ブログトップ

トリスタンとベイオウルフ

今月2件目、追いコン

この間の絵画研究会に引き続き、今度は13日に漫画部の追いコンに参加してきた。
お馴染みの居酒屋の、お馴染みの広間で。今回は鍋付きだったのがびっくり。

毎年のことだけど特に何かやるってことはなく、飲んで食べてしゃべってって感じ。
参加人数25人で、卒業生は4年4人、6年2人の計6名。ワタシの記憶だと、参加者も追い出す人数も最高人数。あまり羽目を外さない宴会になったのは、やはり半分近くが1年生だってこともあるのかも。

卒業生ということで、寄せ書きを頂いた。地味にやっぱりうれしい。
リアル・ネコミミの実現はまだまだ先になるので、期待している人はもーちょっと待っててね(笑
カットは卒業生各々の人の持ちキャラを後輩くんたちが手分けして描いてくれたんだけど、ゴメンね、ワタシが通常描く絵柄が描きにくくて。美少女絵描きさんには、ジントルマンなおじさま絵は守備範囲外だったらしい。
悪戦苦闘した結果、ワタシが自己紹介マンガに描いた自画像キャラの絵をチョイスしたそうな。ウサミミだしなぁ、あれ。

思えばワタシの持ちキャラに果敢にチャレンジしてくれたのは、1学年上のUさんだけかもね。


二次会は例によってカラオケ。
この部活でカラオケも何度も行ったけど、熱い歌を歌う先輩がいたせいで覚えた曲がやっぱり思い出かな。ゲッターロボとかガオガイガーとかキングゲイナーとか、あと色々。
ワタシの先輩たちは色んな意味で濃い人が多くて、そういう人たちと数年間をともにできたことは幸運だったなと思うし、後輩くんたちも色んな企画をやってくれてやっぱりこの部に入ってくれてありがとうって思う。
結局5,6年目は忙しくて部活もあまり参加できなかったけど、とりあえず最後まで全うできたってことだけで満足。獣医の学生は先輩にしろ後輩にしろ途中でやめる人が多かったから。ワタシが在籍した間で最後までいた獣医学生って、ワタシと同じ学年のAくんくらい。
変わり者はお互い様か。

唯一の心残りは、カラオケで「二人はプリキュア・スプラッシュスター」のOPを歌うのを忘れたことくらいかな。
せっかく練習して、マスターしたのに!
うっかり東京ミュウミュウ歌っちゃったよ...
(江別子どもまつりの塗り絵コーナーでワタシがミュウいちごを描いて、「ご奉仕するにゃん」って書いた逸話を覚えている人も少なくなったよな。4年前だし...)


あとは、国試が終わったら、部室に置きっぱなしの私物を引き取りにいかなきゃね。
[PR]
by taba-aki | 2007-02-15 02:06 | 酪大漫画部 | Comments(2)

学校祭とこどもまつりお疲れさま!の飲み会があったのが7日の金曜日。
すでに日曜日で今さら感ただよっていあるけど、とりあえず日記だから書く。


過去の日記をみると、去年は17日にやったらしい。日程が早いなという気がしたのはこのせいだったのか。
かく言うワタシは、6日の公務員試験に疲れ果てた体を押して7日に10時から16時まで授業に出席し、そのあとさぼりまくっていた国試委員の仕事をやっていたら、すっかり飲み会のことが頭から抜けていた。

あぁ、そういえば漫画部の飲み会今日やるとかやらないとか言ってたなぁ...
部長から電話があってやっと思い出した。
なんだか、ダメダメな先輩だ。


会場は大学近所のレストラン(っていっていいかな、あそこ)。
よく飲み会に使う場所だけど、ここにくるたびに当時4年生だった時の新歓コンパの時を思い出す。お店のアトラクションで男女別に黒ひげ危機一髪をやって、負けた男女ペアがピッチャーに入ったお酒を仲良くストローで飲むっていう、驚愕の思い出を!
...負けた女の方っていうのが、ワタシなんだけどさ。

