ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

大晦日

今年ももうすぐおしまい。
このブログも始めてほぼ1年がたとうとするけど、この記事でようやく200件目
のんびり更新の割にはよく続いたよ。


大晦日といえば毎年思うのだけど、この時期のテレビ番組は人気ドラマの再放送や芸人メインのバラエティーばかりで退屈。しかも一向にこの傾向が変わる気配もない。

10年前くらいだったら年末スペシャルで劇場版やOVAのアニメを放映していたのに、最近はジャンプアニメ関係くらいで、アニメファン向けはほとんどなし。
一般視聴者の好みの傾向(しいては視聴率が期待できるジャンル傾向)を考えたら、放送局の営業的都合を考慮するとアニメ(国民的アニメなドラえもん等は除く)はチョイスされないのは分かる。
ただ、この夏「電車男」でかせいだフジテレビは「月面兎兵器ミーナ」 をオンエアするくらいの気概を持ってもいいんじゃなかと思う。

<追記>
ミーナ、アニメ化してた。まだみたことないけど。
http://www.mi-na.jp



今日はやっと書き上げた年賀状を出しにわざわざ集配郵便局まで出しに行った帰り、ヤマダ電機でSEED DESTINYのDVD6巻を購入してきた。

昨日親と一緒に買い物に行ったときに、初回版(特典のコレクションジャケットはカガリとラクス)がまだ売っているのを見つけたものの、さすがに親の目の前で買う勇気はワタシにはなかった。
「うわ、初回版6巻がある~。あの回はたしかユウナの無能指揮官ぶりにじっと耐えるしかない苦渋のトダカたんが拝めるはず!」というわけで、改めて買いに行った。

もちろん、買ったものの報告なんかしませんよ。
したところで、「まだガンダム見てるの!」とファーストと混同して思考停止するような親だから。もっとも下手に詮索しないおかげで、趣味まっしぐら生活ができるんだけども。
それでも実家ではうかつにうっとりして見られない~ので、ドキドキわくわくは北海道に戻るまで我慢です。
あぁ、くだらない特番見るよりはよっぽど有意義だと思うんだがな...


おもえば意外にSEES DESTINYマイブームが続いているので、自分でもびっくり。
夏休みにビデオをまとめてみたら、まるで熱病に感染したかのような勢いではまってしまい、はしかのようなものだろうから年内には収束すると思ったのに、あまり変わらないというのはどういうわけだろう。
しかも、超マイナーキャラに入れ込んでしまって...

決して作品自体の出来に満足しているわけではないのに、不思議なはまり方だ。
ついでにいえば、SEEDの方はそれほど好きじゃない。DESTINYのアスランは好きだが、SEEDの彼はあんまり好きじゃない。というような感じ(よくわかんない例えかも)。
さらに付け足せば、バルトフェルド氏はSEEDの方が絶対よかったんだが...

お気に入りキャラがいれば、長いことはまれるということみたい。
逆にいえば、お気に入りができなければどんなに設定に魅力があっても一時的ブームでしかないってことかも。


来年はどうだろう。
むしろもう何もはまりたくないんだけど。
実はもう銀英伝と種運命でもういっぱいいっぱいなんだんだよ。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-31 19:24 | 日常 | Comments(0)

29日の帰省途中に冬コミ寄ってきました。1日目一般参加のみです。

絶対欲しいという本があるわけではなく、冬はどんな感じか覗いてみたいだけ。13時頃にビックサイトにつけばいいやという余裕行動だから問題はないけど、北海道からなのでそれなりに早起きはしましたけどね。
羽田についてからはモノレール+りんかい線コースだけど、「国際展示場」駅について驚いた。というか駅構内からのコミケ仕様な萌え絵ポスター、垂れ幕のオンパレートにイタくなってきた...。
美少女系やBL系の絵ばかりでここですでに食傷気味。秋葉原じゃあるまいし、駅くらい普通でいいのに...


