ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

カテゴリ:漫画・アニメ( 62 )

【落書き】前原少将

c0014117_20573360.jpg

GyaOで「紺碧の艦隊」アニメを見ました。
実在の戦史を元にした架空戦記は今までなんとなく食指が動かなかったんですが、基本的に戦争物は好きなのでちょうど他に見たいアニメも少ないし1話くらい見てみようかと思ったのが7月。

感想:めっちゃ面白かったわ、これ!
大日本帝国軍の圧倒的強さに、いくらなんでも作り過ぎだがなと思いきや、突き抜けた感のある戦闘シーンがむしろ快感。
日本海側の隣の国がウダウダ言っているのを吹き飛ばすかのようなフィクションにハマりましたよ、これ。
夏コミ原稿の真っ最中だったのに、むしろ描きながら見ていたって始末で。
描いてるの銀英伝の同人誌だし、まぁ似たようなもんだろうて(笑


そんなわけで、描いてみたのが主人公の紺碧艦隊司令官・前原一征です。
資料があんまりネットに落ちていなかったので、色々適当です。
ですが! 格好良過ぎてくらくらします。
司令官属性に弱いので、ピンポイントでやられました。
双璧の次くらいに好きかも!
っていうか、独軍のマイントイフェル君が性格の悪いミッターマイヤーみたいに見えるわ(鬱


原作も読もうかと本屋に行ったら、もはや過去作品すぎて中規模店程度じゃ置いてないのね。
電子書籍は出てるけど、目が疲れるんで紙で読みたいんよ。
仙台まで出たら売ってるかな。
[PR]
by taba-aki | 2015-09-09 21:52 | 漫画・アニメ | Comments(0)

THE LAST -NARUTO THE MOVIE-

c0014117_22414486.jpg

22日にNARUTOの劇場版・THE LASTを仕事帰りに見てきました。
理由は、福利厚生でもらっている施設利用券の期限が切れそうだから映画でも見るかという消極的なものですが、先月幕張メッセで開催したジャンプフェスタで特設ブースとか見てたら、行ってもいいかなぁと興味がでてきていたので(ちなみに、今までNARUTOの映画はどれも観てません)。

でもなぁ、好きキャラはエロ仙人と初代火影様だしなぁ、二人とも故人だし出ねえよ。
しかもナルトとヒナタのラブロマンスだろーNARUTOに恋愛なんて求めていないんだけどなぁとあんまり期待しないで見に行ったんですが…


冒頭シーンで初代様出てるじゃん!柱間さま超かっこいー!!
とテンションあがってきました(そこかよ、みたいな)。


とりあえず面白かったですが、本当にヒナタ主人公映画です。
彼女がすごくキレイです。マフラーを編むシーンなんて背景の素晴らしさもあって息をのむ美しさです。
けれど、どうにも違和感なのが、ヒナタよりナルトが先に「ヒナタが好きだ」と言ってしまうあたり。
鈍感でど根性忍道のナルトが、ヒナタの想いに触れて、それで自分も好きだなんて展開にどうしてなるんじゃ!
幼い頃からナルトを一生懸命追いかけてきたヒナタを先に告白させてやれよって。

大人になっていくナルトくんを描いているんでしょうけど、恋愛を主軸に置いたせいかナルトがちょっと色々女々し過ぎ。
愛を覚えてなんか普通の男になっちゃったなーって感じで。
ドラゴンボールの孫悟空夫婦みたいな関係がナルトには似合うと思っていたのになぁ…


余談ですが、今回観客は自分と2,30歳代の兄ちゃんの2人。
20時開演だし、公開1ヶ月以上経過したアニメ映画だし、地方シネコンだし、当然といえば当然ですが、むしろ周囲に気を使わないで観たいのでわざわざ狙いました。
窓口でチケットを買う時に「席は全部空いています」と言われた時はさすがに驚いたけど。
[PR]
by taba-aki | 2015-01-22 23:58 | 漫画・アニメ | Comments(0)

マクロス超時空博覧会

スパコミに参加して来たあと、時間があったので池袋サンシャインシティで開催していた「マクロス超時空博覧会」に行ってみた。
マクロス放映30周年企画みたい。

自分の中では「初代マクロス〜マクロス7」で止まっていて(マクロスFは途中までしか見てない)、一緒に行った友達は「マクロスF」しか知らなくて、お互い様でいいんじゃないかね?ってことで閉会時間18時まで1時間くらいしかなかったけれど、のぞいてみました。

いやあ、見事にマクロスFが8割な博覧会でした。
他のシリーズなんて、歴史を振り返るみたいなコーナーくらいしか出ていないよ。
キャラ紹介も「F」のキャラだけだし、博覧会なら他のシリーズもださんかい!

