ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

マンガッタンライナー

c0014117_22313581.jpg

JR仙石線の名物列車、マンガッタンライナー・初代バージョン。
石ノ森章太郎ゆかりの地ということで、石ノ森キャラが描かれてます。
個人的には、昭和009アニメ(芦田氏キャラデザ)絵の方が好きなんだけど、ここはさすがに原作絵に合わせないとね。
4両編成で、1号車がサイボーグ009、2号車は仮面ライダー、3号車はゴレンジャー、4号車はロボコン。
…思えば石ノ森作品って特撮になったのが多いね。

出張の折、某駅で電車待ちをしていたら向かいのホームにマンガッタンライナーが停まっていたので、携帯で撮影してみた。
009車両以外はベンチや柱や階段等であんまりよく見えなかった。

ちなみに!うちの職場は仙石線の線路脇なので、見るだけなら毎日マンガッタンライナーが見られるけれど、なかなか写真はとれなかったんだよねぇ。人目があって恥ずかしかったから。
今回は昼間でホームに人も少なくてよかったよ。

実際に乗った車両は、ごく普通の通勤仕様の列車でした。
以前マンガッタンライナーに乗った時は、車内も石ノ森仕様で妙に気恥ずかしくて落ち着かなかった記憶があるなぁ…
[PR]
by taba-aki | 2010-06-30 22:55 | ヲタねた | Comments(2)

ブログ引越検討中

このお馬鹿日記はExciteブログで書いているけれど、7月1日からとうとう先頭記事下にテキスト広告が入るようになる。非表示にするには「有料会員になってね♡」ということらしい。
7月からの記事内広告表示に関するお知らせ


エキサイトは他社ブログに比べて機能的には見劣りするけど、シンプルで管理しやすいこと、そしてなにより広告が少なくてブログ画面がうざくならない点を評価して6年間使ってきた。
他所みたいに、カテゴリに記事数を表記してくれないかなーとか、スクリプトを使えるようにしてほしいなぁとか、要望は多々あるけれど、特に絶対欲しいという機能でもなかったからなかなか引越を実現する動機にならなかった。

広告も、サイドやページ下などにひっそりというものなら気にしなかったものを、
トップ記事のすぐ下にテキストベースとはいえ最大10行もの広告が表示されるのは、ワタシ的にはちょっと目障りなレベル。
広告は目立つ所にあってこそ広告の意味をなすのは分かるけど、普通のアフィリエイトと違って広告の種類を選べないし、こちらの利益は薄い。
うちのブログの傾向からいってアニメ漫画ゲーム関係ならいいけれど、カードローンとか求人情報とかサプリメントとか、そんな現実社会ど真ん中な広告が出されたら、雰囲気ぶちこわしのような気がする。
まぁ、そんなことでぶちこわされる雰囲気なんてあるのか?と言われたらそれまでですけど。
毎月250円なら安いじゃないかという意見もあるけれど、広告非表示以外の魅力を感じないからメリット薄いんだよね。
容量が増えるといっても、画像中心のブログじゃないし(6年間やってきて、画像は12MB分しか使っていない)。


ということで、引越前提で忍者ブログにミラーサイトを作りました。こちら
仮設なので、こちらへのコメント等はお控えください。



引越宣言をしているエキサイトブロガーさんはFC2に移動するパターンが多いみたいだけど、メジャー過ぎだから却下。
ネットプロバイダーのブログサービスにすることも考えたけど、プロバイダーを変えた時に困るのでそれも却下。
サイトで忍者のメールフォームを使っているし、新たに会員登録しなくても済むから忍者でいいかーで決めました。もちろん、目立つ所に広告はないというのを確認した上ですけど。


しばらく様子を見て、忍者ブログが使いやすいようであったらエキサイトの方は更新停止で放置しようかなーと思ってます。
今のところは、エキサイトの使い勝手が優秀なんだよなぁ…





<追記:11.06.26>
1年ほど経過し広告挿入も気にならなくなってきたので、忍者ブログの方は消去しました。
理由は記事の引越が面倒くさくなってきた(広告タグ等余計なタグまでついてしまう、移行したコメントのタグを認識してくれない等)うえ、ブログ管理が直感的に出来なくて面倒くさいので。
なんだかんだで、エキサイトは結構使いやすいです。
[PR]
by taba-aki | 2010-06-26 16:28 | サイト関係 | Comments(0)

