人気ブログランキング |

ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

今回はちょっとぼやき。

今朝起きたら、無性に仕事に行きたくなかった。
あんまり疲れもとれていないしなぁ、1時間くらい有給使って休もうかなぁ、
いやいや、そんなずる休みみたいなのはいかんだろと、結局普段通りに出勤した。

そしたら!
今日一緒に牛の現場担当の、斜め向かいの席の彼が休みだった。
金曜日一緒に出張した人に聞いたら、「元気だったよ〜」

先を越されたような、微妙な気持ちになった。



1時間くらい残業して、やたら疲れたので帰宅後直行で布団にもぐっていたらあっというまに21時。
さすがにそろそろ夕飯作るか。
明日仕事休みたいなぁ…、あぁ出張だから駄目か。

今年度の年休、まだ1日も使っていないだけどなぁ…。
あ、それどころか去年の繰り越しも残っているし!!
子持ちだと子供関係で使う人が多いけど、独身だと旅行とか病気とか冠婚葬祭とか積極的に休む理由がないと、ホントとりにくいね年休って。
by taba-aki | 2008-10-27 22:11 | 日常 | Comments(0)

c0014117_2142692.jpg

10月26日はロイエンタール元帥の誕生日。
てなわけで、おめでとうイラストを描いてみたのだが結局下書きのまま当日を迎えてしまった(汗
去年は落書き絵でごまかしたので、今年こそは真面目に描き上げたかったのに。
10月は色々仕事関係で立て込んでいたからなぁ…休日は疲れて寝ているし。
来月中にはきちんと完成させる予定です。


何かとネタにされることが多い若本ボイスだけど、やっぱりロイエンタールの声が一番しっくりくるような気がする。
アニメ4期は現在の若本氏の片鱗が見えて芝居がかった演技っぽい所が時々あるけど、2期や3期はそれはそれはカッコいいわけで。
職場にあんな上司がいたら気が抜けないかもしれないけど、いいのになぁと思わずにはいられないです。

ちなみに、現在の上司は同盟のパエッタ提督をもう少し柔らかくしたような感じ。
決して無能ではないのに、空回りしがちというか。
最近そんな風に見てたら、パエッタ氏も苦労してたんだろうなぁと同情してきちゃった。
by taba-aki | 2008-10-26 22:02 | 銀英伝 | Comments(0)

実際に使う奴いるかな?

もえる年賀状2009丑 (メディアボーイMOOK)

本屋の年賀状本コーナーを何気なくみていたら、萌え絵が見えて驚いた。
漫画アニメのコーナーじゃないところから、マジで年賀状に使えるん?と中身をみてみたら、一応プリントして年賀状に使う分にはOKらしい(ネットにアップロードはお断り、判明したら法的措置をとるそうな)。
付属CDにはハガキサイズのデーターのみ収録で、編集ソフトは入っていないよ自分で用意してねってことだった。まぁ、この手の企画物を買う連中はむしろ余計なアプリはいらんと言うだろうから問題はないだろうけど。

中身ははっきりいって、普通のイラスト集です

幼女少女が満載で、萌えメインなのは明らか(「燃え」イラストは1枚もない)。
可愛い子が大好きな方は、普通にデータ付き画集のつもりで買ってもいいかも。
色んな絵師さんの絵が見られて値段もお手頃だし。
つまり、「1枚絵」としての素材ばかりで、ワンポイントに使えるイラストはないってこと。ワンポイント絵が欲しけりゃ普通の素材本買えってことなんでしょうか。
年賀状に使うには、自分で年賀状イラストを描く時の参考にするか、ネタで送るくらいしか利用先がないような気がするよ。
by taba-aki | 2008-10-26 00:45 | ヲタねた | Comments(0)

タイタニア3話

今後もタイタニアの感想文を書き続けるかは未定だけど、とりあえず3話。

惑星エーメンタールにやってきたファン・ヒューリックがメインの話。
エーメンタールってロイエンタールみたいな響きじゃん?って思ったのはワタシだけでいいです。
で、職安に向かった無職の元提督はあっさりとタイタニアに通報されてしまい、妖しい美しさを放つアルセスの元へと送られると。
一旦はタイタニアの客将になることを渋々受け入れたものの(つぅか、無職なんだから選り好みしている場合じゃないと思うんだけど)、反タイタニア勢力のメンツに拉致されてしまう〜
今時、見事な巻き込まれ型主人公ですね(初代ガンダムをはじめ昔のアニメにはよくあったなー)。

ファンは以前ヤン提督みたいだと書いたのだけど、3話でなんか違うって感じた。
むしろアッテンボローとポプランを混ぜたような軽い感じのキャラだろ。
リラに暗殺家業と誤解され「何人くらい殺したの?」と聞かれて、「10万人くらい」とさらりと言ってしまうあたりは、やはり指揮官として多くの人を死なせたという自覚はあるみたい。