遅れて入ったせいもあるけど、やっぱり今年は部員数多いよなぁと思った。
今まで、こんな貸し切り状態にできるくらいの人数なんてなかったもん。


飲み会のあとは、例によって駅前のカラオケ屋に移動。
4,5班に別れる時に、女の子グループが後輩だけでいっぱいになってしまって、後輩にごめんなさいなんて気を使わせてしまった。
いやいや、それは全然構わないよ。っていうか、漫画部のカラオケだったらむしろ男性陣と一緒の方がワタシは割と好き。選曲がかぶらないし、自分が歌いたいけど歌えないパワフルな男性ボーカル曲が聞けるのは結構楽しいものがあるし。
だってあれよ、ゲッターロボとかガオガイガーとかキングゲイナーとか、見てないけどカラオケ聞いて覚えちゃって、そのパワフルさがかなり気持ち良くて、毎回誰か歌わないかなぁって心密かに思ってるくらい。

今回はキングゲイナーが聞けたから満足。
後輩ちゃんたちも、そのうち男性部員の歌声を堪能してみて欲しいですわ。
[PR]
by taba-aki | 2006-07-09 21:06 | 酪大漫画部 | Comments(0)

江別こどもまつり2006

c0014117_23153538.jpg今日はうちの大学の敷地であった「江別こどもまつり」に漫画部で参加してきた。

これは金曜日にやっつけで描いたために塗り絵印刷に間に合わなかった「ツバサ・クロニクル」のさくら姫とモコナ。自費でコピーして(自分のプリンターで印刷したから別に大した費用でもないけど)、当日混ぜてもらっちゃった。
幼稚園程度を想定したイベントなので、ツバサはちょっと年齢高いか?と思って15枚しか印刷しなかったんだけど、結局10枚くらい塗り絵としてもらってもらえて良かったよ(残りは店じまい時に欲しい子にあげちゃった)。

実はこれ、授業中に落書きしたのをトレースしたもの。浪人中に「カードキャプターさくら」の落書きをいっぱいしたせいか、まだ少しは似せて描けるっぽい。




さて、ワタシも今年で参加6回目。来年は卒業だしこれで参加も最後だなと終了してなんだか急に寂しくなっちゃった。
それでも去年と同じように、当日も朝から大忙し。
だって、8時半の集合時間に行ったら1年生は来ているけど上級生が誰も来ていないんだもん。OBのN君が唯一いたけど、OBが戦力になってしまう状況ってどうよ。会場のセッティングはなんとかできるけど、会場案内図看板取り付けは力仕事だからやったことないし、内心ハラハラしていた頃に一人3年生がやってきてなんとかなったという。

まぁ、でも、一年生が会場作りと運営を学ぶという意味ではよかったのかな?来年は人数的に2年生が主力になる訳だし。
指示を出さざるを得なかったワタシがすごく頼りなかったけど(汗)。



今回ワタシが塗り絵として出したのは、さくら姫の他にはこの日記にも載せた「ふたりはプリキュア」と「マイメロディ」。なんだか女の子向けキャラクターばっかり。しかも他の人もアニマル横町とかふたご姫とかいった女児物で、まだ男の子でもOKなのはガンダムとケロロ軍曹とポケモンくらい。男の子のお客さんにはちょっと可哀想なラインナップだったかも。ジャンプ作品を誰か描けば良かったのに。っていうか、描いてって頼んだんだけどな...


塗り絵で人気が比較的あったのは、B5版ではケロロで、ミニ版ではアニマル横町やポケモンといったいわゆる動物物。アニマル横町なんてどこが面白いのか大人のワタシにはさっぱりなのだが、子供にはいいんだろうて。
それよりなにより、プリキュアよりふたご姫の方が人気だったのが意外だった。やっぱ塗り絵としてはプリキュアは難しいかな。
(難しいといえば、2年生の時に描いた東京ミュウミュウ、あれは大失敗だった。個人的には満足なんだけど、A4サイズに5人描いたもんだから、短時間でとても塗りきれるものじゃなかった)