この時間にコミケ行く人と同じくらいの人の流れが帰宅に向かっていて、駅にはすでに帰りの切符購入の行列ができているのにさらに驚き。
会場に近づくにつれて、企業ブースで配布したと思われる萌え絵上バックを持つ人たちをみかけ、屋根付通路にもポスターが張られて、ビジュアル系な私服の人たちもたくさん歩いていて、その中に自分もいると思うと痛さ倍増(汗)。
心のどこかで「自分は絶対あの人たちとは萌えポイント違うから!」と思っても、他人からみたらきっと一緒だろうな。
ここにいる時点で。

それにしても秋葉原行きの「アキハバラエクスプレス」なるバスの呼び込みをアニメ声でしているメイドコス娘たちよ、君たちやりすぎじゃないのかい?しかも着ぐるみ娘までいたよ...



午後13時到着なので、さすがに会場内へは入場制限もなく普通に入れました。
東西ホールへ行く通路も混雑はしていたものの、流れはそれほど悪くなかった。
3年前に夏コミに行った時なんか(時間的には今回とほぼ同じ)、通路も押し合いへし合い状態で東ホールから西に行けなかったくらいだったのを思うと、冬は寒いし参加人数が少ないのかな。


のぞいてみたサークルはSEEDシリーズ銀英伝のところだけ。女性向けは自分の好きキャラに関しては苦手だし、ギャグにしたらしたで「あの方はそんなバカなことをしない!」と腹が立つし、結局1冊も買えずじまいに終わった。
思えば、コミケや各種イベントで本買ったことなかったなぁ...


ガンダム種系はすごかったですねえ。アスキラサークルがすごく多くて。
それよりなにより、どこもすごくカラーイラストがかなりうまい。CG系が多かったけれど、どうやったらそんな素敵効果がでるのか聞きたくなるところばっかりでしたよ。
ふう、自分のヘタレが身にしみて自信喪失気味。もっと精進しなきゃと決意する動機になっただけでも来て良かったと思う。

本来はトダカたん本があったら買う気でいたんだけど、絵が好みじゃなかった上に1、2サークルしか見つけれなかったよ(泣)。だったら自分でシリアスな二次描こうかと思った。
自己満足な上に、売れないよな~マイナーすぎて。

うろうろしている間にほぼメインキャラ全員分コスプレイヤーさんを見かけました。見つけられなかったのはメイリンとかディアッカとか。意外とシンくん多く見かけたので、やっぱりなんだかんだでDESTINYの主人公じゃんと思いましたね。



銀英伝サークルは種系とちがって売り子さんの年齢層が上だし、落ち着いた感じ。
サイトでいくつか知っているところがあったけれど、うわ、あれ本人だったらなかなか近づけないな~と思うくらい大人でしたよ。
結局、同人絵の双璧に耐えられなくて買えなかった口なんだけどね(自分の実力をすごく棚に置いてます。こっちのサークルさんもすごく上手です)。




あとは委託コーナーや企業ブースを覗いたくらい。

委託コーナーでいいのは、自由に試し読みができること。サークルさんに気兼ねしてしまう小心者のワタシにはちょうど良かったですよ。ただし、ここも混雑すると通路が狭いだけに移動にも苦労しますが。
企業ブースは、7割は男性向けなのでは?なくらい萌え美少女満載で、いや満載過ぎてもう頭痛くなるくらい、目の大きなロリ娘絵を見ましたよ。
じゃあ、なんであんたはそんな所に行くのかと言われそうなんですが。
いやぁ、少しは可愛い娘さんを描けるようになりたいなぁとはやりの絵柄を観察に。


余談。横に無駄に長い紙バックは混雑の中ではかなり邪魔なんですが。
もう少し小さくできない物かと。



帰りに思ったこと。
りんかい線はいい。埼京線乗り入れしているから、川越行きに乗ったら乗り換えなしで池袋まで行けちゃう!バスと違って輸送能力がケタ違いに高いから、それほど長時間待たなくても乗れるし、渋滞で遅くなるってこともないしね。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-30 20:49 | 漫画・アニメ | Comments(0)

