ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

処女牛

c0014117_22465481.jpgうちのゼミのアイドル、マリコさん(雌牛)。

乳用牛だけどもともと実験用牛だったので、未経産のまま十数年経過。
なんと雌牛に特徴的なふっくらした乳房がないですよ!
きれいな乳頭が4本あるだけです。

搾乳をしないと、乳房は縮むんだと初めて知りました。乳頭は年齢の割には子牛なみにピンク色ですべすべしていて美しいです。未使用だから?

牛は巨乳がいいけど人間は小さめが言いって先生、それ普通にセクハラ発言ですから(笑)。



今日の撮影会はゼミ絡みのホームページを立ち上げる計画があって、それに載せるイラストの資料のため。

カールおじさんみたいな酪農家のおじさんの絵が欲しいと先生が言い出したので、だったら先生がモデルになって下さいよと言ったら、つなぎ着てやる気満々。しばらく麦わら帽子が欲しいと騒いでいました。
さすがに麦わら帽子はないですよ....


マリコさん、やたら気が荒いと思ったら、どうやら体がかゆかった模様。
先生ががんばってブラッシングをしたら大人しくなった。
BSEだ、アルツハイマーだとかなんだとか言われていたけど、まだまだ元気そう。



c0014117_2313052.jpg今度はトリゾウ(黒沢酉蔵)だ!と学園創立者の彫像へ。

酉蔵はどこを指差しているんだ?とどうでもいいことに先生がこだわり出す。
そういえば北大ゆかりのクラーク先生も指差ししてますよ。あれのマネじゃね?と思うんだけど。

様々なアングルの写真を撮ったけど、ワタシ的にはこのフカン位置がお気に入り。
だってかっこいいじゃん。
先生に言わせてみれば、フセインだとかスターリンだとか独裁者っぽく見えるらしいんだけど、ワタシはそうは思わなかったです。



酉蔵のイラストといえば、去年の江別こどもまつりの会場マップを漫画部で作成請け負いした時、ワタシは酉蔵をちょこっと描いたのを思い出す。
あのときは必要以上にカッコよく描き過ぎて、後輩に笑われたものだった。
これじゃどこぞの提督みたいですよって。

ワタシにカッコよくないオヤジを描けというのが無理な話で、今回もその辺りが微妙に心配。
酉蔵も描けって言われるのかな....(汗)



明日から1週間ほど実家に帰省するので、また更新が遅れます。
ネットのお引っ越しがまだできていないので。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-29 23:11 | 大学時代 | Comments(0)

隣のホスト

昨日の小樽行きの途中でのお話。

電車で派手な兄ちゃん(30歳前後くらい)と琴似で隣になった。
その兄ちゃんは携帯で話しながら座ってきて、それだけでもワタシはカチンときたのだけど(電車の中で携帯で話されるのは、ヘッドホンから音が漏れるのを聞くのと同じくらい嫌いなので)、整髪料というか香水というか人工香料の香りもきつくてワタシの不快指数は急上昇。
かといって、小樽まではまだ30分くらいかかるし他の座席は空いていないし、仕方なくそのまま我慢。


こんな時は、話す内容を聞いてやれ!というのがワタシの信条。
本来車内通話は禁止なのにしゃべっているんだから、聞かれたって文句をいえる道理はないわよねというわけで。

「ジンギスカン食べに行ったんだけどさぁ、ジンギスカンと香水の香りで....」
やだな〜香水まじりのジンギスカンって。っていうか、どういうシチュなの?
「○○がヘルプに入って」
「今月200万使ってくれないかなぁ」
「ナンバー2でいるの、俺飽きたんだよね」


こいつ、ホストだ!
もしかして営業電話をかけているのかよ....
あともう少しでナンバー1になれるところまできていて、それで馴染み客に営業をかけているとみた。


どうりで光線の具合でキラキラ反射する生地のスーツ着てるし、髪はオールバックで固めているし。
ナンバー2の割にはどうもいまいちなルックスなんだけど。
もっとも、ワタシ基準が一般人とずれているせいもありますがね。