モビルスーツをチョイスした女の子たちにはなんだか未来を感じます。
そうやって少しずつロボット物が好きな女の子が増えていって、市民権が得られますように...
いや、ワタシはロボットよりはキャラ重視だからなんとも言えないけど。

おそらく不満が多いであろう男の子客の中にはかなり「やかましい」3人組がいた。
1年生をつかまえてはおっさん呼ばわりするし、ないっていうのにドラゴンボールネタを強要するわ、言葉使いは乱暴だわ、騒ぐわで頭が痛いお客だった。そりゃ「ギャング時代」のガキだろうけど、あれは手に負えなかった。ワタシなんか近付かなかったもん、面倒で。



今年の特徴といえば、ラミネート加工を希望する子が比較的多いってこと。
ミニ塗り絵は20円でラミネート加工できますってお客さんに毎回お勧めしていたからかな。のべ130枚でたっていうから大したもんだと思う。一人で何枚もやっていた子もいたっけ。


そして個人的にびっくりなのは、獣医学科の先生が娘さんを含む3人の女の子をつれてきたこと。
やばいよ、ばっちり顔知られていて挨拶されちゃったよ。
漫画部にいるってことも恥ずかしいのに、6年生にもなってまだこんなことやってるって知られちゃった!
代わりに、あの先生は小さな娘がいるのかってことを知ったけどね。
(後日談。友人にこの話をしたら、あの先生は家庭では自分の子供だけでなく近所の子供とも一緒に遊びにつれていくくらい子供に優しい人なんだそうな。そうか、あの時は近所の子供も一緒だったんだな。)


今回のこどもまつりは入場者が約1800人だそう。
子供好きの部員にはたまらない1日に違いない。唯一大学内で元気に走り回る子供を見ることができて、話しかけても怪しまれない日なんだから。ワタシはもうガキに翻弄されてぐったりだけど。
どうやらこの「江別こどもまつり」、非営利団体やボランティアが主体で運営する子供対象のイベントの中で、日本一長く続いているイベントらしい。片づけ後の全体の反省会の時にこっそりうちらだけで思ったんだけど、今回31年目でこの調子だとひょっとして50年いくんじゃないのかな。
[PR]
by taba-aki | 2006-07-02 23:16 | 酪大漫画部 | Comments(0)

学祭に出したヤツ

c0014117_21343056.jpg
ラフ画記事

結局今年の白樺祭用イラストはこの1枚しか描けなかった。
正確には1.5枚。だって半分着色までいったイラストをボツにしたんだもの。

画面で見る分には重厚な感じでいいのだけど、紙にプリントアウトすると色が濃すぎてどうにもこうにもくどくて仕方がない。展示室で飾ってあるのをみても、A4サイズのためにパッと見何が描いてあるのか非常に分かりにくかった。CGの手間の割には、色鉛筆などでさらりと軽めな印象に塗った作品の方がきれいに見えて、それはもうひどく落ち込んだものよ(部員は誰も気が付かなかっただろうけど)。
全身を描こうと思うと、頭身が大きいとどうしても顔は小さくなっちゃうんだよね。B4かA3でプリントした方が見栄えがしたかもしれない(そんな大きく印刷したら展示大変になっちゃうな)。だけど、A4で100%になるように書いたものを拡大印刷すると線が荒れるから、やっぱり無理か。

翼はやっぱり白にした方がよかったのか、背景を薄い色にした方がよかったのか、反省点はいろいろあるのだけど、紙に印刷することを前提とするCGを描くときは、もう少し色使いに気をつけよう...



結局今年の白樺祭は、就職試験のために2日目に参加できなかった。1年から5年まで欠かさず参加していたのに、尻切れとんぼみたいになって実は結構残念に思っていたりする。2日目に作品出す人もいるし、もしかしたら知り合いが来てくれてたかもしれないし。
ちょうど試験開始時間が展示室オープンの時間10時と一緒で、怒濤の試験をやっている最中にも、今頃白樺祭どうしてるかなぁと気になってみたものよ。
日曜日に客の入りとか自分の目で見たかったなぁ...
あとで人気投票の結果を教えてもらおうっと。


<6/27追記>
夕方部室に行って、この間の白樺祭展示作品アンケートを見てきた。
人気投票では3位にランクインしてた!O先輩と同点で一緒。
4月の「さらし首」でお目見えさせた方のイラストが高感度高いっていうのは、微妙な気持ちですね。だったら、死ぬような思いして学祭用に新しいの描かなくてもよかったじゃん、みたいな(汗)。
[PR]
by taba-aki | 2006-06-26 21:53 | お絵描き | Comments(0)

白樺祭!

