ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

添付ファイルの話

だから、私はそんなにパソコンに詳しいわけじゃないのに、なんで頼られるんだろう...。今日も試験前半週が終わってほっとしたなかゼミ室に行ったら、早速先生に捕まっちゃいました。

「変なファイルが送られてきたから見て!」
変なファイル?大方圧縮されたやつが添付されたんだろうと見当つけて出向いたら、やっぱりそう。出版社から校正原稿をZIP形式で圧縮して送られたが、それが先生のMacで解凍できなかったらしい。


先生も馬鹿じゃないので、出版社に再度メールを送って解凍可能なソフトを紹介してもらったのだけど、解凍できても文字化けしてしまって駄目(っていうか、MacOSXなんだから、標準で入っているヤツでたいがい解凍できるがな)。次にMacでだめならwindowsに送ってそこで解凍しようと、メール本文ファイルをフラッシュメモリーに落として、VAIOくんで開こうとしたけどそれもアウト(そりゃメール本文じゃ添付ファイルは入っていないよ...)。

そこで私が呼ばれたわけですが、普通に添付された圧縮ファイル本体をフラッシュメモリーに入れて、VAIOくんに差し込んでみました。そうしたら、既に中のファイルが見られるじゃないですか!いつのまに解凍したんだろうと不思議に思いながらも、そのままフラッシュを先生に返すことに。

すると、また開けないと返されてしまった。
仕方がないので、フラッシュメモリーからHDに保存しなおし、そこからフォルダーの中身だけを再びフラッシュメモリーに戻すという、自分でもよく分からない面倒なことをやって渡しました。苦情がもうこなかったので、今度は大丈夫だったのかしら。


出版社は当然多数派winを使っているから、送信先がMacの可能性があること、そしてその場合の互換性などはそんなに考えないんでしょうね。確かにね、お互いが同じOSならこんな楽なことはないですよ。Macユーザーな私は、ファイルを渡すときは相手がWinだと思って不都合がないように色々気を使うわけなんです。こないだの外科レポートだって、MacでCD-R焼いて不都合があったらヤバいと思って、わざわざゼミのVAIOくんに入れ直して焼いて提出したくらいなんだし。


一段落ついて、大学生協からのソフト関連のパンフレットを見ながら先生にぼそっと聞いてみたのです。
「あの、photoshopとまではいいませんから、ElementsでいいですからVAIOくんに入れて欲しいのですが...」
「いくらなの?」
「7800円(アカデミック版)くらいなんですけど」
「買ってもいいよ。生協で伝票もらってきて。」

やった!I先生大好き!!


言ってみるもんですわ。
試験が終わったら、早速買ってこよ〜っと。
[PR]
by taba-aki | 2005-07-29 22:19 | パソコン・ネット | Comments(0)

パソコンネタです。昨夜友達からメールでこんなのがきました。

(要約)
この間返してもらったフラッシュメモリーなんだけど、入れてくれたレポートが何やらプログラムが必要だとかって開けなかったよ。それと、前から入れてあった書類が文字化けして、しかも携帯でとった動画が消えてたの!

実は、班で実習レポーを作成するのに私がまとめ係になったので(詳しくはこの記事参照)原稿をフラッシュメモリーで受け取り、そしてMac上で作り完成したデータをそのメモリーに入れて返却したのです。直接他人のフラッシュをMacに差したのはその子のだけ。後の人はメールだったりCD-Rだったり、ゼミのパソコン(VAIOくん)入れてもらったりで、問題なかったのが幸いで。


メールをもらって考えたのは以下の通り。

レポートはここでも書いた通り、htmlで書いたのでブラウザを使ってもらわないと駄目なんだけど、それが友達に理解されなかったことが原因かも。自己満足で作ったのが裏目に出てしまったようです。やっぱり普通にワードで作れば良かったのかな。でも今売っているWINパソコンなら、もれなくIEがついているはずだから、ダブルクリックで普通に起動するはずななんだけど。