ホストなら車内で携帯通話禁止だってことくらいわかるだろうに、接客業でこの態度はどうよ。電車内で平気で通話し続けるホストは、社会的ルールも軽視しそうでなんかやだな。
そんな奴に200万も使ってやる必要なんかナシ!と心の中で悪態をついてみた。


隣のサエない(笑)女性の思惑なぞ意に介しないまま、彼は話し続ける。
するとどうやら、途中で携帯の電池がなくなりそうになったらしい。
「8時か9時頃にまた電話するから。今日は休みでしょ、日曜で」
とアポをつなごうとするものの、途中でタイムアウト。

ざまぁ見ろってんだ。



そのホストは手稲で降りていってホッとしたのもつかの間。
今度はウザいカップルが隣になったのでした。

もう、勘弁してよ...



かっこいい男性と酒を飲んだりお話をしたいとか、
自分好みのホストに育てたいとか、
ホスト遊びを好む女性の動機は様々だろうけど、
ワタシには無理な遊びだと思う。

そんなのに大金を使う人の気が知れないと、電話で妹に話したら、
銀英伝に何十万円も費やすお姉ちゃんも信じられないと逆襲された。

んなもん、ホスト遊びに比べたらささやかだと思うんだが....
夢中になる点ではどっちも同じと言う。
まぁ、それはそうだろうな。

でもね、好きキャラそっくりな人がホストにいたからといって、彼に夢中になるかといえばそれは絶対にないのよ。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-27 23:51 | 日常 | Comments(2)

25日に鍋パーティーを夜中2時半頃までやっておきながら、翌26日は小樽に買い物に行きました。
埼玉のSちゃんに、ヴェネチアガラスのミルフィオーリ(「千の花」の意)ペンダントを頼まれたので、北一ヴェネチア美術館・ミュージアムショップにお出かけ。イタリア貴族の宮殿を模した美術館で、外国にきたような気分に浸れてワタシ的には小樽で好きなスポットの一つなんだよね。


実は数回頼まれて買い物に行っているので、ショップのあるおばちゃんには顔を覚えられてしまっている。恥ずかしいけど、常連気分になるので結構気分がいい。
だけど、今日はそのおばちゃんがいなかったのでちょっぴり寂しかったよ。


c0014117_263167.jpg友だちの分を選んでいたら、ワタシも欲しくなってきたので携帯のストラップ用にお買い上げしてしまった。ストラップに2000円投資は高いかもしれないけど、ペンダントにも流用できるから別にいいかな。


美術館の割引券をもらったので、久々に貴族趣味に浸るのもよろしかろうと490円払って豪華で華麗なガラス食器と部屋のバロック風調度品の数々を堪能して参りました。

17-18世紀ヨーロッパの貴族文化って割と好みで(妹に言わせれば装飾が過剰過ぎるらしいんだが)、この雰囲気のイラストとか漫画とか描くのが密かな望み。っていうか、まねごとくらいは既に描いたんだけどね〜、実力が追い付かないですよ(汗)。


5階に置いてあったゲストブックをふと見てみたら、
「ベネチア好きはぜひ『ARIA』を読んでみてください」
とのコメントが書き込まれていた。
思わず、にやり。

確かにあの漫画はベネチア市がモデルの「ネオ・べネチア」が舞台だし、あのほんわかした雰囲気は一般人に勧めても恥ずかしくないだろう。
たぶん、ここでこのコメントを書いた人はARIA好きなんだろうなぁと思うと微笑ましくなって、その下に灯里を描きたくなったものです(さすがにやらなかったけど)。

「ウンディーネっていいですよね」
「天然気味な主人公がかわいいですよ」

とかコメントを残そうかとも思ったけど、アニメイトのノートじゃあるまいしこれもやめて結局微笑んだだけで帰りましたとさ。

*ちなみに、ワタシは原作1巻とアニメしか見たことがないけどね〜
[PR]
by taba-aki | 2006-03-27 02:23 | お出かけ | Comments(0)