藩王プッシュなワタシとしては、中世イタリアのボルジア家みたいだとはいえタイタニア側を応援したいところなんだけど、この美少年趣味のケバい兄ちゃんや帝国宰相を射殺し近衛軍司令官になって大規模な粛正を断行したイドリスやら、こいつらどうよと思うのが続々登場するとすごく微妙な気持ちになってくる。
いや、藩王アジュマーン自身はかなり物事を考えて行動するから文句のつけようがないんだけど、他の身内がね。
ジュスランとアリアバートがすごくまともなキャラに見えてきちゃうよ。よし、2番手と3番手にこいつらを応援しよう。

タイタニアって銀英伝より、ファンタジー色が強い感じだなー。
まぁ、それでも面白いから見るけどね。
by taba-aki | 2008-10-25 23:57 | 漫画・アニメ | Comments(6)

タイタニア2話

この秋一番の期待作品の第2話。
もう、銀髪のおじちゃん・アジュマーン藩王目当てになりそうな予感いっぱい(汗
思えばアニメ十二国記の「風の海・迷宮の岸」に登場する驍宗にも結構似ているんだわ。
あのお兄ちゃんには当時うっかり心を持って行かれそうになった思い出がある(双璧には及ばなかったので踏みとどまれたけど)。
王器のあるロンゲにはやっぱり弱いのかもしれん。


2話の簡単な感想。
タイタニアの歴史的な敗北をしたアリアバートのつるしあげ会議がなんだか気の毒で。
同じ一族だろ、そこまでいじめなくてもいいじゃん!
しかも敵将のファンを招聘し、アリアバートの下につけるとかってどんな嫌みだよ!
(自由きままなファンはさぞや使いにくいとは思うが)

フルボッコ状態のアリアバート君をみていると、ヤン一党の罠に陥ってイゼルローンを奪いとられたルッツ提督を彷彿させる。
そもそも、OPで初めてみたときから「この人、ルッツっぽいな」と思っていたから余計に。
原作やアニメで描写はなかったけど、ルッツも会議でフルボッコにされてしまったのだろうか。
ラインハルト麾下の提督たちは、さすがに同僚の失敗をさらに弄り回すなんて無粋な真似はしないだろから、ルッツはアリアバートほどボコボコにはされいないと思うけど。
有能で真面目な人が冗談みたいな作戦に破れてしまうのは、どんなパターンでも気の毒に見えるわ。

ついでだけど、アリアバート非難の2番手イドリスってガンダムSEED DESTINYのレイ・ザ・バレルにイメージが似てる感じがする。
プライドが高くて、若いのに辛辣な台詞を吐くとこなんか特に。
(レイ君のファンの皆さん、ごめん。悪気はないです。)
by taba-aki | 2008-10-19 01:57 | 漫画・アニメ | Comments(0)

幸なのか不幸なのか

16、17日と業界の東北大会があって、渋々ながら研究発表をしてきた。
同じ業界で働いている大学時の友人と会えたからその辺は良かったのだけど、ちょっと予想外な展開になってびびっている。

3席に入ったので1月に全国大会で発表って!!

さほど目新しいテーマの研究じゃないので、ここでの発表でお役御免だろーな気持ち満々で臨んだのに、なんでさらに引っ張るんじゃ。
名誉なことなんだろうけど、小心者なのでまた胃が痛くなりそうだ。



せっかく仙台まで出てきたので、16日に発売になった銀英伝のPCゲームでも買って帰ろうとヨドバシカメラに寄った。
確かに売ってはいたんだけど、スペシャルパックVer.しか置いていなかった。フリートファイルコレクションのブリュンヒルトとヒューベリオンがおまけでついていて9800円。

いや、だって既に
ブリュンヒルト持ってるし!
帝国スキーなのでいくらヤン艦隊の旗艦とはいえ、ヒューベリオンいらないし。

通常版でいいや、というわけで結局買えずじまい。
せっかく来たし、コミックスタジオ4のMac版でも買うか?と思ったけど、持参金が全然足りなかった。しかもAmazon価格の方が安かったので、これもパス。

コミスタのパンフレットをもらってきただけで、結局、何も買ってない…
by taba-aki | 2008-10-18 23:58 | 日常 | Comments(0)

アニメ・タイタニア

9日からタイタニアがNHK BS2で放映開始。
http://www.tytania.jp/index.html
銀英伝好きとしては、同じ田中芳樹原作のスペースオペラは非常に気になるところ。
が、いかせんうちはBSが入らない(泣 というわけでネットの力に頼って1話を見てみた。

OP曲がオペラのように荘厳壮大で驚き、ED曲が非常に今風のポップスでまた驚く。
癖のある美樹本原案キャラがいい感じにアニメ絵にデザインされてる。
アニメの監督が銀英伝と同じ石黒さんだからか、雰囲気が銀英伝に似ていてすごくドキドキする。
まぁ、ファン・ヒューリックの性格や言動がヤン提督に似過ぎってのはちょっとアレだけど。