文字化けの件については、パソコンの中に入っている文書は文字化けしていないとのことから、文字設定のせいではないことは判明。MacとWInで差し替えしたからかなと思ったけど、私自身が自分のMacとゼミのWinでやりとりやっているからそれはない。

じゃ、もしかして保存したあと不適切な外し方を無意識にやっていたのかしら。それでファイルの一部が壊れちゃったのかな。だけど、動画ファイルが消えたというのが不思議でたまらない。そりゃ見てもいいよって許可くれたからMac上で再生したけど、そのせいで消えるなんてことは考えられないし。


現物を見ていないのでなんとも対処のしようがなく、しかも深夜だし試験期間中でそんな余裕もなく、原因究明は試験あけに持ち越されそうです。彼女には、フラッシュメモリーは携帯用だから壊れやすいから、たぶんデータがやられちゃったのかもってことにしておいて。


どちらにせよ、パソコン初心者の友達を試験前に不安にさせてしまって、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたよ。お詫びのつもりで、今日はレポートのデータを印刷したものを持参して渡しました。もっとも、そのレポートが必要な外科実習試験は今日だったんだけど(大汗)。


ホントごめんなさい。Kちゃん。
でもね、私だってそんな詳しくないんだよ....
[PR]
by taba-aki | 2005-07-28 21:53 | パソコン・ネット | Comments(0)

授業ノートの落書き

今日は1日、明日に備えて動物生殖医学実習の試験勉強でした。

実習とは別に生殖医学講義もあるのだけど、このノートがまた結構落書きばっかりしていてな〜。人獣共通感染症のノートと並んで落書き率高いです。もちろん板書やポイントなど必要なものはすべて書いた上での、こっそりな趣味なんですけど。

ちなみに、わたくし教室では一番前に座ってます。若干端寄りだけど。でも、漫画部の勇者な先輩たちは原稿を描いたとかペン入れしたとか、そんな伝説が残っているので私なんか全然たいしたことないです。

そんなわけで、一昨日からこの高落書き率ノート使って勉強しているわけですが、改めてみると痛いよなぁ...。
ここでほんの一部を晒してみることに。

その1わたくしが敬愛する元帥閣下。
その2中華イメージの女の子。

今思ったんだけど、その1を書いたノートの授業内容は雄畜の生殖不能症。そしてたまたまなんだけど、描いた彼は結婚後7年たっても子供に恵まれない設定。ミッターマイヤーって生殖不能症だったわけ?....そんなのやだ。エヴァたんのせいにしたい。
何やら妙なマッチングでした(大汗)。

その2を描いたノートは、実は友達にコピーされてます(大汗)。
このあいだコピーさせてと言われたとき、落書きあるし、でも消したくないんだよね...と渋っていたら
「別に気にしないから!」
いや、私が気にするのだけど。
結局押し切られて貸しちゃった。願わくは、これがその子だけの手もとにあり、他の人に子コピーされないことを切に...。
[PR]
by taba-aki | 2005-07-26 21:56 | お絵描き | Comments(0)

前期試験と誕生日

試験とともにやってきた、わたくしの誕生日。また一つ老化しました(笑)。


そして初回の試験は人獣共通感染症学。誕生日プレゼントで予想が当たるといいのに見事に外しましたよ。まさか、「アジアのウイルス性の出血性感染症」と来るとは...。
だけど、そもそも「人獣共通感染症」に興味があったから獣医学科に進学を決めたはずだったんですがねえ。小説「ホットゾーン」に出てくる米軍の女性獣医師に憧れてさ。いざ進学してみると、次々と押し寄せてくる課題をこなすのが精いっぱいで、ここ数年初心を忘れていたような気がします。
忘れていたっていうか、自分の現実が見えてきたからというべきなんだろうけど。


ところで、明日はカイザー・ラインハルトの命日なんですが、以前妹に「わたしの誕生日の次の日(26日)って、カイザーの命日なんだよ、知ってた?」と話したら、すごくどうでもいいような顔をされました(汗)。
なんだよ、妹のくせに姉の好みにちょっとくらいつき合ってくれたっていいじゃないかよう...