イヌミミ娘(完成)

年賀状用イラストです。(下書きはこちら)

投函する前だけど、どうせ20人も出さないので文句を言う人なんてほとんどいないだろう、という前提で公開。もうちょっと大きい画像は来月に本家サイトの方に載せる予定。

c0014117_0555924.jpg

なんとなくツンデレ系のお姉さんになってしまった。
実はカラー調整で髪を赤系統にすると、種のフレイ嬢ぽくなることが判明。
...あんな電波娘を描いたんじゃないのに。


下書きからはがき印刷まで製作時間約10時間というやっつけ仕事ではありましたが、そこそこ見られるイラストになって良かったよ、本当に。

満足して夕方にゼミ室に行ったら、ペット(犬や猫)等のカット描きの依頼が待ってました。
実は、年賀状の犬がうまく描けなかったのでイヌミミ娘にしたという裏事情があるんだけど。病院実習で飽きるほど犬を見たはずなのに(しかも年賀状意識してかなり観察したつもりだったのに)、なぜか描けない。
結局は描くことになるんだな....冬休みだし頑張ろう。


ちなみに犬種はスピッツを想定しています。



あと12時間ほどしたら、たぶん私はビックサイトにいます。
ええ、あの冬の祭典に(笑)。

午前1時現在、北海道石狩地域は猛吹雪。飛行機が心配になってきた。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-29 01:12 | お絵描き | Comments(0)

イヌミミ娘(下書き)

年賀状イラストどうしようかと散々悩んで、結局これかよ。

今年もあと4日しかないのに、まだこんな段階のワタシって...

c0014117_1172283.jpg

ネコミミっぽいですが、イヌです。
でも年賀状を出す相手はほぼ全員マンガ絵を描かない人なので、別にどうでもいいことかもしれません。


そろそろ、「いい歳して、またかよ...」とウザがれているかも。
たぶん、死ぬまでこの路線です。
ごめんね。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-28 01:24 | お絵描き | Comments(0)

ネットではずいぶん賛否両論(否の方が多いかも?)の『ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS 選ばれた未来』、ワタシも深夜にもかかわらずリアルタイムで見たけど、微妙な出来でしたねぇ。

全50話の総集編というよりは、ラストを中心に再編成したもの。こりゃ、どうがんばっても前半で死亡した人の出番はないな〜と意欲半減ですが、本当に真の総集編を作る気だったら、せめて劇場版3作分の時間は必要ですから、これが妥当なところでしょう。



ところで見終わったらやっぱり文句ばっかり。しかも最終回と同じ展開にまでさらに突っ込みを入れたくなる。基本的には10月の最終回での疑問に、いくつかは答えてくれた形に仕上がっていたことは良かった。というか、本編でこれくらいやってくれよ!と心底思いましたね。
それほど気合い入れてDESTINY見ていたってことかなぁ(そんなはずはないんだけど)。



前半のMS戦は新作映像も織りまぜて、かなり時間を割いていました。良いことです。おかげでキラvsレイ、アスランvsシンもよく分かったし、アークエンジェルなど他での局地戦も比較的ちゃんと描いていましたから。
欲をいえば、もう少しミネルバ自身の戦いもきちんと描いてくれると良かったな。


それでもやっぱり、ステラの魂とシンが会話するところは、どう見ても唐突。明日がどうのこうのいうなら、ステラに導かれたシンがメサイアに行って、議長とタイマン会話するくらいに持っていって欲しいですよ。

実際議長とタイマンやったのはキラくんですが、今回はアスランくんも途中参加させてましたね。キラだけにおいしい所もっていかせるわけには行かないとでも思ったんでしょうか。あぁ、もうだったらあの議長が亡くなるシーンは本当に全く新しいのに変えて欲しかった。スペシャルじゃ議長がさらにラスボス扱い。
酷いや、これじゃ単なる悪役じゃないか。

