。月日が経つのは早いものです。
Commented by BIV at 2016-08-19 10:15 x
初めまして、獣医大学6年の者です。
先月、宮城県職の二次試験が終わり、本日無事に合格しました。
試験前には、このブログを見て参考にさせていただきました。本当にありがとうございました!
宮城県職が第一志望なので、4月からお世話になります。
配属はどこになるか分かりませんが、いつかお会いできることを楽しみにしています。
Commented by taba-aki at 2016-08-21 20:43
採用試験合格おめでとうございます。
また、ご丁寧に報告頂きありがとうございます。
環境生活部に配属になりましたら、おそらく私と会う機会もありましょう。
今更ですが、最近身バレするのもやばいかと仕事の話はあまり書いていませんが、
真面目に働いているので、どうぞよろしくお願いします。
by taba-aki | 2006-07-20 23:58 | 日常 | Comments(8)