24-25日と学校祭「白樺祭」です。
昨日は漫画部の方の準備に参加して、うっかり帰りが23時になってしまいました。
その前の晩は学祭用のイラスト仕上げで朝5時までかかったし。


漫画部の展示会場は西講義棟の3階。3階って微妙と思っていたけど、16時現在で70人お客さまの来場があったので、例年通りというか健闘した方かもしれないです。あとは明日の客足がどうなるかですね。

今年は新入部員が多いので、作品数も結構多いです。それだけは今年の満足点です。
それでもアンケート見ると、少ないとかテーマをしぼった方がいいとか、辛口もちらほらと。
ワタシは今回新作1枚と、4月の「さらし首」使いまわしの2枚の計3枚をだしました。アンケートの人気投票にはちぽち選んでくれた人がいるので、その辺りはうれしいかも。
今回描いた作品は、あとで日記とホームページの方にアップするということで。
*6/26日記にアップしました(こちら)


実は明日、公務員試験です。これから東京に出発するという間際にこの記事を書いてます。はぁ1日フルに展示場にいたかったけど、こればっかりは仕方がないですよ。
作品描いたり、準備やらでここ数日全く勉強してませんが、まぁ気にしません。
いや、少しは気になるけど、どうしょうもないのであえて触れないことにしました。
後輩に試験受けにいくことを言ったら、MY魔神に祈ってくれるそうです(笑)。魂をすいとられるらしいけど。
この際、誰でもいいのですがりたい気分ですよ。


なんか、既に駄目そう。
戦う前から負けることを考えては勝利はおぼつかないと、誰かが言ってるのでがんばります。破滅を望んでいるわけじゃないですから。
[PR]
by taba-aki | 2006-06-24 17:37 | 酪大漫画部 | Comments(0)

部会のあと、1年の後輩から「おじさんの描き方を教えて欲しい」と言われた(汗
なんでも、他の部員に聞いたらワタシに聞くように言われたそうな。まぁ、明日から学祭が始まるし(展示は土曜からだけど)、ゆっくり描く時間もないのは分かるけど。


おじさんの描き方ですか。
むしろ、ワタシの方が教わりたいくらいなんですが。
落書きを含めると100枚以上は成人男性キャラを描いているはずなんだけど、完全に満足したものなんて出来たためしがない。
商業誌漫画を読んで惚れ惚れするような漢らしい男性が登場すると、絶対自分も描く!とイメージを必死で記憶して帰り(たいがい立ち読みなので)描くんだけど、うまくいかないし。

かっこよく見せる構図というかポーズというか、そういうものがあるはずなんだけど、そして漫画やアニメ、実写などで見ているはずなのに、それを再現する実力がないのが悲しい。

ごめんね、ワタシには一般的な男性の描き方以上のことを教えることなんてないよ(謙遜でもなんでもなく)。しいていえば、自分が描きたいと思うモデルを見つけて、それに近付くように日々努力していくしかないと思うんだ。
ワタシは、ほら、お兄ちゃんからおじちゃんまで満載な銀英オタだから(笑)。さすがにそれはついていけないと思うので、せめてガンダム系統なんかどうだろう。種シリーズは微妙だけど(許せるのはオーブ軍の人たちだけ)、他は結構いいおじちゃんが多いぞ。