激戦を他人事のように司令部からじっと見つめる議長のシーン。そこで哲学的な台詞でも吐くかと思えば、クルーゼの幻影登場。
人は戦わざるを得ないようなことを思っていらっしゃるらしいですが、あなたのせいじゃないですか。ロゴスを壊滅した後これで大義名分の戦争が終了するかと思いきや、デスティニープランを発表して計画に賛同しないオーブを敵国視して戦争継続したんですから。

クルーゼにどうにもならないこともあると言われておきながら、「私はただ勝ちたいだけだ」なんて悪あがきっぽい台詞を言わせるなんて。そりゃあ誰だって負けるよりは勝つ方がいいに決まってますから。そんな安っぽい議長の台詞なんか聞きたくないよ...(泣)。


最終回では、キラはレイを見捨てていったという声があったからなのか、今回はキラくん一応レイの方を顧みてましたね。でも反応のないレイに赤の他人であるキラは強く説得できるはずがない。そこでせっかく来たアスランの出番じゃないですか?一応ミネルバで一緒に戦った仲でしょうに。それでレイが行くのを激しく拒むのならそのまま残して脱出でもいいけど、たいしたやり取りもなくやっぱり残して二人で脱出。
レイが拒絶して、タリアや議長と伴に死を選ぶというのが明確だったら良かったのにな。


いやいや議長が死の淵に立っても、タリアが残るのを拒むくらいの器量を見せてくれたらどんなに漢らしかったことか...

銀英伝のファーレンハイト提督パロディ使えばこんな感じ。

ギル「恋人を道連れにしたと言われては、天上に行ってから私の席が狭くなる」
タリア「じゃあ、何か形見をいただけないかしら。」
ギル「わかった、形見をやる。お前の命と....レイの命だ。生きて私を想い続けてくれ。死ぬなよ...」


議長絶命。タリアとレイはキラとアスランに抱えられながら脱出。
カッコよすぎるぜ、議長!!

これぐらいやって欲しかったよ。



....今思えば、あそこでタリアが残るのは彼女の自己満足に過ぎなかったですね。ギルバートはもう誰にも渡さないわ、と。
まぁ本人もわがままでごめんなさいとアーサーに言ってたからいいんですけど。




プラントとオーブとの戦いの決着。最終回では議長が死んでナァナァになっていたのに、スペシャルではなんとラクス嬢が停戦を呼びかけていましたよ!戦場でのオーブ側責任者代表はなんだかんだいってもラクスなので、プラント評議会が沈黙をしていればそりゃそういう展開にはなるけど、だけど、なんだかすごく微妙な気持ち。
アークエンジェルもエターナルもオーブを守るために「オーブ軍」として戦ったのに、なぜ停戦という政治レベル決断をカガリではなく、ラクスがやっちゃうんだろう。
終戦協定の協議にはもちろんカガリがオーブ代表として出ていったけど、それはもう当然だから。

「プラントの歌姫」が呼びかけた方が、ザフトの連中が納得するからでしょうか。
呼びかけ直後に両陣営から一斉に停戦信号が放たれたのを見ると、ラクスのカリスマ性には恐るべきものがあります。そりゃデュランダル議長が存在を脅威と思うわけだわ。

だからといって、ラクスが最高評議会議長になるのだけはやめてね。
お願いだから。




そして、問題の後日談シーン。

c0014117_2173437.jpgシンが家族の墓参りにオーブに赴いたとき、ルナマリア・メイリンは一緒でもいい。アスランとはいつのまに仲直りしたのか分からないけど、まぁいい。でもこのシーンはそれだけで十分じゃない?

なぜそこに、キラとラクスを出してくる!
お偉いさんは来なくていいから!!