銀英伝好きとしては、メインキャラの誕生日やら命日やらだいたい把握している。しょっちゅう今日は誰々の誕生日だとか命日だとか言っていたら、妹はなんと「お姉ちゃん、林家ぺーみたいだ」とのたまった。

いやいや、芸にできるほど精通しているわけではないのだわ。だいたい覚えているのは月日だけであって、帝国暦何年とかまでは覚えていないし。
それより何より、数千年もの遠い未来の話だから「誕生日っていっても、まだ誰も生まれていないよ?ましてや、生まれていないのに命日なんて」と言われてしまうのがオチなのでした。


<追加 20:39>
双璧の誕生日にはケーキを買っても、自分の誕生日にはめんどくさがって買わなかったわたくしですが、結局誕生日の夜に何をしたのかというと

2ちゃんのSF板で銀英伝三昧なのだった!!


知らなかったよ、こんなにたくさん銀英伝関連のスレッドがたっていたなんて。もう何年も銀英ファンやっていたのに。
いやいや本当、ある意味とても有意義な誕生日になりました。



ところで試験期間だろ、大丈夫なのか?
いやぁ、次の試験は明後日だからつい...
[PR]
by taba-aki | 2005-07-25 15:59 | 日常 | Comments(0)

エヴァ台を使った友達

試験勉強の合間に、ミニネタをひとつ。

友達が彼氏とパチンコに行って、エヴァンゲリオンの台を使ったらしい。
「セカンドインパクトとか言って、すごい大当たりだったんだよ。セカンドインパクトっていうのが何かは知らないけどさ。」

エヴァにはまった経験のある諸君、この話をされたら君ならどちらの行動をとる?
ちなみに、友達はエヴァの知識は皆無です。

選択1:セカンドインパクトっていうのはさぁ...と相手の迷惑も顧みずに説明を始める。
選択2:その台選んだってことは彼氏くんはエヴァ好きなの?とさりげなくエヴァ関連に話を持っていく。
選択3:大当たりで良かったね、とあえてセカンドインパクトはスルーする。


わたくしの答え:
スルーしました。いや、正直なところとっても説明したかったんですよ。話を聞いた瞬間、説明してやろうと選択1をとりかかったんですから。相手も、わたしがアニメ漫画に詳しいと知っている上での話題でしたし。
だけど、「一般人に迷惑をかけないおたく」でいたい偽善者なわたしとしては、数秒後にそこは触れてはいけないところだと判断したわけです。ほら、おたくが迷惑がられる点の一つに、他人が興味なくても一方的に話を続けるところにあるし。
逆にいえば、興味ない人には決して布教活動をしないわたしは、正統なおたくとは言えないかもしれない(笑)。

あぁ。もう少し自分に正直になりたい。
なんで我慢しちゃうんだろう。


最近のパチンコはスロットを含めアニメを題材にしたのがホント多い。
ひと昔前だったら、宣伝”のぼり”が明らかにパクリだろう女性アニメキャラの絵(髪の色とかオリジナルと全く違う)だったりする程度だったのに。
わたしはパチンコをしないからどういうものか知らないけど、アニメ好きじゃない普通のパチンコマニアはどう思ってやっているのかしらね。

せめて、なんでエヴァの台使ったかくらいは聞いておけばよかった!





ちなみに、この記事で投稿100件目です。
毎日更新しているわけじゃないので、7か月も時間を要したよ。
やれやれ。
[PR]
by taba-aki | 2005-07-23 20:32 | 日常 | Comments(0)

同人女未満のみだしなみ

同人活動をしているわけではないけど、結構身にしみました。
2ちゃん、厳しいな...

http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1061367066/
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1120984587/l50


未染色バージン黒髪で腰までロングで、
しかも1本しばりで、
体重が平均以上あって、
化粧も眉の手入れもあまりしなくて、
男物シャツを着ていて、
....


全部当てはまっているよ(汗)。
痛い女だったんだな、わたし...