それにしても、タイタニア家の連中が素敵すぎるわ。
とりあえず、第一印象で「これは!!」って思ったのは、一族総帥のアジュマーン・タイタニア。
コードギアスのビスマルクみたーいvv
0083のガトーが年齢を重ねたら、きっとこんな感じになるんじゃないかなー!
って感じのかっこよさ。
いやもう、ボンクラっぽい皇帝から帝位を奪って、この人が皇帝になってもいいんじゃん?って思ちゃうくらいよ〜。
ってことで、アニメ見ながらせっせと描く練習をしてた。
何が大変って、衣装が難しい。
銀英伝世界の軍服に比べると、なんて凝ったデザインなんだろう!
もう何回一時停止して確認したかわかんないよ。
(公式サイトに設定資料があったのを知ったのは、見終わったあと…)

c0014117_23194861.jpg

コミック・スタジオの体験版(Mac版)で描いてみた。
(スクリーンショットで保存)
使えそうだったら、製品版買ってみよ。



最後にばらしてしまうけど、
タイタニアの原作、まだ読んでません。
銀英伝だってアニメの方が先であとから原作を読んだから、いつものことなんだけど。
せっかくだし、この機会に読んでみようかな。
by taba-aki | 2008-10-11 23:47 | 漫画・アニメ | Comments(0)

やれやれだぜ。その2

なんとか調査研究発表用のスライドを完成させた。
スライドデータはCDに焼いて事務局に送付なんだけど、締め切りは8日。
むちゃくちゃギリギリやん!だったのだけど、所長が大会事務局まで届けてくれることになった。

すいません、すいません、非常に申し訳ない!!
ホント迷惑をかけっぱなしで、しばらく色んな人に頭が上がらなそうだ。


それでも、帰宅後の開放感は素晴らしい。
まだ本番が残っているので数日たったら憂鬱になるだろうけど、今夜くらいはのんびりしたい。


そういえば、卒論の発表スライド作りもかなりやっつけ仕事だった。
提出締め切り数時間前にグラフを作り直したっけ。
全然過去を教訓にしていないワタシなのでした(汗

<参考記事>
やれやれだぜ。(2008.10.6)
卒論発表用スライド作成(2006.11.03)
by taba-aki | 2008-10-07 22:58 | 職場ばなし | Comments(0)

銀英伝の公式サイトinformationで、10月3日から「銀河英雄伝説」携帯サイトがYahoo!ケータイでサービス開始なのを知った。
http://www.ginei.jp/information.htm
「待受画像」、「待受FLASH」、「待受カレンダー」「ムービー」とか、はたまたどうなのよ!と思う「デコメ」、「きせかえ」といったコンテンツがあるらしい。

よっしゃ、携帯はソフトバンクだから早速アクセスするぜ!

と、チャレンジして30秒後。
なんと、
ワタシのV603SHは対応していないww!!!

対応機器一覧を眺めて分かったこと。
そうですか、3G携帯じゃないと駄目ってことですか。
2Gはお呼びじゃないってことなんですね。
くっそー、
「MacOSは対応していません」な動画サイトにぶちあたったのと似た気分だよ。
しかも、パソコンからじゃ見られないっていうし。


ワタシ、携帯でほとんどネットはやらないから2Gで十分なのに。
っていうか、2Gサービス終了まで使い倒そうとしているのに。
今使っている携帯はボーダフォン時代のものだけど、まだ2年しか経っていないのに…
あ、システムの方の問題か。


どこかお試しでアクセス出来る方法ないかなぁ〜
by taba-aki | 2008-10-06 23:15 | 銀英伝 | Comments(1)

やれやれだぜ。

来週、仙台で研究発表に出ることになったのだけど、その発表練習が職場であった。
色々面倒だけど、powerpointでスライドを作る作業自体は嫌いじゃないので(むしろ構成や色あいを考えたりするのは好き)、ちまちま作って臨んだのだけど。

あーっ、8分以内に納めなきゃいけないのに10分過ぎてるよ!
喉が弱いので、終盤声を出すのが辛くてしんどかったよー!

まぁ予想通りというか、いろいろケチ…もとい助言をいただいた。
30分くらいで終わるかと思ったら、1時間半もさらし者状態だった。
しかも発表の内容に関係あるとはいえ、ベテラン職員さん同士で論議始めちゃうし。


今日は早番だったから30分早く帰れる筈だったのに、スライドの手直しのために残業2時間。
もちろんまだ完成していない。
明日もまた練習をやるっていうし。
通常業務に加えての仕事だから、なんだか疲れたなぁ…。

だけど、色んな人にアドバイスを頂けるワタシはむしろ幸せ者なのだろうと、ちょっとポジティブに考えてみようか。
by taba-aki | 2008-10-06 21:56 | 職場ばなし | Comments(0)