だいたいキラたちがオーブの慰霊碑に花を捧げにくる理由がよくわからないですよ。ラクスはプラントに戻って評議会の仕事があるんじゃないのか?
先の大戦でオーブ側にも甚大な被害があったから、戦争指導者としては追悼の念を捧げなければとでも思ったのかな。
まぁ、それだったら別にいい。
そうじゃなかったら....すごく不自然だぞ、キララクが来るのって。

ここのシーンでカガリを出さなかったのは、やはりシンの中でまだオーブが許せないって面があったんじゃないかと思ったんだけど、そうじゃないなと思ったのは...

キラがシンに対して握手を求めて「一緒に戦おう」。
シン、ためらいながらもキラやアスラんにたたみかけられ、思わず「はい」。
ワタシも思わず画面に突っ込みましたよ。

はぁ?戦争が終わったばかりで、まだ戦おうというんかい!

第一キラは登場当初は戦いたくないって言っていたじゃないかよ。いつから非暴力を撤回したんだ?
フリーダム乗り回して、「花を植える」はないよなぁ。


だいたい、シンもシンじゃ。素直にキラの言葉に打たれている場合じゃないって。
ステラを殺したのは、誰でもないキラなんだから、せめて「一発殴らせて下さい」ぐらいの行動があってもよさそうだろうに。


この最後のシーンさえなかったら、「とりあえず最終回としてまとまったな」と思うだけですんだのに。
なんだか、もやもやする...




1日おいて頭を冷やしたのに、やっぱり文句しか書けませんでした...
[PR]
by taba-aki | 2005-12-27 20:57 | ガンダム | Comments(2)

昨夜(26日1時20分から(北海道))のガンダムSEED DESTINYスペシャルはワタシもリアルタイムで見ましたが、感想はこの次。
だって、内容が最終回の焼き直し+後日談じゃワタシの萌えポイントはナシに等しいし、文句しか出てこない...
「ええっっつ!! そこでシンとキラが仲良くしちゃうんかよ〜!!!!」




というわけで、自己補完のために22日に下書きしたトダカたんイラストを完成させてみた。
c0014117_20513725.jpg

はぁ、やっぱりカッコイイよ、このおじちゃんは!

久々にアニメ塗りをしてみた。
そりゃまあ、スペシャルで回想シーンですら出てこなくてがっかりなワタシを癒すために描いたんだから、極力アニメ絵にも似せますわよ。

スペシャル見ながら、何度彼がオーブ艦隊の司令官やってくれたら良かったのに〜と思ったことか。もっとも、そこであっさり旗艦撃沈で殺されてしまったらもっと嫌だけど。


背景はありがちな処理でごまかし。
思えば年賀状も書いていないのになぁ、あと時間的余裕は2日しかないよ...
もうこれ印刷して出したい(全然正月らしくないから駄目だろうな)。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-26 21:00 | ガンダム | Comments(2)

c0014117_22134440.jpg今年1年頑張った自分にメリークリスマス!という訳で、札幌で2万円ほど散財してきました。

・らんぷシート(B4) :
なんと13,125円ですよ!
・ガンダムSEED DESTINY DVD 7:4500円
・冬コミパンフ:2200円



らんぷシートはもう1年前くらいから欲しいと思っていたけど、通常のトレス台に比べて高価なのがネック。B4サイズでもネット通販価格で22,000円くらいで、ポンとだだせる金額ではない(第一、トレスがしたかったら漫画部の部室にあるし)。

それが、今回ワタシがよくいく札幌の画材屋・セントラルのコミック用品セール(12/3〜1/9)でなんと定価の半額で売っていることを知り、これは売り切れる前に(限定20台)買いにいかねばというしだい。

店頭を見たら、なんとらんぷシートの次世代品が新発売されているじゃありませんか!なるほど、旧製品の在庫処分という訳ですね。
新製品の響きに弱いワタシは10分くらい悩みましたよ。うーん、新型はインバーター部分がバージョンアップして電子音が非常に小さく、消費電力も低くなっているらしい。...いやまて、本質的な機能アップ(面積あたりの値段が下がっているとか、光量調節ができるとか、そういうモデルチェンジじゃないようだから、むしろこれは大幅値下げしている旧製品は買いじゃないのか?