コピックでの目の塗り方くらいはなんとか教えられたけどね。
でもやっぱり満足に塗るには少なくとも50色以上は必要だと、心の中で密かに思ったのでした。
[PR]
by taba-aki | 2006-06-22 23:26 | 酪大漫画部 | Comments(0)

c0014117_242618.jpg

先日描いたラフ画の線を整理して、ペン入れまでしたところ。
ラフと構図を変更して、バックにもう一人おじちゃんを入れてみた。
司令官属性なところがあるんで、もう描いてて一人でどきどきしちゃう〜


追加分の殿方は、別の紙に描いて大きさや位置のバランスをとってphotoshopで合成。
最初顔が気に入らなかったので、別途顔だけ描き直して合成しなおし。
パソコンってこういう時のやり直しが便利だよなぁ。


でも土曜日丸一日かけて作業したのに、できたのはこのペン入れたったの1枚。
メインキャラのおじちゃんは決定しているのに、バックがなかなか決まらない。

候補としていたラフはこれ。
c0014117_371338.jpgc0014117_37372.jpg

当初の構図通りに描くと多人数を描かなければならないのが嫌で、メイン二人の構図に変更。でも左のおじちゃん絵だと、組み合わせてもなんだかしっくりこない。
授業中にこっそり落書きしながら考えた時はうまくいくと思ったのに、おかしい...

あぁ、パースがずれているから組み合わせに違和感があるんだ。今気が付いたよ...


そして当初の予定に戻ろうと描いたのが左。やっぱりキャラのかき分けが面倒なのと、きちんとロボを描く自信がなくて没。


かといって、ペン入れをした奴で満足かと言えば、あまり満足じゃない。
自分の萌えに対する供給はOKだけど、他人に見せるイラストとしてどうかと言われればどうも独創性に欠ける。

毎年のことだけど、漫画部学祭展示用のイラストって難しいな。
[PR]
by taba-aki | 2006-06-18 03:08 | お絵描き | Comments(0)

自己紹介漫画

c0014117_23302243.jpg

漫画部でこの時期に毎年描かなきゃいけない4P自己紹介漫画。
8日締め切りだけど、7日夜にようやく形になってきたので一番見せ場のページ(3P目)だけアップしてみる。

自己紹介漫画企画も今年で3回目だけど、はっきりいって描くネタは毎回同じ。
銀英伝が好きで、おじさま絵を描くのが好きという内容をオリキャラを進行役に使って描く。
学校の印刷機で印刷するから、トーンワークの再現性低いのに無駄にトーンを使う。その結果、つぶれてひどい目にあったことが何度も。
それでもトーンを使うのは、基本的にトーン貼るのが好きだからかも。
1年生時の解剖実習で使用した解剖セットのメスとピンセットをトーンワークに使うことがあるのは、秘密です(切れ味が良すぎて、原稿用紙まで切れちゃうことがあるけど)。

先週の合宿で完成させるつもりだったのに、結局ぎりぎりまでかかってしまった。
週末の運動会さえなかったら、もう少し余裕を持って完成できたんだけどなぁ...



<今日の日記>
10時半に愛知県獣医師職の説明会に、就職課会議室に出かけた。
日程があいているので、受けてみようかなと。

いや、愛知だったら東京と大阪の中間だから、いろいろイベントに行くのに便利かなとそんな駄目な理由もあったりして。


一緒に説明会に来ていた子がスーツを来ていたので、思わず今日は何か面接でも?と聞いたら「説明会だから」。
大学でやる説明会だから、スーツなんて選択はワタシの頭の中には全然なかった。
既に私服でほかの自治体の説明会に出席してるし。っていうか、私服で全く平気なんだけどね。

愛知県は今回獣医師大募集ということで、年齢制限を撤廃したそうな。
去年は倍率1倍だったけど、そんなことしたら子育てなどで仕事から離れた奥様たちとかが仕事復帰にこぞって受けにくるんじゃないだろうか。
それでも、行政職に比べたら競争率なんて屁でもないんだろうけど。
[PR]
by taba-aki | 2006-06-07 23:42 | お絵描き | Comments(0)

6月2、3日は獣医学科の運動会でした(3日間の日程で、11日でラスト)。
2日はソフトボール、3日はバレーボール大会で、うちのゼミは普通に負けて入賞なんて夢のまた夢に終わりました。
バレーの選抜チームは1勝したんですがね、ほかのゼミが強力でしたよ。