大人のぬり絵

「脳の活性化」ブーム 大人のぬり絵本が出版ラッシュ

24日は金曜日だったのに、なぜか土曜日だと思い込んでいたワタクシです。
最近帰宅が遅くてリアルタイムでテレビを見ないので、曜日感覚が欠如しつつあります。
だって、毎日やってることほぼ一緒なんだもん。


新聞もろくに読まず1日遅れでニュースを知るなんてこともざら。
で、今回は23日付けの新聞を読んでちょっと気になってみました。

大人向けのぬり絵本がいくつか出ているのは知っていたけど、地味にブームになっているとは思いませんでしたよ!
認知証にぬり絵が効果的なことは以前から知られていて、それを健常な大人の脳活性化ブーム(計算や漢字の書き取り本、ゲームの人気で分かります)の一環でぬり絵が注目されているそうな。


そこでぼそっと思ったこと。
ぬり絵でボケ防止になるのなら、イラスト描き好きなオタはその趣味をおそらくある程度の年齢まで引きずるはずで、だったら歳を食っても認知証にはなりにくいんじゃないかと。
だって、ただ他人の描いた原画に色を塗るのとは違って自分で原画も色塗りもやるんだもの。脳の活性化(というか活性維持?)は比較にならないほど高いと思うよ。

オタなんてキモ!なんて言うのは失礼なことになるかもしれない。
オタ産業は立派に経済を支えるし、オタはその欲望で脳内はいつでも活性化で元気はつらつ、医療費だって抑制できちゃうかもよ?

というのは持ち上げ過ぎかもしれませんけど。


ワタシ的には草花や名画などのぬり絵より、まさにオタ(萌え系)に特化した萌え☆ぬりえが気になるところ。
立ち読み(つぅか立ち見)したことがあるけど、CG彩色の練習にはもってこいの本だと思いましたよ。色鉛筆や絵の具で塗るという従来のぬり絵の形を突き抜けて、原画トレースしてパソコンに取込みCG塗りをやらせるというスタイルがすてき。
影の付け方の勉強用に思わず買ってしまいそうになりましたもん。

巻末に自作トレス台の作り方(シャア専用/ガルマ専用(笑))ってあるのも面白くて実用的でグッドです。

女性版の萌えぬり絵が出たら、買ってしまうかもしれません。
たぶんBL風な絵柄満載でしょうけど。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-25 00:33 | お絵描き | Comments(0)

おねだり、CS2

うちのゼミで今度2台目のWindowsマシンが導入されることになり、しかもAdobeCS2(Creattive Suite 2)も買ってくれるっていうもんだから、今日はごきげん。


そもそもの発端は、ゼミの先生がDellの新聞広告を持ってきて、今度卒論でサイト構築をやる(やらされる?)4年生に、「注文するから必要なスペック選んで、すぐに!」と投げてきたことから始まる。

・予算は30万まで(アプリケーション代は別。太っ腹!)
・OSはwindows XP professional(ネットワーク構築するわけじゃないからHome Editionでもいいのに)
・メモリ2G(多いほど良いとはいうけど、サイトに載せる動画編集程度にこれほどいらない気もする)


ワタシも横から口出ししながら、一緒にDellのサイトでスペックチョイスしてみたんだけど。

DimensionTM 5150C
・インテル Pentium® D プロセッサー 820
・Windows XP professional
・2GB(512MBx4)デュアルチャネルDDR2-SDRAM メモリ
・250GB SATA HDD
・DVD+/-RWドライブ (DVD+R 2層書込み対応)
・デル 19インチTFT液晶モニタ
・ATI RADEON X600 SE 128MB DDR


先生にスペックはこんなのでいいですか?と聞いたら、俺が見ても分かる訳がないじゃないかとプリントアウトした仕様書すらも見ない(いいのか、それで)。
さらに、研究室用システム関連を扱っている業者さんに電話して注文して、とまさに丸投げ。かわいそうに、4年生の彼は学生の身でありながら業者さんに連絡をとるハメに。
(代わりに先輩がやればいいじゃんというのはナシで(汗))


新しいパソコンが来るのはうれしいけど、ワタシとしては日頃心の中に暖めていた願いを言い出すチャンス!とばかりにおねだりしてみた。

「あの、windows版のPhotoshopとかIllustrator欲しいんですけど」(あえてCS版が欲しいとは言わない)
「古いのならあるけど。」
「いや、できたら新しい方が....」
「いいよ、生協で買ってきて。」
「7万円以上するんですけどいいんですか?」
「いいからいいから。あ、伝票すぐもらえるならもらって!」


え....
やった!!!