というわけで、
当初の予定どおり買いました。




次の目的は冬コミのパンフレット。
帰省を29日に決めたので、だったら途中コミケに寄って帰ることにし(羽田方面から向かえば混雑も少ないだろうし)、パンフなしで会場もうろつけないので購入を決心。

らんぷシートを買った店にはなかったので(なぜかこないだの夏コミパンフが1冊おいてあったけど)、近くのアニメイトに行ったもののもはや完売らしく見当たらない。
同じビルの地下にあった女性向け同人ショップをのぞいてもなかったし、外に出てとらのあなを見ても完売していた。

おいおい、都内じゃあるまいし札幌でなんでもうないんだよ!

去年の冬コミパンフなんか、実家の街のアニメイトで正月に100円で投げ売りしていたくらい余っていたのに。今年は発行部数絞ったんですか?(というか、札幌ではそもそもの入荷数少ないのかなぁ)


ふと気が付けば、さっき行った女性向けショップの隣にもう一件アニメショップがあるじゃないか。でも男性向けだったら入りにくいなぁ...と思ったけど、女性でも大丈夫そうだった。

らしんばん札幌店、こんなの出来ていたなんて知らなかった。っていうか、このあたりオタショップ集まり過ぎじゃない?雰囲気的には池袋の「乙女ロード」縮小版てな感じ。

ともかく、初めてのお店は入るのに緊張するんだけど(アニメショップに入るのが恥ずかしい年齢になりつつあるので、初めてだろうが2回目だろうが多少は緊張するのだけど)、ここにはパンフがまだ売っていて良かったよ。
が!そこにはワタシの物欲を刺激するものが!!

SEED DESTINYのDVD7巻、しかも初回限定特典付き版がワゴンセール4500円で売ってる!

もちろん、即ゲットです。

DVD7巻は、あのトダカ一佐の亡くなる28話が収録されているので、いずれは買おうと思っていたものだったのよ。だいたい、ワタシのトダカたんブームが来て、DVD欲しいなぁと思った頃には店頭に初回版が見当たらなくて、そりゃもう後悔したものよ、なんであと1ヶ月早く見なかったんだろう!って。


いやぁ、いい買い物できてよかったとレジに行くと、4000円以上買い物をしたのでDVD一枚とCD一枚プレゼントとのこと。
いきなり言われて戸惑ったけど、プレゼントメニューからチョイスしたものがこれ。

c0014117_23204253.jpg遥かなる時空の中で3巻ギャラクシーエンジェルのボーカルコレクション
「遥か」はゲームやったことないけど、好みのお兄さんがいるからそれでチョイス。「GA」は、CDの選択肢の中でこれしか知っているのがなかったから。

選択肢の作品に知らないのが多くて迷う迷う。断っても良かったけど、せっかくだからもらっちゃった。




大雪の中大荷物を抱えて夜の札幌を歩くと、目につくのは仲良く手をつないだカップルばかり。大通り公園の「ホワイトイルミネーション」会場なんかもう、うじゃうじゃと。

あぁ、混んでいるところで並んで歩かれると邪魔なんだよね。
っていうか、小学生じゃあるまいし、恋人同士だからといって手をつないで歩かなくてもいいだろうに!