髪を伸ばしていることについては、オサレなパンピー友達にも言われ続けてます。
せっかく長くてきれいなんだから、もう少しアレンジしろと。
そこまで伸ばしているのって、何か理由があるの?

その子の高校時代に、コスプレ目的で伸ばしている子がいたらしく、もしかしてコスプレのため?と聞かれた。
うむ、そうきたか。コスプレはしないけど、「Yes」とでも言っておけば面倒じゃなかったかもしれん。
単に、髪を伸ばしている自分が好きなだけなのだがな。
アレンジをしないのは、単に面倒なだけなんだけど。
1秒でも寝ていたい朝だと、1本しばりが一番早くて便利なんだわ。

化粧に凝らないのも同じ理由。
クリーム塗って、気が向けばファンデ塗って、それで終わりにしちゃう。
かぎりなくスッピンに近いです。
でも、汗かいたときすぐ顔を洗えるから便利なんだけどな〜

髪を染めないのは、美容院に大枚はたくのが嫌なところが大だな。
それに、維持するのが面倒だよ、なんだか。髪も痛むし。

服は単にクィーンサイズじゃないとあう服がないだけで、しかもそこで買うと高いんだよ。生地を余計に使う分だけ。
だから、普段着だったらユニセックスなユニクロとかで買っちゃうんだよ。
新札幌の、勝手に「ラクス・クラインご用達ブティック」と呼んでいる店の服、着てみたいとか思ってはいるんだってば(この時点ですでに痛いか...)。

だったら痩せろって?
むしろ、服の方をわたしにあわせろと主張したいのだが。
スリムな人にあわせる服がデザインしやすいのは当たり前。横幅のある人が似合う服をデザインしてこそ、真のプロ・デザイナーではないのかい?


どうやら、そういうのは世間的に女として駄目なのだろうな。
お洒落をする意欲に決定的に欠けているのが、駄目さに拍車をかけているような気がする。

一応、清潔感は出すようにしているからいいじゃないか。
この季節、キャミなんか来ていると、腕やら背中やら日焼けして大変じゃないか。
サンダルだと足まで焼けてしまうし、第一自転車に乗りにくいじゃないか。
スカートをはかないのは、冬は寒いし、夏は焼けるのが嫌だからなんじゃ。

なんて、言い訳にしかならないですかね。



そういえば、大昔にピアノの発表会用の服を決める時、アニメ雑誌を親に見せてオーダーしたことがある(親が作ってくれるというので)。
親はなんとかがんばってそれっぽい普通の服を作ってくれたが、今思うと恥ずかしすぎる。


...痛いのは、別に今に限った話じゃなかった。
[PR]
by taba-aki | 2005-07-20 20:48 | 主張 | Comments(0)

昨日、漫画部で飲み会が大学の近所の居酒屋でありました。
6月の学祭と7月の子どもまつり、そしてコピー誌「ALONE」の2周年記念とごちゃまぜ総合打ち上げで。


それにしてもALONEはよく続きましたよ。後輩たちがぬるくがんばってくれたおかげですね。私なんかたまにしか原稿ださなかったけど(汗)、後輩くんたちはこの冊子のおかげで画力をのばすきっかけになったんじゃないかと思います。1年でかなり成長してますからね。

そしてますます自分が危機感をつのらせてしまうのです。
「忙しいから」というのはきっと言い訳にしかならなくて、描いてないとどんどん置いてかれてしまいます....。この飲み会で初めて会ったIくんは商業誌に投稿するほどの腕前で、実は自分の画力もわきまえず、心のなかでかなり悔しい思いをしてました。そして「私も試験が終わったら、絶対がんばろう」と決心するんだけど、現実問題として夏休みが完全にフリーになるわけもなく、確実に自分の専門関係で時間をさく羽目になるわけで。