既刊本手直し

熱さも限界を越えたので(窓をあけても全然涼しくない)、とうとう冷房を入れました。
この土日は外出もせず、せっせと夏コミ原稿…って、やっているの新刊じゃないです(汗
去年の夏コミで出したのを改訂再版しようと、スクリーントーン貼り忘れや細かいミス等を直す作業をしていたら、ドツボにはまった。

このコマいまいちだから描き直したいというのがボロボロで出てきて大変です。
しかも、改めて読んだらセリフまわしが気に入らない!とセリフまで手を入れる始末。
去年買ってくれた方が聞いたら「そんなの最初にやっとけ!」と怒られそうな手直しの嵐。
ごめんさい。
去年描いていた時は本気で時間に余裕がなかったので形にするだけで精一杯で、それでも20人以上の人が買ってくれたのは涙がでるくらい嬉しかった。

原稿はコミスタで作っているので、訂正が楽というのが最大の原因でしょうな。
とりあえず、終盤あたりのページはこんな感じ。
c0014117_22153816.jpg


ストーリー的には何の変更もないので、ぶっちゃけ自己満足な世界です。
初版はオンデマンドで30部刷ったけど、再販分はオフセットで50部くらい刷ろうかなぁ。
今なら早割で結構お得に印刷できるしなーと夢見てますわ。


来週からは新刊原稿に取りかかります。
また睡眠時間4、5時間の日々になりそうだ…
[PR]
by taba-aki | 2010-06-20 22:35 | お絵描き | Comments(2)

航空機騒音

6月に入ってから、航空自衛隊松島基地からと思われる戦闘機がワタシの住んでいる市上空をよく飛ぶようになった。
悪天候の日をのぞいて、ほぼ毎日。
昼間だけじゃなくて、夜間訓練もやっているっぽい。


ちょっぴり軍オタなので、実は結構楽しみだったりするんだよねー。
音が聞こえるとつい外を見上げちゃう。戦闘機の姿が見えるとやったー!!ですよ。
松島基地の花形・ブルーインパルスじゃないから、F−2か練習機あたりかなーと思う。
この間までは2機並んで飛んでいたのが多かったけど、最近単独飛行が増えてきた。
新米パイロットさんが独り立ちしはじめたのかなーなんて(笑
職場も同じ市内だけど、防音がしっかりしているのかあまり聞こえてこない。
もっとも、聞こえるとドキドキしちゃうのでむしろ仕事の邪魔だから聞こえないほうがいいけど。


そんなわけで、たまにしか通過しないし騒音だなんてちっとも思っていないのだけど、うるさいと思っている人もいるみたい。

県庁から、うちの保健所管内住人から松島基地からの飛行機がうるさいと苦情がきたのだけど、実際のところそちらではどうですか?と問い合わせが来たのだった。
自分、公害担当だから電話にでたけど、正直ワタシの感覚は市民感覚と若干ずれているからなー。

とりあえず「個人的な感覚ですが」と前置きして、無難にこう答えておいた。
確かに最近戦闘機がひんぱんに通過しているけれど、騒音といえるほどのものではない。一般住宅で窓をあけているならば、それはうるさいかもしれないけれど、我慢できる範囲だと思う。と。


職場の人いわく、普段聞こえないから余計うるさく聞こえるし、自衛隊からということで無用に嫌悪感を募らせているだけだとばっさり。
騒音問題は個々人の感覚の違いも大きく影響するから、難しいところではあるんですけどね。
[PR]
by taba-aki | 2010-06-15 20:06 | 日常 | Comments(0)

らくがき

c0014117_186498.jpg

考え無しの手癖で描いた子。
意外と可愛く描けて消すのが惜しくなったので、ここに貼っておこう。

これを描く直前に銀英キャラを描く練習をしていたので、ちょっと気分転換に傾向の違う絵が描きたくなった。
時々、本来の自分の絵柄ってどれだろうって思うことがあるよ…
[PR]
by taba-aki | 2010-06-12 18:11 | お絵描き | Comments(0)

ガキはよくわからん

3、4歳くらいの少年に話しかけられた。
母親は他所で勝手に買い物をしているっぽい。

スーパーで買い物ついでに立ち読みしていたら、ちびっ子がコロコロイチバンを手に取ってムシキングやらポケモンやらゴセイジャーやら熱く語るんだ。
コレ欲しいとか、このポケモン変!とか、色が違うとか…
心の中で、ムシキングは知らないんだよ。ポケモンも最近のはさっぱり分からんよ。ゴセイジャーはレッドがヘタレな時点でガッカリなんだよ…と叫んでみたものの、フレンドリーなガキ相手にそんなつれないことは言えない。