なんて書いたら、彼氏なしのヒガミみたいですか。

大丈夫です。
脳内彼氏がいますから。


そういえば今日偶然知り合いがデートしているのに出会いました。
向こうが少し動揺しているので、からかおうかと思ったけどやめました。

大丈夫、君たちがつき合っているというのは一週間前に別の友達から聞いているんだ。





リアルで考えると、
...一緒に銀英伝とガンダムで盛り上がってくれる彼氏だったら、欲しいなぁ。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-25 22:28 | ヲタねた | Comments(0)

今年の授業が終わった...

c0014117_18185151.jpg大学生協前の高さ5mほどの木に電飾されたクリスマス・イルミネーション。

頂上の星型がなんとなくダサっぽいけど、学内の電飾ツリーの中では一番大きい。去年はこんなのがあったなんて気がつかなかった。たぶん今年初めてじゃないかと。

うちの大学、キリスト教系なのにクリスマス・イルミネーションが妙にショボい。10mを越すような大木がないから大規模で派手なツリーは望み薄なのだが、一番の理由は維持費がかかるからだと思う。
妙なところに金使うくせに、ケチなところあるんだよなぁ、うちの大学。
補助金不正で話題の近隣A大学には立派なイルミネーションがあったけど、去年からなくなったみたい。



22日で年内授業がめでたく終了。その日にあったことをつらつらと書いてみる。

実はこの日、珍しく(もないけど)寝坊をして遅刻してしまった。

...起きたら8時半で、9時からの外科各論たるいしもう授業サボろうかと。
そう思ったら、昨夜描いたトダカ一佐絵が目に入り(悦に入って寝たから、そばに置いていた)、何だかサボリを責められたような気分になったので、とにかく頑張れるだけやってみようと行動開始。
朝食抜いて雪路を激ダッシュ登校して、9時15分に学校に着いた。

起きたのがたとえ9時でも、雪上チャリを激走して行ったに違いない。
妄想の威力ってすごいなぁ....



某実習レポートの保管庫をネットに開設完了したので、班員数名にアドレスを印刷した紙を休み時間に配布。
http://www.geocities.jp/taba_aki/report/report.htmlなんだけど、実はアドレスを削ると、ワタシのHPにたどり着く。
だれかそれに気がつく人がいるといいなぁ、と思ってわざわざ苦労してレポート置き場webページを作ったのだけど、さて効果はいかに。

23日18時現在、レポート置き場TOPに2hitのみ。
自分のサイトに誘導がどうのこうのという以前に、ほとんどアクセスさえしてもらえていないのか...(汗)
まだ試験までに間があるから無理もないけど。



午後にゼミ室にて、友達が実験に使用したハムスターを処分するので採血の練習に使う?と誘ってくれた。
(注:この先はハムスター好きには残酷な表現があるので、読まれるかたは反転表示してください。)
ハムスターは注射針を外側から直に心臓に刺して採血する(もちろん、十分な麻酔をした上での処置)。ただハムスターは普段使っているマウス(いわゆる二十日鼠)と違って体が大きいので心臓に位置感覚がつかめず、針が心臓になかなかヒットしない。
だんだん、やっている本人が辛くなってしまったのだけど。

最後は深く麻酔をかけて安楽死。
ありがとう、数十分だったけど勉強になったよ。



夕方17時頃から、絵画研究会の展示会撤去作業に参加する。
先月に苦労して作った貼り絵を見てくれた人はどれほどいたんだろう。学生がたむろするロビーで行ったものの、広く宣伝していないので身内にすら見られていない可能性が大かも。
貼り絵は大きすぎるので、持ち帰るのも部室においておくにも邪魔になり、結局即処分。あぁ、1週間の労力が思い出の中のみに...

そういえば、作業中に「活動見学したいんですけど」と申し出た入部希望者がいた。
何でも高校の時に油絵とか描いていたらしい。
うむ、少しは見ていてくれた人がいたんだね。




今回スキンを新しいデザインに変えてみた。
エキサイトが用意しているスキンはシンプルなのはいいけれど、タイトルの近くに日付けが入るものが少ない。このブログは日記なのだからやっぱりトップに日付けを入れたいんだよなぁ。
仕方がないので、日付け入りスキン・ソースを参考にして、ナチュラルパターン・スキンを編集して日付けが入るようにしてみた。

背景もオリジナルにしてみたいけれど、それは次の課題ということで。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-23 18:14 | 日常 | Comments(0)