漫画家ではそう簡単に食っていけない、それが分かっているから少しでも食える手段として獣医を選んだわけで、その選択に対して私は自分そして学費を出してもらっている親に獣医師になる責任がある。漫画描きは趣味でとどめると決めて浪人までしてここまできたのだから、漫画家というプロを目指している人に「嫉妬」しても、それは失礼な話だろうと思うんだけど。なんでだろうねえ、対抗心でちゃうっていうのは。

周囲に何人か、リスクを背負ってまでプロを目指すのを見ていると、いいなぁとうらやましくなってしまう。私も本気で漫画描こうかなと思ってみたくもなる。だけど、やっぱり生活を考えてしまうんだよな。

食うために獣医師への道を選んだと言ったら、非難されますかね。
銀英伝のメックリンガー提督みたいに、軍人と芸術家を両立できるような感じで、獣医と漫画描きをやっていきたいんだけど。
どちらも中途半端になるのが一番恐いんですがね。



飲み会ネタのはずだったのに、漫画描きに時間が使えるってうらやましいという話になってしまった。


最後に一言。
ALONE原稿にトーンやらベタやら多用してごめんなさい。スミ部分が多いとイソグラフの印刷が大変だというのは承知しているのですが、トーンレスなんて高等技術は私にはありません。あと1年半しか在学してませんから、もう少し大目に見てね。
[PR]
by taba-aki | 2005-07-17 23:49 | 酪大漫画部 | Comments(0)

YAHOOで期間限定のガンダム占いをしていたので、私もいまさらながらやってみました。

結果はMS-07Bグフ、です

もっとも、既に結果は書籍版の立ち読みで知っているんだけど。
いや本当に一番最初は、2年生の時に部活の先輩が持っていた「ホビージャパン」掲載のモビルスーツ占いでやったか。



結果としては人気の高いモビルスーツで喜ぶべきところなんだけど(そりゃ「ザクとは違う!からね)、なぜかいまいち感がいまだにぬぐえない。

グフといえば、ランバ・ラル大尉を思い出すからかも。
以前、日経キャラクターズのガンダム特集を読んで、ラルが非常に人気者だったのを見て驚いた記憶がある。
ランバ・ラルファンには非常に申し訳ないけれど、私的にはどうも受け入れがたいキャラなのだった。

だって、「銀河英雄伝説」の銀河帝国軍上級大将ヘルムート・レンネンカンプとかぶるんだもの。
堅実な用兵家であり、忠誠心、責任感、勤勉、公正、規律性に非常に優れているうえ、しかも部下にも思いやりのある指揮官の彼ですが、いかせん軍事以外のものの考え方が硬直的で視野が狭いところが痛い。ヤンの計略にはまって捕虜となった際、自分の失敗が自分の未来を全て奪ったと思い込んで自殺してしまうのだけど、ラルの最期も似たようなものだろう。ホワイトベース攻略に失敗して自爆をはかるのだから。

まっすぐなところが賞賛されているわけだけど、銀英伝好きから言わせてみれば、直球勝負で向かうのは愚かしい部類に入る。自分はそれでもいいが、ついていく部下はたまったものではない。むしろ場面の変化に応じて柔軟かつ適切な対応ができる側にこそ勝機はあるのだから、ラルはセイラが連邦にいると分かった時点で、一旦撤退してその後の作戦なり身の振り方なりを考えれば良かったのだ。
部下思いのラルが自爆を選ぶことに妙な違和感があるのだが、レンネン的思考の持ち主であれば納得もいくんだけどね。

ガンダムSEEDにおいてランバ・ラル的キャラと言われたバルトフェルトは、あの真面目さと不真面目さが絶妙に混在している点で、私は好きなんですわ。

だから、ランバ・ラルって好きになれないんだよなぁ...
あぁ、正直にいえばルックスがいまいちな面も大きいかもね(笑)。しかもラルとレンネンってチョビひげなところがまたそっくりで、ますますイヤん(レンネンのファンの方、すいません)。
イケメンなオヤジだったら、また自分の中での評価は変わったかもしれないです。
ザフトにいた時の虎はかっこよかったよ...