映像以外は写真撮り放題だったので、3D系なものを中心に撮ってきました(ケータイだけど)。
c0014117_21452282.jpg

実物大バルキリー!
これは凄かった。
手の上に乗れるらしいんだけど、撮影に必死なお兄ちゃんたちの前に出るのがかなり恥ずかしいのでパス。係の人はめっちゃ勧めていたんだけどねぇ、無邪気に乗るには歳をとりすぎてるよ…
天井の高さの都合もあるだろうけど、バルキリーと言えばガウォーク形態にして欲しかったなぁ。


歌姫コーナーに3人のヒロインの頭身大フィギュアがありました。
c0014117_21493769.jpg

まずはランカちゃん。
ローアングルで撮影しないでと注意書きが。そんなやついるわけ…あるか。

c0014117_21515255.jpg

シェリルです。
ふわふわ髪の再現もなかなかで、いい造形だと思います。
ランカよりはフィギュアにすると映えるキャラだなと。

c0014117_215496.jpg

最後にミンメイちゃん。
いや、もうちょっと可愛く作ってあげようよ…足を細くするとかさ。
劇場版の衣装もいいですが、TV版デビュー時のひらひら衣装も結構いいと思いマス。


あれ?ミレーヌは?
マクロス7無視かい!


そういえば、ランカとシェリルのコスプレをした人とかいました。
そうか、あの無駄なステージはコスプレ撮影会用だったのか!(売店でコスプレ衣装も売ってたしな)
[PR]
by taba-aki | 2012-05-07 22:10 | 漫画・アニメ | Comments(0)

土方さんて…

GyaO!で薄桜鬼 碧血録をようやく見終わったわけですが、
いやぁ土方さん、いい男でした。ロイエンタールっぽくて(そこかよ)。

刀を振り回すよりも、後半の指揮官然としていたほうが断然好みです(その辺は個人差ということで)。
新政府軍の圧倒的戦力を前に対抗する姿は、皇帝ラインハルトに叛逆をしてしまうが故に第二次ランテマリオ星域会戦で圧倒的物量を持つミッターマイヤー率いる皇帝軍と立ち向かわざるを得ないロイエンタールを彷彿させるので、違う作品なのに途中でうるうるしてしまいました。
見るポイントがずれてるような気がするけど、まぁ気にしない。

新撰組にそれほど思い入れはないのだけど、以前に函館旅行で五稜郭に行った時にみた土方像がえらく男前でドキドキした記憶があります。
有能な男が、時代に対抗出来ずに散ってしまうというシチュにちょっと弱いワタクシでした。
[PR]
by taba-aki | 2011-10-29 23:24 | 漫画・アニメ | Comments(2)

タイバニ、見ました

巷で話題のTIGER&BUNNY、ネットで見られる事に気がついた時は既に7話まで放映が終わっていて地味に悔しい思いをしていた。
で、7月6日までバンダイチャンネルで1話から13話まで一挙無料配信ときいて、ようやく最初から見られたよ。


正直、同人での大ブレイクがいまいち良く分からないけれど、アニメとしてはエンターテイメントに徹していて面白かったです。
自分的には好きキャラ決めて応援する作品じゃなくて、アメコミ風ヒーローのノリを楽しむ作品だなと。
W主人公の虎徹の行動が情けなさハンドレットパワーなので、それが残念で残念で。
キャラデサ的には好きな方だし、もうなんとかしてくれって感じ。
バーナビーの誕生日のプレゼントが自分って、そんな寒いギャグをいい大人が使わなくでくれよ。喜ぶのは腐ったお姉さんだけだよ…
銀英伝好きで真面目なお兄さんたちばかり見てるから、なんか歯がゆい。
スカイハイだって、キングオブヒーローならせめて昔の戦隊物のレッドくらいの真面目さが欲しかった。