去年は頼んでもつれなかったのに、さすが最近学内ベンチャーだなんだとテンションの高い先生は違う。
速攻生協に行って、アカデミック版法人用申し込み用紙をもらってきて先生に記入してもらうことに。


グラフィックス用ソフトなんて、他の人はあまり使わないし、使ってもすでにVAIO君にインストしてあるElementsの方使うだろうし、
もしかして今年1年独り占めできる?
わくわく。


....まぁ、その分画像関係の仕事を押し付けられるんだろうけどさ。


もちろん、卒論やゼミの仕事以外、例えば趣味のCGに使うなんてことは...しませんよ、たぶん。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-23 23:42 | パソコン・ネット | Comments(0)

遭難未遂

昨夜2時過ぎに帰宅したのだけど、途中に通る公園で危うく遭難しかけました。

なぜそんな遅くなったのかというと、
ゼミの先輩と卒論関係で23時半までやって、
学生用パソコンのエクセルが急に起動しなくなったので、上書き再インストールして、
ゼミの5、6年で噂話や国試の話をしていたら、
あーっというまに2時に。

夕飯食べていないのに。
っていうか、最近帰宅が深夜になるってどいうよ....


遭難しかけの理由はですね、
その日は久々に大雪でしかも風が強くて、積もったばかりの新雪が風に吹かれてさらさら状態で再度積もる。
多いところだと20cmくらい。せっかく道路や歩道は雪がなくなったのに、また真冬に逆戻り。
深夜なので当然誰も歩いていないのでいたるところ処女雪。さらに公園内は街灯が消えて真っ暗(実は雪明かりで多少明るかったのだけど)。
雪に足を取られて、もう自分がどこを歩いているのか一瞬分からなくなり、体力は消費するし、強風が顔にあたって痛いしで散々な帰宅でしたよ。


とりあえずコンビニで遅い夕飯を調達するんだけど、見事なくらい客がいませんでした。
あぁ、なんでこんな時に暖かい食べ物が品切れになっているんだろう!!


サラダだけ買って帰りました。
夜中にあまり油っこいのもなんだと思って。

本当は、おでんが欲しかったです。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-21 23:07 | 日常 | Comments(0)

バイリンガル版CCさくら

c0014117_1273039.jpgカードキャプター・さくらの英語版コミックスです。
今度卒業する先輩(♂)が「もう読んだから」と大量にゼミ室に持ってきた本の中にあったので、戴いてきました。

英語の勉強にもなるかと買ってみたものの、やっぱりいまいちだったらしく2巻でやめたもよう。本人の名誉の為に付け足しておけば、通常のコミックスは持っていないみたいです。
仮に持っていたとしても、CCさくらに男性ファンが多い(生理的欲求用を含めて)ことを知っているワタシは引かないので安心して欲しいな。


CCさくらといえば、思い出すのは自分の浪人時代...

予備校友達(♀)が親に漫画を捨てられるからしばらく預かって!といういきさつで大量に借りた漫画の中に、CCさくらがあった。実はそこで初めて漫画版を読んだんだけど、今までのCLAMPのイメージと違う画風なので戸惑った記憶がありますねえ。

地上波で放映が始まった時、時間が神風怪盗ジャンヌとハンターハンターとかぶってしまい、3作品を観たいのにビデオを駆使してもどうにもならないよ〜なことがあって。
困って困って、さくらを録画し、H×Hをリアルタイムで視聴し、予備校友達(♂)になんとジャンヌの方の録画を頼んだという思い出が!