占い結果の「基本性格」に突っ込みをいれてみました。
当たっている面半分、外れている面半分ってとこでしょうかね。
当たっているところがあるということは、私にレンネンカンプのような面があるということだと思うと、少し自分にがっかり。
私も柔軟なものの考え方を身につけよう...


>ゲリラ屋ならではの積極性、行動力に富むアナタ。
どちらかというと面倒くさがりやな方だぞ、私は。
追い込まれないと腰をあげないし、やらねばならぬことなら行動せざるえないけど、ゲリラ屋レベルにはほど遠いわな。

>決められた条件を守りつつ、無理な要求にもきちんと応える能力を兼ね備えています。
依頼されれば、条件の範囲内で全力を尽くします。まぁ、その辺は当たっているかも。もっとも明らかに無理な要求だったら断るけどね。

>ただ、曲がったことは大嫌いなので、社会道徳に沿わないようなことは一切認めません。
これほどまっすぐではないけれど、ある程度はそんな面があるかも。
昔、駅のトイレでタバコを吸っていた女子高校生に注意をしたら、すごまれた経験がある。かなり勇気が必要だったけど、無視すると良心が痛むからがんばって立ち向かいましたよ。マナーのなっていない喫煙家はすごく嫌悪します。

>押しが強くてつねに直球勝負、周りへの配慮も忘れない、まさにリーダー気質。ジオンでも名うての一本気なオヤジ達、ランバ・ラル大尉、ノリス・パッカード大佐などがグフくんを愛機とした理由もこのへんに隠されてるのではないでしょうか。
周りに配慮はかなりするけど、押しは弱い。おかげで訪問販売に2回も引っかかってしまった。もっとも、どちらも3日以内に考え直して、クーリングオフ適用してキャンセルしたけどな。この時ばかりは押しが強かった。
基本的に遠慮がちな人間なので、リーダーなんてやりたいと思っても頼まれなきゃやらないですよ、ホント。


ちなみに相性のいいMSはドム(牡羊座O型)で、相性の悪いMSはガンダムALEX(魚座B型)だそうです。

[PR]
by taba-aki | 2005-07-15 20:44 | ガンダム | Comments(0)

紙買って印刷

先週セントラルで注文した紙が入荷したと連絡があったので、午後いそいそ札幌にでかけました。

例の、ゼミの教授の依頼で報告書の表紙用の紙なんです。あらかじめ希望サイズに裁断してもらったので、それを別の店(オフィス24)に持ち込んでA3ノビコピーで印刷してもらいました。枚数が多かったらどこかの印刷所に持ち込むんだけど、10枚だもんなぁ、コピーが安上がりだよ。
準備金5000円預かっているので、予算範囲内で頼まれてもいないのに紙質にこだわり、コピーも店のお兄さんにさんざん注文つけながらコピーしてもらいました。そりゃあんた、作業費で580円払っているんだからさ。

それにしても、試しコピーで文字列が斜めってるなと思ったら、先生から預かった原稿がそもそも斜めで印刷されていたよ(泣)。どうする?見なかったことにしてそのまま印刷してもらうのは、そのうち自分のコピー誌作りたいなと思うプライドに反するぞ、というわけで少しあがいてみたのでした。店の受付カウンターで定規やらいろいろ借りまくってまでして、原稿の方を少し切ってみたのでした。

人間、ピンチに立たされると態度がでかくなるなぁ...

データがあればまっすぐできますよといわれて、おぉ!持っているぜと喜んだのもつかのま、その直後にA3ノビに対応していないと言われてしまう。うぅ、残念。
もっともそのデータというのも、そもそも先生から預かったのはなんとpower point形式で保存したデータ。CD-R受け取って確認して、唖然としちゃったよ。power point書類でデータ出力なんて聞いたことないし(汗)。仕方がないから、使うかどうかも分からないのにphotoshopで作り直したんですわ(結果的には使わなかった)。ホントはイラストレータが良かったんだけど。だから、ゼミのパソコンに入ってさえいれば楽だったのに!!


