ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬コミ

今年の冬コミは1日目サークル参加、2日目一般参加をしてきました。

前回の夏コミは落選してしまったので、サークル参加は一年ぶりです。
リアルの生活が忙しくて新刊落としてしまって、新刊目的でスペースに来てくれた人には大変申し訳ありませんでした。
それでも去年までに出した既刊はなんとか今回で全部はけたので、ありがたい限りです。

今回は、いつも遊びにきてくれる大学漫画部の友人の他、先輩にも実に6年ぶりに会えた。いい意味で変わっていなかった!
コミケが同窓会みたいになるといいなぁ。ゆるいサークルだったけど、みんな自分がダメ人間(笑)って自覚しているせいか、すごく居心地が良かったサークルだったから。


2日目は、NARUTO目的の友人と7時過ぎから並んだのだけど、時折小雨が降ってきてなかなか厳しく、さらに9時頃から本降りになって、しかも列圧縮のために傘使用が自粛になり、レインコートを持ってきていなかった自分はますます厳しい環境に!
ホテルからもらった新聞をかぶってしのいだよ…

入場できたのは、多分10時半くらい。
自分の買い物は島中だけなので、友達の買い物が終わるまでぶらぶらと流してました。
トリコ島でエロなしシリアス本を見つけたのは嬉しかった。
ホモいの苦手なんで、でもトリコ本欲しいなぁと思っていたから。


色々あったけど、冬コミも終わったし、来年夏コミも参加できるといいなぁと願いつつ、今年もこれでおわりです。
来年も元気に同人活動ができますように!
[PR]
by taba-aki | 2012-12-31 23:57 | イベント | Comments(0)

冬コミ告知

先週22,23日と友人とジャンプフェスタに行ってきました。
友人がナルト好きなんで、あっちこっちで大騒ぎなのをほほえましくお付き合いしておりました。


で、今週29日からの冬コミなんですが…

すいません、新刊は落としてしまいました。

コミケだけは落とすまいと頑張ってみたものの、12月から本業でイレギュラーな事件が頻発し、怒涛の残業で疲れて、ちっとも原稿の時間が取れませんでした。
表紙と下書きは出来て、ペン入れも途中までしていたのだけど、どう頑張っても印刷所の締切はおろかコピー本すら間に合わず、雑な本をだすくらいならと潔く断念しました。
今回出すつもりだった本は、来年5月のスパコミで出す予定です。


そんなわけで、開きなおってジャンプフェスタ行きですよ、やれやれ…


当日は既刊しかありませんが、前回の夏コミが落選だったので5月スパコミの新刊と11月仙台コミケの新刊がコミケ初頒布になります。
スパコミの分はコピー本だったのをオフで再版、仙台コミケの分もコピー本だったけど少し手直ししてオンデマで再版します。
もっともほとんど売れなかったので(泣、これで勘弁してください。


これだけじゃアレなので、無料配布用のペーパーに4コマ漫画と落としてしまった本の冒頭2pを掲載します。
冒頭だと双璧本なのに他の提督方がもりもりです。
しかも内容はギャグじゃないのにギャグぽいです。
よろしければ、お手にとってくださいませ。
[PR]
by taba-aki | 2012-12-26 23:17 | イベント | Comments(0)

久々の津波警報

1ヶ月ほどのご無沙汰です。
昨日は久々に大きい地震が起こりましたが、とりあえず生きてます。


職場の業務時間が終わって間もない17時18分、ゆっくりなゆれの地震が発生した。
心配するほどの規模じゃないと思ったのに、だんだん大きくなってしかもなかなか揺れが収まらない。
これは危ないんじゃないかとテレビを付けると、宮城県に津波警報が出てる!

そろそろ忘年会会場に移動しようかと準備を始めるところだったのに!

というわけで、全職員高台の指定避難所に避難開始です。
前回の震災の教訓があるので、避難行動はかなりスムーズでした。
当初は公用車に分乗して避難の予定だったんだけど、既に職場前の国道は渋滞になっていたので、命に変えられないと徒歩で避難避難になりました。

18時頃、避難所に指定されている小学校に到着。
小学校の職員の指示で、体育館に入りブルーシート敷きやイス出しを手伝う。
そして、津波警報が解除されるまで待機です。

暖房が入るとはいえ、やはり夜は寒い。
待っている間、色々考えましたよ。
津波が来た後の仕事の対応のこと、生活のこと。
結局津波は職場近くの港には到達せず、20時前に津波警報が解除になったので、また職場にもどりました。

よかった。またお泊まりになるのかと心配していたから。


今回は震災時と違って停電にならなかったので、夜間の移動も難なくこなせたのが幸いだった。
これで停電したら、真っ暗で信号も消えて事故が多発したんじゃないかと思う。
予想される津波の高さも最大1mだったので、前回津波が来なかった場所には津波はこないだろうという安心感もあった。
地震自体はそれほど大きいものじゃなかったからか、避難所に来た人たちもそれほど多いとは言えず、体育館も1/3が埋まった程度だった。

そして何よりも、自宅の玄関が開かなくなるという不幸が再現されなくて本当によかった…



ちなみに、忘年会は当然のことながらお流れになりました。
警報解除後にやりたくても、JRがストップしてしまったのでそもそも店に行けない。
幹事によると、今回は仕方がないとキャンセル料は取られなかったそうな。
[PR]
by taba-aki | 2012-12-08 13:22 | 日常 | Comments(0)