SEED DESTINYキャラで、最も人間が出来ている名脇役トダカ一佐です。
いわゆる「おじさま」キャラなら、ワタシはこの人が一番好きだな〜
c0014117_051461.jpg

自分では普段「青年絵」を描いているつもりなのに、「親父絵」と言われるので開き直って描いてみたんだけど...
いやぁ、やっぱり好きキャラは描いていて気分がいいわ。
マイナーキャラ過ぎてOPもEDにも出てこないけど、「誰それ」って言われそうだけど、大好きなんだよね。
どんな理不尽な状況にあっても、軍人としての領分をわきまえ国家のことを第一に考えて行動する姿がいいです。大人として当たり前の行動だろうけど、ガンダムシリーズのガキどもは軍人としての自覚をあまり意識しないような行動が目立つだけに、余計際立ちます。
どうせ、25日深夜の総集編特番には出てこなだろうけど(残念だけど、彼は物語メインの流れには関わっていないから)、一瞬でもいるかもしれないので、一応探すことにしましょう。

再来年、就職したところにこんな上司にあたったら、そりゃもう、褒められたくてすごく一生懸命に働きますよ、ワタシは(笑)。




前回の記事で0083のガトー少佐のことをちょっと触れたけど、0083で言えばトダカさんってアルビオンのシナプス艦長タイプですね。トダカさんがあのまま生き残って、エターナルの艦長になったら、バルトフェルド隊長はMSに乗って大暴れできたでしょうに。虎にも派手な活躍の場が出来て良かったのになぁ....(そうしたら、ネオ、もといムウと役割かぶるか)。実に残念だわ。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-22 00:37 | ガンダム | Comments(0)

双璧絵(下書き)

銀英伝キャラでワタシがかなり押している、帝国軍の双璧・ロイとミッちぃですv
ロイエンタールの命日合わせには間に合わなかったけれど、年内には着色して完成させる予定。
c0014117_051042.jpg

ここに下書きをさらしておけば、完成させることが出来るだろうとのもくろみから載せてます。
銀英伝関連のイラストは、下書き描いても途中で別の用事が入ったり、そのうちに下書きが気に入らなくなったり、一向に完成させてないものが実は結構溜まってきてる(汗)。
長いものだと、もう3年くらい寝かせているものが....


ワタシの趣味を知っている人からよく、「おじさんはカッコよすぎるくらいに描くのに、かわいい系がちょっと...」と言われる。
それは自分でも自覚しているのだけど、ちょっと待て!

物語終末付近でミッターマイヤー32歳、ロイエンタール33歳だぞ。原作じゃ青年提督と表現されているのに、どこがおじさんなんじゃ!!
何遍も言っているのに、ちっとも理解してもらえない。
やっぱり、アニメのキャラデザのせいですか...


おじさんキャラ好きといえば、こないだの漫画部の飲み会で「ガトー少佐はまだ若いから駄目ですか」と後輩に聞かれた。
若いって、0083のガトーって設定年齢28歳、ガンダムシリーズじゃむしろかなり大人キャラの部類に入るのでは?
いや、別に30歳以上じゃないと嫌とか、まぁそんな面あるかもしれないけど、そこまで厳密じゃないですよ。彼は十分いけます。何がいいって、ジオン再興の強い信念のもとに、真面目すぎるくらいに戦争をやっているところが。
っていうか、プロフィールの好きキャラにも書いてあるじゃん。




別話題。
前回の記事に載せた「ヒソップ」イラスト、本人的には満足のいく出来になったので、光沢紙に印刷して学校で何人かに見せて回りました(光沢紙だと発色がきれいに再現されるので)。感想とか聞きたかったんだけど、やっぱり本人目の前じゃ批判はできないですかね。お褒めのことばばかりで、素直に喜んでいいものかどうか微妙なところ。「輪郭は茶系の方が...」とゼミの先輩が言ってくれたぐらいだったよ。
[PR]
by taba-aki | 2005-12-21 00:27 | 銀英伝 | Comments(2)