それにしても、先生は私が印刷の知識を他の人よりちょっぴり知っているということを分かっていて依頼したのかな。
5月に学科運動会のパンフやらポスター作りで大騒ぎしていたから、それでかもしれない。
もっとも、たまたまそこに私がいたからというだけの話かもしれないけど。



欲をいえば、今日の交通費くれるとうれしいなぁ。前回は自分の買い物もしたから別にいいけど、今日はそれだけのために札幌まで行ったんだし。

...そんなこと要求できないけどね。ぼやきたかっただけです。


<追記>
翌日15日に先生に印刷物とおつりを渡したら、なんと必要経費として交通費をくれた。しかも二回分とも。
先生ごめん、ケチだと思った自分は心が狭かったよ。
[PR]
by taba-aki | 2005-07-14 22:14 | 日常 | Comments(0)

先週の木曜日に、外科学実習でモデル骨を使った骨折治療実習をやったのだけど、そのレポート書きで現在てんてこまい。

だって、実習の様子をデジカメでバシバシ撮っていたら(先生からデジカメで実習過程をデジカメで撮るようにとアナウンスがあったから)、班で1部提出のレポート書き分担を決めるときに、さも当然のように「実習行程をまとめる」係になってしまったのだった。しかも、レポートはCD-Rに焼いて、印刷物とともに提出という。

HP作り暦7か月のわたくしですが、
「データも渡せるのか。よっしゃ、写真がメインなんだからサイト作るみたいにまとめたら、結構受けるかも。」
と、レポート体裁の指定がなかったことをいいことに、本当にhtml文書で作ってる(すぐに始めなかったのは、何度も言っているようにゼミの英語論文紹介の準備があったから)。

50枚以上もの写真を加工するだけで結構な手間ひまだった。えれめんつ万歳状態だったけどな。

あとは他の人が作ったコンテンツ(笑)じゃない、レポート課題を追加していけば、そのままネットにアップしてもいい感じにする予定。印刷を前提にしているので、画像の解像度を上げてます。だから、そのままアップすると重すぎるけどね(写真1枚あたり100KB以上あるから)。

過去に、レポートをhtmlでやったことのある人っていますかね。
power pointってのも考えたけど、あれはまだ使い方がよく分かっていないから(汗)。
なぜ素直にwordを使わないのかというと、wordのリンク機能がいまいち嫌いだからなのです。
っていうか、ページリンク前提だったのか、自分...




サイト...じゃなかったレポートのレイアウトおよび解説文書き参考にあちこち獣医関連をネットで探っていたら、どうやら同じ学科の同じ学年のヤツが運営しているらしいブログにひっかかった。
DEG.com向こうに挨拶もナシで無断リンクしています。ごめんなさい。

検索でひっかかった、外科実習の日と内容が同じなんだもん。まぁこのご時勢、ブログやっているヤツがいてもおかしくないけどね。
それにしても同じ獣医学科の学生なのに、向こうはすごく真面目に動物関連ネタで運営しているので頭が下がるよ。未来の獣医たるもの、こうじゃないとなやっぱり。


それにひきかえ、こんなオタねたで銀英萌えなブログ書いている自分はどうよ。いやいや、これは自分のお絵描きサイトの日記コンテンツなんだから、無理することもあるまい、むしろこれでよし。


<追記>

7月19日の締め切り日にレポートを提出しました。
もちろん、html文書で作りましたわよ!
きれいに印刷できるように、横幅のサイズも700pxくらいにして。
Macユーザーなので、ゼミのwindowsマシンで表示やレイアウトがちゃんと表示されるか何回も確認して。どうしても若干崩れてしまいましたがね。

一番困ったのは、班で分担した原稿が最終的にそろったのが前日の20時だったということ。
そりゃレイアウト用のテーブル内に流し込めばいいだけの話なんだけど、サイトとして見やすいようにレイアウトするのって結構大変なんだってば!!
...
自分で好んでやっているんだから、自分にしか文句言えないところが辛かった(泣)。
[PR]
by taba-aki | 2005-07-13 21:53 | 大学時代 | Comments(0)