ところで、実在の企業がスポンサーでヒーロースーツにスポンサーロゴが入ってるのが面白くて、あえて宣伝的に作っているOPがかなり好きなんだわ。見せ方うまいし。
自分のケータイのキャリアはワイルドタイガーのスポンサーだよとか、
スーパーでペプシみたらブルーローズ思い出して買いそうになったりとか(コカコーラ派なのに)、
焼き肉のタレ買おうとして牛角ブランドのをみたら、ロックバイソン思い出して噴き出してしまったりとかな。
うちの近くに牛角の店がなくてホント良かったと思うわ。ああ、でもソフトバンクショップはあるからやっぱり噴き出しそうだ(汗

あとは、ワイルドタイガーの2代目スーツが格好良くて好きなので、それ目的で見てるような感じ。
そだな、コードギアスのナイトメアっぽくてな。
フィギュアが予約開始日に瞬殺だったそうで。なんだよ、発売日後にショップでみて出来が良かったら買おうかと思ってたのに…


とりあえずあと1クール、楽しませてもらおうかと思います。
[PR]
by taba-aki | 2011-07-02 21:42 | 漫画・アニメ | Comments(2)

アニメバクマン特番

大晦日の今日は、朝からバクマンの13話一挙再放送を見ながら年賀状の一言コメントを書いていた(印刷は早かったのに、やはり出すのは大晦日になってしまった)。
はぁ、ワタシなんか漫画かくのにあんなサイコー達みたいな努力してねぇよ…と反省することしかりだ。
本放送は時間帯が微妙なせいか、よく外出して忘れたり携帯のワンセグで見たりすることが多かったので、再放送は結構助かる。実家の大画面テレビで見るとまた違った印象だった。

で、問題は総集編前後の「バクマン。10の謎を追え」だ。
週刊少年ジャンプ編集部や原作者の小畑先生のスタジオを芸人のトータルテンボスが訪問するのはまだいい。
小畑先生はやはりお姿を見せてはくれず手元だけの撮影だったけれど、ペン入れの様子がアップで見られたのはよかった。
しかしですよ!
いくら企画物だからとはいえ、漫画描きが素人な芸人に持ち込みのマネをさせるのはいかがなものかと思う。
だって見せるの編集長だぜ、どんな作品を持ち込んだのかと思えばA3サイズスケッチブックに鉛筆書きの2p漫画や設定のみ。当然絵もネタも小学生レベルだ。
おいおい、どんだけ漫画家志望を馬鹿にしてるんだ。ていうか、このスペシャル企画したやつ、持ち込みの真剣さをわかってないだろ。
これだったら、漫画やイラストを描く中川翔子に持ち込ませた方がまだ許せるってもんだ。

持ち込みなんてしたことがないワタシですが、漫画描きをかじっている身としてこれはちょっと腹がたったな。
[PR]
by taba-aki | 2010-12-31 23:00 | 漫画・アニメ | Comments(0)

ダンクーガ見終わった

GyaO!でやっている超獣機神ダンクーガ全38話をようやく見終えた。
昔見たはずなのに、キャラとOP曲しか覚えていなかったので、初見に近い感じで結構楽しめた。


でもなー!
シャピロが最後に死ぬってことは知っていたけど、ちょっとアレだったよなー。
味方に見捨てられて最小戦力しか残っておらず、獣戦機隊にボコボコにされてしまう。
やっとの思いで木星付近の前線基地に引き上げたものの、駐留部隊はもぬけの殻。かつては副官的立場にいたルーナにビームサーベルで胸を刺されてしまう。
戦力も失い、プライドをズタズタにされたシャピロは半ば気が狂ったかのように叫び、そしてかつて恋人だった沙羅に撃たれて…

最後は女にトドメを刺されて死ぬのかよ!
「神になる」と壮大な野望を抱いた男の末路が、味方に捨てられ、捨てた女の情愛のもつれで終わるのか。
シャピロも結構ひどい男だったが、なまじし有能すぎる奴だっただけに気の毒な死に方だった。