とりあえず適当に相づちをうってみた。
なんだか、江別こどもまつりリターン!な気分だ。
*江別こどもまつりは学生の頃、漫画部で参加していた小学生以下とその親対象のイベントである。ちなみに会場は在籍していた大学構内。

そのガキ、週刊少年マガジンを指差して「こんな厚いの読めないよ〜」
そりゃーなー、厚さの前に内容的にちょっと難しいだろ。あと5年くらいたったら読もうな。


でもな、人の買い物かごのぞいて、「その肉固いよ〜」というのは辞めて欲しいよ。
どうせカナダ産の安い豚肉ですよ…
まったく、どこの坊ちゃんなんだか。
[PR]
by taba-aki | 2010-06-09 22:48 | 日常 | Comments(2)

当落通知来た!

c0014117_22454488.jpg

仕事から帰ってきたら、コミケの当落通知書が届いていた。
思っていたより早く届いたからちょっと驚いた。
4月の受付確認ハガキは引越に伴う転送のゴタゴタで再発行依頼する羽目になったから今回も心配していたけど、住所変更がきちんと受け付けられていてとりあえずよかった。
まずは配達のおじちゃん、封筒折らないで郵便受けに入れて欲しかったよ!

それにしても結果は分かっているとはいえ、実際サークルチケットが目の前にあると嬉しさ倍増だな!!
[PR]
by taba-aki | 2010-06-07 22:56 | イベント | Comments(2)

夏コミ受かった!

c0014117_2355946.jpg

ということで、コミケ78にサークル当選しちゃいました。
8月14日(土) 東地区 "G" ブロック 43b
田中芳樹ジャンルで、銀英伝本を出します。
サークルカットにはミッターマイヤーとミュラーを描いたので、その二人メインになるかなぁ…
ええ、まだ白紙です。
4月に異動になって仕事を覚えるのに脳みそを使いすぎて、創作活動にちっとも頭が働かなくて。
今回落ちても仕事が忙しいから泣かないって心に決めていたけど、いざ受かるとなるとスケジュール調整が色々難しそう。

でも、せっかくのチャンスだし頑張りますよ!
また地獄を見そうだけどね!!
[PR]
by taba-aki | 2010-06-04 23:54 | イベント | Comments(4)

6月1日の銀英ネタ

6月1日といえばヤン提督の命日で有名ですが、
あの人も主人公の1人の割には、不遇な死に方をしたもんだと思います。
その辺はあまり語ると、「ヤンが死ぬところを見たくない」といって未だに回廊の戦い以降の話を読もうとしない友人に申し訳ないので控えますが、見せ場的にはかなり盛り上がるのでぜひ読んで欲しいです。


さて、以前妹に銀英キャラの命日について熱く語ったところ、若干冷ややかな目で言われたことがあります。

「架空キャラの命日なんておかしいし、そもそもずっと未来の話なんだから、命日といっても今はまだ生まれてもいないんだから意味ないじゃん!」

まさにおっしゃる通り…
物語上では死んだとしても、現実と違って本やアニメはいくらでも元気だった頃の過去に戻れるわけで、その中の世界では「生きている」と感じる事ができる。
だから時間を戻せない現実の人間と違い、架空キャラには命日なんて存在いないといえる。

けれどちょっと違うのよね。
一種の歴史物語な銀英伝はそもそも視点がさらに未来からなので、読者としては現実の歴史上の人物と同様に命日を悼むことも出来そうな気持ちになるわけです。
その歴史も架空なので、やっぱり気持ちの問題なのだけど。


物語上では死ななかったキャラについては「歴史上人物」フィルターはかからないので、作者が続きを書かない限り読者の中で永遠に生き続けることになる。
その点については、自分の一番好きキャラ・ミッターマイヤーはいつまでも生きていて嬉しい限りです。

逆にキャラの誕生日について語った時も同じようなことを言われた。
「誕生日と言っても、生まれるのはずっと先だよ」
「いや、物語上では既に過去なんだから生まれてるだろ」
なんだかもう、銀英伝の時間軸が良く分からなくなりそう…
普通に楽しむ分には全く気にならないんですけどね。うちの妹は突っ込むの好きだから困るわ。
[PR]
by taba-aki | 2010-06-01 23:46 | 銀英伝 | Comments(2)