そしてワタシがCCさくらが好きというのを知ったその彼は、二人が志望校に合格したらバイリンガル版を出ている分全部買ってやると約束してくれた。
が!
両者とも志望校に合格しなかったので、手には入りませんでした(汗)。


その彼はワタシを好いていてくれて、さくらサイトを教えてくれたりとか、まぁいろいろ尽くしてくれたのだけど、最後は喧嘩別れしちゃったんだよなぁ。
別につきあっていた訳じゃないんだけど。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-18 12:33 | 漫画・アニメ | Comments(0)

ゼミの4年生、O君がホームページを2つ運営していて、オンラインゲーマーだということを最近知った。

よし、これからはパソコン関連で何か先生に頼まれたら彼に仕事をまわしてやろう!
もっとも、現行VAIO君のバックアップはワタシがやらねばならないだろうけど。


そうしたら早速昨日の夕方、先生が大声でワタシの名前を呼んでゼミ室に入ってきた。
「原虫のページを作りたいんだけど!!」
「ぺ、ページですか?なんの....」

聞けば、研究成果をネットで公開したいらしい。

プランについて熱く語る先生。
凝ったページを作る器量のないワタシは内心ビクビク。

「そういえば、O君はホームページ2つ持っているんだって」
と友達の一言で流れは一気に彼の方へ。
サイトなんて一つだろうが二つだろうが、さほど変わらないのになと思うものの、サイトを作ったことのない人にとっては、「二つもなんてスゴイ!」ということになるらしい。


とにかく、プランが実行されればサイト作成は彼の仕事になるっぽい。
新しくパソコンも購入するらしいから、贅沢なスペックのマシンを要求するがいい!
やれやれ、よかった。
ワタシは自分のHPを怠慢ぎみに更新する程度で十分だよ。


ところで彼は、その決定ポイントになったサイトを教えない。
5、6年で束になってお願いしても駄目だった。
ゲームと漫画と小説ネタと日記だろ〜、別に隠すほどのものじゃないのに。
ワタシだって恥ずかしいのに教えたぞ。


昨夜は思い付く限りのキーワード検索をかけてもちっともヒットしなかった。
そのうち聞き出して探してやろう。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-17 12:21 | 大学時代 | Comments(0)

卒業式とその周辺

15日はうちの大学の卒業式でした。
忙しいんだかなんだかわからないまま過ぎていったことを書き連ねます。



そもそも帰省から戻ってきたばかりなのに、疲れもとれぬまま「ゼミで卒業生をおくりだそう!」イベントの準備の準備に翻弄されてしまって。

まずは6年生への記念品と寄せ書き色紙代わりのカードを購入。
一人一人個性を考えて別個に選択するので、頭使い過ぎて買い物だけでエネルギー消費。

寄せ書きの文を考えるのにも頭を使った上に、せっかくだからカードを入れる封筒に似顔絵を描いてやろうと余計なことをはじめたものだから、前日14日は学校から帰ったのが夜中1時過ぎ。しかも終わっていないからやっぱり自宅で残業。
c0014117_041474.jpg

女性陣の線画をちょっぴり公開。
似せる気全くナシのマンガ絵です。少しはそれっぽく描いたけど、基本的に自分が描きやすい絵柄で描いてる。
完成品はコピックで着色。そうです、150色あまりの本数をゼミ室に持ち込んで作業していたのでした(汗)。

その後卒業式当日の昼食会用持ち寄りおかずの仕込みをして寝たのが4時。
当日は花屋が花束を届けてくれるので、7時半に起きておかずを作り、10時前に学校に登校。

花束は先にゼミ室に届いていたんだけどね。
ゼミの先生が受け取ってくれてました....


卒業式終了後、卒業生に花束を渡すために外で待機。
周りを見渡して、うちが用意した花束が一番カワイイと自負です。
なんせ、リクエストして桜を入れてもらったのはうちだけですから!

ゼミの卒業生に花束を渡したあと、知り合いの後輩を見送ろうとこっそり探していたんだけど。
一緒にいた院生に「卒業生にサンタさんがいますよ!」
と笑って指摘していたら、サンタが声をかけてきた。

絵画研究会の後輩の、アンタかよ!