気の毒と言えば、銀英伝のロイエンタールの死に方が本当に気の毒だった(だって非常に有能な男が、陰謀に陥れたために死ぬ羽目になるんだぜ…)。ロイとシャピロの声が同じ若本さんなので、つい比較をしてしまう。
だけど、ロイエンタールは死が近づいても最期までロイエンタールらしく描かれていたから、むしろその姿は神々しくもあった。
だけどシャピロはなぁ、もう少しマシな最期を用意してあげて欲しかったな。
プライドが高過ぎたせいで全てを失ったとき狂わざるを得なかったのだけど、せめて最期まで冷静さを維持して欲しかった。敵に突っ込んで玉砕するなり、ルーナに刺された時点で彼女を道連れにするなりすればいいいのに、なんだか急にヘタレになった感じになってもったいなかったよ。


って、20年以上も前のアニメに文句を言っても仕方がないんですが、つい。
物語的には決着がついていないので、続きのOVA版が見たくなっちゃったなー。
GyaOで配信しないかな。
[PR]
by taba-aki | 2010-11-03 22:26 | 漫画・アニメ | Comments(0)

似てると思うんだけど…

戦国BASARA2の放映時に、TMRのCMで「Naked arms」を初めて聞いたとき思ったこと。
どこかで聞いた事あるよなー、そうだコードギアスの特番STAGE24&25で使われた「瞳ノ翼」じゃね?って。
うろ覚えだったのでyoutubeとかで検索して確認したわけですよ。
そうしたら、TMR曲はゲームのBASARA3の曲じゃないですか!もう…時間的にも3年くらい違うよ。

サビの部分は絶対似ているはず!
と確信していたんだけど、改めて聞き比べてみたらあんまり似ていないかも。
でもねー、Naked armsを聞くとコードギアスを思い出すし、やっぱり個人的には似てるような気がするわけで。
そんなわけで、最近この2曲がマイブームです。

っていうか、最初「瞳ノ翼」はTMRが歌っていると思ってたわ。

「瞳ノ翼」

「Naked arms」

[PR]
by taba-aki | 2010-09-13 23:09 | 漫画・アニメ | Comments(2)

GyaO1周年記念特集でベクシルをやっていたので見てみた。

背景やメカニックのCGが凄かった。
キャラは2.5次元という感じで、動きがやたらリアルだった。
とにかく、映画館で見たらきっと「おお!」と驚くに違いない映像だったのだが、私的には微妙な作品だった。

背景が3DCGで、キャラもリアル造形、動きもリアルとなったら、なんだかアニメじゃなくて実写を見ている感じ。例えて言えば、写真をPhotoshopのフィルターでイラスト加工をしたようなものを見た感じなんだわ。実写としてもアニメとしても中途半端な感じがして。
日本国内だけではなく、世界市場を視野に入れているのでリアル志向を目指したらしいけど、普通に実写の特撮にするか2Dのアニメにするかどっちかにして欲しかったな。「攻殻機動隊」くらいのリアルさでいいのに。


ロボットやアンドロイドを製造して世界を席巻する日本企業が、人間の細胞を金属化するナノマシンを注入して人間を機械化してしまおうとたくらむ設定は結構好きだ。
しかも、死に至る伝染病を予防するためと称して国民にワクチンを接種したのが機械化ナノマシン液だという無理矢理な設定も笑ってしまったけど、好きだ。
けどね!
その壮大な実験の果てでも成功しないらしく、人間を越えた超人がさっぱり出てこない(強いていえば、企業サイドのオッさんくらい)。
機械化しつつある人々はスラムに押し込められ、昭和30年代の都市部かどこぞのアジアの市場みたいな印象の街で「人間らしく」を望み暮らしている。

んー、ここはひとつ、人間性を完全に失いロボット化してしまった人々を相手に戦わざるを得ない主人公たち!ってなシチュエーションが欲しかったな。
そして、主人公ベクシルの恋人レオンは捕虜になった際に機械化ワクチンを打たれるべきだった。
元来の戦闘力に加え、敵の最強の戦士となってベクシルたちと対峙するが洗脳が解けて自分を取り戻す。しかし脳の機械化を止める事ができず最後はラスボスとともに死ぬって展開が…
ええ、こういうベタな展開好きなんです。