それにしても、ワタシは運動不耐性なので、やたら体育会系なノリのゼミじゃなくてホント良かったと心から思いました。
だって、ゼミのお荷物感ばかり増大しそうだもの。
運動会なんて一種のレクリエーションなのに、勝負にかなり気合いを入れているゼミは決して少数じゃない。
普段研究や診療に忙しい中、運動でストレスを発散しようという目的なのは分からなくもないけど、個人プレイな趣味を持つワタシなんかだと余計ストレスになってしまうよ。

そんなわけで、今年の運動会はひたすら応援に回っているのでした。
「参加する事に意義がある」で編成されたバレーのチームにちょっと出場したけど、
昨日今日の練習ですっかり筋肉痛。
午後に帰宅したら、もう動けなくてそのまま夜までお休みコース。
月曜日にはもっと酷くなるんじゃないかなぁ...


今日まで漫画部の合宿だったけど、その疲れもちょっと残っていたかも。
今回は4日の撤退作業にも行かなかったし、前半まじめに通っただけに中途半端な感じに終わっちゃった。
まぁ、半分隠居のつもりだったからそれでもいいかとは思うんだけど。

金曜日の夜に、お題をあみだで選択して4Pネーム描きてのが結構楽しかったです。
1年生のお絵かき教室の一環だったんだけど、なんだかそれだけ混ざりました。
ネームとはいえ、物語構築も含めて4P分を1時間半で描くってのはかなり大変なんだけど、
後輩くんたちの描いたものを見るのはこちらとしても勉強になります。
1年生だとコマ割りとか絵的な効果はまだ未熟だけど、ストーリーの奇抜さとかは感心したりすることも。

ワタシはですね、「夏の日にUFOと遭遇」というお題でした。
イケメンのエイリアンといちゃいちゃな乙女チックなお話を作りました。
短時間で作るお話って、自分の願望というか描きたいキャラを中心にして作るとやりやすいですわ。
でも、ラストの結末が急ぎすきって言われちゃった。精進が足りないです(汗
[PR]
by taba-aki | 2006-06-04 23:51 | 日常 | Comments(0)

合宿中日

c0014117_2183329.jpg合宿3日目。

20時半に合宿所に行ったら、思いきり夕飯に間に合わなかった。
よかった、昼間に夜食用の菓子パン買っておいて。


漫画部HP自己紹介欄に載せる部員向けアンケート用紙がおいてあり、既に書き上げたメンツも多い。参考に読ませてもらうと、なかなかこれが面白い。
「好きなカカオ濃度」とか、一見関係ないじゃん?と思えるようなのばっか。

問題は自分キャラのカット。
部員の中には自キャラを既に確立させている人が多いけど、ワタシは特に作っていないから悩みまくり。
左図は実物とは正反対キャラで描いたカットで本来はこれを使おうと思ったんだけど、用紙にトレースして描いたらいまいちだったので却下。
メイドだかウェイトレスだか、また微妙な勘違い衣装になっちゃった(汗


今回の合宿は新入部員対象の「お絵かき教室」をきちんと開催しているので、たいしたものだと感心する。
講師役の後輩くんが、これがまたきちんと人物の描き方をシステマティックに教えられるもんだから、思わず尊敬してしまうよ。さすがはプロ志望者だね〜
のんびり趣味描きのワタシは無理だな。
もちろんお絵かき教室でやっているような、あたりをとって描き出すってことは自分もやっているけど、だいたいのあたりをとったあとは、肉付けをつけたり削ったりの繰り返しで描きたい体型を形作っていくから、万人向けのやり方じゃない。

彼の教えているように描いたら、可愛い少女や少年が描けるのかな?とも思うけれど、やっぱりワタシはがっちり系のお兄ちゃんがいいし、多少肉感的な女性を描くのが好きだし、まぁ、この辺は絵柄の好みってやつだろうな。
[PR]
by taba-aki | 2006-05-31 23:58 | 酪大漫画部 | Comments(0)