知り合いだったんだねって言われて。
一瞬恥ずかしかった。



その後は昼食会の準備。
各自持ちよりの食べ物をゼミ室のテーブルに並べていきます。
後輩の4年生の方が凝った食べ物を持ってきていて、先輩としてはやられた感があるんだけど....
ビーフシチューをかぶって二人が作ってきたのがうちの学年です(汗)。


午後に就職する院生のためにも花束買わなきゃ!と買いにいく。
渡す相手が女性なので、ピンクを中心にかわいくして下さいと注文し、普通の長い花束より持って帰りやすいかなと思ったのでバスケットにアレンジメント。
個人的にはかなりいい感じになって満足。


夜は卒業生主催で近所の居酒屋で飲み会。
この時に用意したプレゼントとカードを渡します。
ウケ狙いな品物が多いので、喜んでもらえたかどうかはまた微妙なところだけど。

ここの店の酎ハイアルコール濃度が濃かったので、1杯でかなりまわって眠いのなんの。2次会にも行くつもりだったのに、さすがに帰らせていただきました。
前の日にあまり寝ていないせいもあるけどね〜。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-16 13:03 | 大学時代 | Comments(1)

実家の引っ越し

10日に実家が引っ越しました。
新しくBフレッツに申し込んだものの未だ接続完了していないので、帰省中実家でネットができず日記も久しぶり。



さて、貸家から一転して新築分譲マンションです。
最寄り駅からの距離も、今まで3.5kmあったのがいきなり0.5kmに短縮しました。

つまり、田んぼの近くから駅の近くになったというわけです。

緑に囲まれたところから、ビルに囲まれたところへ。
便利なんだけど、やっぱりちょっぴり緑が欲しいなとワガママを思ってしまう。
すぐ隣が公園だから良しとしたいんだけど、ここホームレスが常駐しているんだよね。ベンチに布団を持ち込んで、一日中そこで寝たりぼおっとしていたりしてる。
なぜか妙に気になる存在です。


駐車場は3段立体式なんだけど、地下に格納する形。我が家のマイカーは2段目に契約なので、地下からゴゴゴゴ〜と出てくる様はモビルスーツ発進みたいでかなりかっこいい。
と、言いたかったんだけど、妹に「はぁ?」と馬鹿にされるので黙ってました。


新居に引っ越しての問題は、ワタシの部屋がなくて(それは当然。別居だし)、収納空間が少ないので、ワタシが実家に置いてある数多くの宝物(漫画とか昔のアニメ誌とかムック本とかビデオテープとか)の置き場がなくなってしまったこと。

以前の家は一部屋を物置き状態にしていたのでそこに置いておけたのだけど、今度はそう言うわけにもいかず、未だ半分は荷解きしていないまま。
北海道に持っていくにしても莫大な量だし、ワタシが卒業するまでは段ボールのままかも(汗)。

そういえば荷造りの時、宇宙刑事シリーズ(ギャバン、シャリバン、シャイダー)の写真集本が出てきたなぁ...
80年代テイストいっぱいで涙がでるくらいの懐かしさなんだけど、やっぱりシャリバンの主役雷くんは今みてもカッコイイ。平成イケメンヒーローと違って軽い感じがしないのがいい。ワタシ的には特撮の主役にはジャニーズ的要素はいらんのですよ。



片づけに翻弄されて、今日12日に北海道に戻ってきました。

道中で気になった人といえば、電車の中でずっと携帯で話していた隣のお嬢さん。
大宮から新宿までずっとだから、30分以上話してたっぽい。車内では携帯は遠慮すべきだろうに、電話の相手も電車に乗っていると分かるだろうに(アナウンスなどが入るから)、なぜやめないのかなぁと非常識にあきれるばかり。

なんだかライブイベントの主催をやっている人っぽいですよ、話の内容から推測するに。日程の調整がどうの、バンドがどうのって言っていたから。

そのまま話しながら新宿で降りていきました。
電車から降りるのもゆっくりで、階段で人にぶつかりそうになりながら登っていくところまで見たけど、だったら適当なところで止まって話せばいいのに。
不思議な人だったな。
[PR]
by taba-aki | 2006-03-12 23:55 | 日常 | Comments(0)