後半のストーリー展開がやや単調で、映像の迫力の割にもったいないなぁと思う作品でした。
[PR]
by taba-aki | 2010-09-03 23:56 | 漫画・アニメ | Comments(0)

5月5日9時半から25時までNHK・FMで放送していた、今日は一日”帰ってきたアニソン”三昧。
買い物に行ったり、ギャオでミンキーモモとマイネリーベをみたりとか、ゲストのトークが痛すぎて聞くに耐えなくなったとか(なんでこんなテンション高いのかと…某エヴァ芸人とか)、途中で中断が多かったのだけど、ぽつぽつと聞いておりました。


アニメも1960年代から数えれば50程の歴史があるわけで、アニソン三昧も時代不問にしたらも紅白のような幅広さになるなぁと実感。
結構昔のアニソンも知っているけど、ここ10年くらいのアニメやゲームソングは知らないのが多いなぁ。
イントロクイズも割とすぐ分かったけど、スーパーイントロは無理だったわ。
「ぼくらの」も、「マクロスF」も、「アクエリオン」も本編見てないし。
アクエリオンは歌えるけど、正解聞いて「ああ!」って思ったくらい、あんまり覚えていなかった…


公式サイトに放送曲リストがあったので、その中から今まで自分がカラオケで歌ったことのあるのを抜き出してみた。

132. ラブ・ラブ・ミンキーモモ / 小山茉美 [魔法のプリンセス ミンキーモモ]
129. ダンバイン とぶ / MIO [聖戦士ダンバイン]
120. 創聖のアクエリオン / AKINO [創聖のアクエリオン]
113. Tsubasa / 朝倉ゆかり [バトルアスリーテス大運動会]
106. ハム太郎とっとこうた / ハムちゃんず [とっとこハム太郎]
084. わぴこ元気予報! / 内田順子 [きんぎょ注意報!]
083. 微笑みの爆弾 / 馬渡松子 [幽☆遊☆白書]
081. ムーンライト伝説 / DALI [美少女戦士セーラームーン]
077. Be My Angel / 榎本温子 [機動天使エンジェリックレイヤー]
074. プラチナ / 坂本真綾 [カードキャプターさくら]
069. 天使の絵の具 / リン・ミンメイ(飯島真理) [超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか]
065. CAT'S EYE / 杏里 [キャッツ・アイ]
060. ゆずれない願い / 田村直美 [魔法騎士レイアース]
059. ブルーウォーター / 森川美穂 [ふしぎの海のナディア]
054. 魂のルフラン / 高橋洋子 [新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生]
053. 残酷な天使のテーゼ / 高橋洋子 [新世紀エヴァンゲリオン]
051. 氷の上に立つように / 小松未歩 [名探偵コナン]
049. 夢色チェイサー / 鮎川麻弥 [機甲戦記ドラグナー]
042. アンパンマンのマーチ / ドリーミング [それいけ!アンパンマン]
031. JUST COMMUNICATION / TWO-MIX [新機動戦記ガンダムW]

20曲か、意外と少なかった。
しかも若干古めの曲ばかりだ…
ちなみに、アンパンマンとセーラームーンとハム太郎ときんぎょ注意報は自分的にはネタソングです。
オタじゃないメンツとのカラオケで、ネタ切れの時に「ごめんね!」と歌うヤツ。


思えば番組じゃ森口博子の曲が一つもなかったなぁ、歌いやすくて好きなんだけどな。
ジャンプアニメも思ったより少なかった(最近の作品は銀魂とONE PIECEくらい?)。
子どもの日にやる割には、小中学生にはマニア度が強い番組のような気がしたよ。放映中の作品曲少ないし。
…まぁ、それくらいじゃないと面白くないけどね。


追記
トリ曲が地獄先生ぬ〜べとはまた微妙な。
16時間全部で152曲流したそうだけど、目標200曲ってそりゃ無理だわ。
だって、途中のトークが長過ぎるんだよ。それで飽きてラジオのスイッチを切ったことが何回あったことか。
トークを適度に切って曲を流せばいいのにとイライラしたわ。
[PR]
by taba-aki | 2010-05-06 00:44 | 漫画・アニメ | Comments(0)